アンケートでデモグラフィック情報を集めるには

どこに住んでいますか?職業は何ですか?収入はいくらですか?個人的な質問は不躾かもしれませんが、こうした質問からデモグラフィック情報を集めることは、回答者を理解するための優れた方法です。

デモグラフィック情報があると、年齢、人種、民族、収入、雇用状況、婚姻状況といった回答者のバックグラウンドが良く理解できます。アンケートでデモグラフィックに関する質問をすれば、既存の顧客や潜在的顧客のデモグラフィック情報を大規模に集められ、正しいクライアントにリーチするためのマーケットセグメント化戦略を立てられます。

デモグラフィックに関するアンケート質問の定義とは何でしょうか。アンケートでどのように使用すべきでしょうか?本記事では、こうした疑問に対する答えと、アンケ―トへの取り入れ方、デモグラフィック情報の分析用ツールについてご紹介します。ご自身のアンケートに適用できる特定のサンプルアンケートやデモグラフィックの例もご覧いただけます。

デモグラフィックに関する質問とは

簡単に言うと、ある特定の回答者のアイデンティティをより良く理解するための質問です。

デモグラフィックアンケート(デモグラフィックに関する質問を使用したアンケート)では、回答者がそれぞれ全人口のどの部分に属するかを理解する目的で、回答者に関する基本情報を集めます。

デモグラフィック情報の集め方

デモグラフィック情報の例には、年齢や人種、民族、性別、婚姻状況、収入、学歴、雇用状況などがあります。アンケートではこういった情報が簡単かつ効果的に回収できます。

これらの例の共通点は、具体的な特性である点で、アンケート対象者がどの市場セグメントに属するかを絞り込む手助けになります。つまり、収入や学歴に基づいて大規模なグループをサブグループに分類できます。デモグラフィックに関する質問がこのプロセスの鍵となりますが、では、市場のセグメント化はなぜ重要なのでしょうか?

デモグラフィック情報を集める理由

マーケターは、デモグラフィックに関する質問を尋ねることで多くの実りが得られる、プロフェッショナルの一団です。
ターゲット層について知れば知るほど、目標とする人々にメッセージが届きやすくなります。

たとえばターゲット層の大多数が、独身の女子学生ではなくて高収入の既婚男性だとわかっているなら、マーケティング行動は大きく変わります。また、北海道の女性幹部ではなく大阪の男性年金生活者をターゲットにした場合は、どうでしょうか?ターゲット層についての少しの理解が大きな効果につながります。

このような情報はさまざまなケースで役に立ちます。製品開発、広告効果の測定、健康サービスの提供、世論の理解、さらには自動車の販売まで、あらゆる場合においてメリットが得られるのです。

デモグラフィック情報はどのような人に向いているか

SurveyMonkeyのデモグラフィックアンケートで回答者に関する適切な情報を見つければ、セクターや業種にかかわらず、すべての人が恩恵を受けられます。

SurveyMonkeyのデモグラフィックアンケート テンプレートの質問で、収入や性別、居住地、その他の要素を基にした回答者のセグメント化が可能になります。

こちらのリンクから、デモグラフィック調査の例をご覧ください。

デモグラフィック情報を回収する質問例

SurveyMokeyには専門家が作成したアンケートテンプレートが多数揃っており、そのまま使用できるほか、独自のアンケートを作成する際に参考にすることもできます。

質問バンクにある専門家承認の質問を使うこともできます。これは、包括的なアンケートに数問だけデモグラフィックに関する質問を挿入したいという場合に広く活用されています。

以下は、デモグラフィックアンケートの適切な質問例です。

年齢

年齢を以下のグループから選択してください。

  • 17歳以下
  • 18~20歳
  • 21~29歳
  • 30~39歳
  • 40~49歳
  • 50~59歳
  • 60歳以上

人種

あなたは白人、黒人またはアフリカ系アメリカ人、アメリカンインディアンまたはネイティブアラスカ人、アジア人、ネイティブハワイアンまたはその他の大西洋諸島人、その他の人種のどれにあたりますか?

  • 白人
  • 黒人またはアフリカ系アメリカ人、
  • アメリカンインディアンまたはネイティブアラスカ人
  • アジア人
  • ネイティブハワイアンまたはその他の大西洋諸島人
  • 多人種
  • その他の人種(具体的に)

プロのコツ: 最後の質問のようなデモグラフィック質問では、「その他(具体的に)」という回答選択肢を追加し、回答者が自分の定義を記入できるテキストボックスを用意するとよいでしょう。

性別

性別を教えてください。

  • 女性
  • 男性
  • その他(具体的に)

最後の質問には、回答者が自分の定義を記入できるテキストボックスが必要です。

婚姻状況

あなたの婚姻状況は現在、既婚、死別、離婚、別居、未婚のどちらですか?

  • 既婚
  • 死別
  • 離婚
  • 別居
  • 未婚

教育

最終学歴または最終学位を教えてください。

  • 高卒未満
  • 高卒または同等(例: 高卒認定)
  • 大卒(学位なし)
  • 準学士号
  • 学士号
  • 修士号

雇用

あなたの雇用状況に最も近いものを以下のカテゴリーから選んでください。

  • 就業(週1~39時間勤務)
  • 就業(週40時間以上勤務)
  • 無職(求職中)
  • 無職(求職中ではない)
  • 引退
  • 身体障害者(就業不可)

世帯収入

2020年における同一世帯の家族全員の合計収入を教えてください

  • $0~$9,999
  • $10,000~$19,999
  • $20,000~$29,999
  • $30,000~$39,999
  • $40,000~$49,999
  • $50,000~$59,999
  • $60,000~$69,999
  • $70,000~$79,999
  • $80,000~$89,999
  • $90,000~$99,999
  • $100,000以上

使用可能なデモグラフィックアンケートのテンプレート

デモグラフィックに関する質問サンプルがどのようなものかを見てきたところで、すぐに使用できるデモグラフィックアンケートのテンプレートをチェックしてみましょう。

以下のテンプレートには、SurveyMonkeyのアンケート方法論の専門家によるデモグラフィックに関するアンケート質問が入っています。

※一部のデモグラフィックテンプレートは現在英語版のみとなっております。

6つの質問で、回答者の性別、年齢、学歴、雇用状況、家計収入、人種について質問します。

簡易版テンプレートの6つの質問に加え、居住地、住宅、配偶者の有無、民族、企業や農場の所有、個人収入を加えた、合計12問から成ります。

2つの簡潔な質問で回答者の雇用状況と職種がわかります。

性別、所得、人種、生徒との関係など、デモグラフィックに関する16の基本的な質問により、学校の構成を把握します。

10の質問で、顧客リストに載っている会社の創業年や本社所在地、従業員数などについて尋ね、理解を深めます。

このB2Bアンケートテンプレートは、ビジネスクライアントがエンドカスタマーを理解するサポートになります。デモグラフィックに関する質問には年齢や性別、教育レベル、雇用状況、世帯年収、婚姻・家族状況、住居、ビジネス、農場の所有状況が含まれます。

SurveyMonkeyには他にも、通勤や世帯予算、インターネット利用状況、言語の習熟度、携帯電話の利用状況、米軍兵役など多数のデモグラフィック アンケート テンプレートがあります。

デモグラフィックアンケートを簡単に作成する方法

オンラインアンケートは幅広い回答者にリーチする、非常に効果的な方法です。デモグラフィックアンケートはWebサイトに投稿したり、メールで送信したり、Facebookやその他のソーシャルメディアチャンネルで回答を依頼したりできます。

適正なターゲット層にリーチできなくて困っているときは、デモグラフィックの指定の組み合わせで十分な数の回答者を提供するサービスをぜひご利用ください。SurveyMonkey Audienceでは、アンケートを受けてくれる人が簡単に見つかるだけではなく、回答者がデモグラフィックに関する質問に答える必要もありません。

というのも、リーチしたいデモグラフィック層に基づいて選んだ回答者グループにアンケートが送信されるからです。SurveyMonkey Audienceでは、アンケートの回答者が把握されているので、5種類のデモグラフィックに関する情報(性別、年齢、世帯収入、アンケートの回答に使用した端末、居住地)が自動的に結果に反映されます。これにより回答者の時間が節約され、同時に適正な対象者へのリーチも保証されるのです。

SueveyMonkey Analyzeのフィルター/比較ツールを使えば、さまざまなデモグラフィックグループが質問にどのように回答するかを容易に比較・対比でき、SurveyMonkey Audienceを使用したデモグラフィックのセグメント化やデータ分析がより簡単になります。

効果的にデモグラフィックアンケートを行うための9のコツ

デモグラフィックアンケートを作成する準備はほぼ整いましたが、アンケート手法のベストプラクティスがきちんと反映されているかを確認するために、まずはいくつかのコツを復習しましょう。

  1. アンケートの目標について考えてみること。すべてのアンケートは目標設定から始まります。メインの目標を見据えれば、どのようなデモグラフィック関連の質問を含めるべきか、より簡単に決められます。
  2. ただし、デモグラフィック関連の質問は必要最小限にとどめること。アンケートに質問を詰め込みすぎると、回答者がアンケート疲れを感じるリスクが生じます。
  3. 回答者に配慮すること。デモグラフィック関連の質問は性別や人種、民族など個人のアイデンティティに関わるものが多いので、敬意を十分に払ったテキストにするよう、心掛けましょう。
  4. 個人的な話題に移るタイミングを見極める。実際の会話同様、まずは回答者との関係を築いてから個人的な質問を尋ねるようにしましょう。詳しくはこちらの記事(デリケートな質問)でご覧ください。
  5. 数字を重複させない。上記の収入に関する質問例のように、2つの回答に同じ数字が含まれないように気を付けましょう。たとえば、1つの年齢選択肢が50~59歳だった場合は、次の選択肢が59歳ではなく60歳から始まるようにします。
  6. 回答は匿名に。個人情報を提供することに敏感な人はたくさんいますが、デモグラフィック情報はまさにそれに該当し、収入レベルや雇用状況、人種、民族などを含んでいます。種類や傾向が幅広い回答者にアンケートを行う場合は、回答を匿名にすることを考慮しましょう。また、匿名にする場合は、回答者にそのことを必ず伝えましょう。
  7. アンケートの目的を説明する。短い紹介文で、情報をどのように使用するかを説明しましょう。例:「私たちは、お客様についてもっと理解し、お客様の求めているものを知りたいと考えております。いただいた情報は、製品とサービスを正しく組み合わせ、お客様に確実にご満足いただけるようにするための参考にさせていただきます。」
  8. アンケートはできる限りアクセスしやすくする。可能な限り多くの人にアンケートを届けましょう。SurveyMonkeyのアンケートはすべて、米国第508条によってアクセスできるように設計されており、さまざまな方法でオンライン展開が可能です。
  9. 短く。アンケートが短いほど、回答者が完了しやすくなります。回答目安時間をあらかじめ知らせましょう。

アンケートでデモグラフィックに関する質問をする準備はできましたか?

アンケートでデモグラフィック質問をする方法に関する詳しいガイドを読んだことで、次のプロジェクトで必要になりそうな情報をターゲット層から聞き出す準備が整いました。今すぐアンケートを始めましょう→

SurveyMonkeyが好奇心に火をつける様子をご覧ください