製品

SurveyMonkeyは、あらゆる用途・ニーズに対応します。SurveyMonkeyを探索して、その活用方法をご確認ください。

一流のオンラインアンケートでデータに基づいた洞察を得る。

100種類以上のアプリとプラグインを統合して作業を効率化。

オンラインフォームを作成・カスタマイズして情報と代金の収集。

組み込みAIで優れたアンケートを作成し、すばやくインサイトを引き出しましょう。

あらゆる市場調査ニーズに対応する専用ソリューション。

テンプレート

顧客満足度とロイヤルティを測定。

どうすれば顧客が満足し、推奨者になってくれるかを学ぶ。

実用的なインサイトを得てユーザー体験を改善。

見込み客や招待客などから連絡先情報を収集。

次回イベントの返信依頼を簡単に収集・追跡。

参加者のニーズを調べ、次回のイベントを改善する。

エンゲージメントや業績を高めるためのインサイトを発見。

会議の出席者からフィードバックを得て、進め方を改善。

同僚からのフィードバックを利用して従業員パフォーマンスを改善。

コースの充実化と指導法の改善を図る。

教材やプレゼンテーションに関する学生の評価を調べる。

新製品のアイデアに対する顧客の考えを調べる。

活用方法・事例

アンケート・アンケートデータ活用のベストプラクティス

アンケートやビジネスのコツを満載したSurveyMonkeyブログ。

SurveyMonkeyのチュートリアル&使い方ガイド。

SurveyMonkeyで急成長する一流ブランド。

お問い合わせログイン
お問い合わせログイン

従業員満足度アンケート

従業員の士気を測定して満足度を高める方法

会社の成功は従業員の満足度に左右されます。従業員が仕事についてどう思っているかを知るには、満足度を測定し、理解する必要があります。そのための最も効果的な手段が、従業員満足度アンケートです。

ここでは、従業員満足度アンケートの世界を掘り下げながら、エンゲージメントとの違い、満足度を測定する必要性、結果の活用方法など、従業員の満足度について詳しく見てみましょう。 

チームと協力し、より良い従業員アンケートを作成しましょう。個人プランよりお得です。

従業員満足度(従業員エンゲージメントと混同しないように)は、従業員が仕事や体験、職場、組織全体に満足しているかどうかを表す言葉です。満足度は、報酬・福利厚生・評価・ワークライフバランス・仕事量・企業文化・効果的なリーダーシップといった要素と密接に結びついています。従業員が持つ物質的なニーズと無形のニーズの両方を満たして初めて、優秀な人材を維持し、組織内でのエンゲージメントを高めることができます。

満足度は、従業員の究極の目標である従業員エンゲージメントに欠かせない要因です。従業員満足度と従業員エンゲージメントは、同じ意味で使用されることが多いものの、同じではありません。満足している従業員でも、エンゲージメントが低いことがあります。高い満足度を達成することは重要ですが、達成したからといって自然にエンゲージメントが高まるわけではありません。同時に、従業員の満足なくしてエンゲージメントはあり得ません。 

従業員の満足度とエンゲージメントは、顧客満足度に直結します。多くの調査で、満足していない従業員は優れた顧客サービスを提供できないことが判明しています。最終的には、従業員満足度を改善することが、ビジネスの総合的な成功の鍵を握り、従業員エンゲージメント計画の基盤となります。

従業員満足度は、定着率にも関係します。従業員が職場に満足していれば、離職の可能性は低くなります。従業員満足度を測定することには、なぜ満足している従業員はやめないのかがわかるというメリットがあります。

誰だって、自分の仕事が好きでいたいものです。起きている時間のほとんどを職場で過ごすなら、職場でも幸せでいる必要があります。

従業員の満足度は、あなたのために働くことを楽しんでいる従業員が何人いるかによって決まります。あなたの会社の従業員は幸せですか。手当や日々の仕事に満足していますか。憶測はやめて、従業員満足度アンケートで調べましょう。

従業員満足度アンケートは、組織が従業員の満足度を測定するために使用するツールです。アンケートを通じて情報を収集し、分析すれば、措置を講じてポジティブに評価されなかった点を改善することができます。満足度を改善する取り組みの有効性をモニタリングし、新しい傾向がないかを見極めるには、従業員満足度アンケートを定期的に実施する必要があります。

従業員満足度アンケートを実施するメリット

  • 従業員に共通する問題を特定する
  • 定着率を高める
  • 従業員から直接フィードバックを集める
  • オープンなコミュニケーションを促進する
  • フィードバックを数値化して改善措置を裏付ける
  • 満足度を長期的に追跡してトレンドを見つける
  • 離職を予測する
  • フィードバックを改善措置に活かす

従業員アンケートは、会社での従業員の士気や満足度、関与に直結するトピックについて知りたいときにその価値を発揮します。

医療保険、福利厚生、報酬、管理職のパフォーマンス、キャリア開発、職場環境。これらすべての分野について、丁寧に作成された従業員満足度アンケートで詳しく調べることができます。

たとえば、アメリカで仕事の満足度を左右する最も重要な要素をご存知でしょうか。SHRM(人事労務管理)協会のアンケート調査によると、「すべての従業員を尊重していること」以上に従業員の満足度を高める要素はありませんでした。

従業員の気持ちを知れば知るほど、満足度は高めやすくなります。

専門家作成の従業員アンケートが揃ったSurveyMonkeyのライブラリーをぜひチェックしてみてください。

従業員満足度アンケートは、綿密に計画しましょう。目標は、率直で信頼の置ける回答を得て、それを実行可能なビジネスソリューションに変換することです。この目標を念頭に置いて、アンケートの計画・作成・実施を行うことが大切です。

データの取得

最良のデータを取得するためには、従業員に、アンケートに正直に答えてもらう必要があります。回答が匿名であることを、確実に伝えるためにアンケートの最初のページに記載しましょう。否定的な回答をしても反発がないことがわかれば、正直に答えてくれる可能性が高まります。 

質問の作成 

短く、簡潔で、理解しやすい質問を書きましょう。専門用語を使わない口語体の文が向いています。また、同じことを二度聞かないでください。言い回しを変えても、同じことを繰り返し聞くのは避けましょう。

分析しやすいという理由で全部の質問を複数選択肢や評価スケールの質問にしたくなるかも知れませんが、自由形式の質問には、洞察に満ちた情報が得られるというメリットがあります。いろいろな質問タイプを混ぜれば、従業員満足度を包括的に捉えることができます。

アンケートの長さ 

従業員満足アンケートには、特に決まった長さはありません。必要なデータをすべて取得しながらも、消化しきれないほど大量のデータを集めないようにする必要があります。また、アンケート疲れを防ぐために質問の数を抑えることも重要です。うんざりした回答者は、アンケートを途中でやめてしまいます。とは言え、初回のアンケートは包括的でなければならないので、最大30の質問を含めるとよいでしょう。

初回には、包括的な従業員満足度アンケートを実施します。その後は、ご存知のように、定期的に従業員の状況を確認する必要があります。毎回、長いアンケートを行うのではなく、1~10個の質問から成るパルスサーベイを年間を通じて定期的に実施します。パルスサーベイなら、あまり時間をかけずに重要なインサイトやトレンドを見出すことができます。

アンケートの質問を作成する際のベストプラクティス

  • 不要な詳細を含めず、シンプルで率直な質問を書く
  • 回答をもらっても対策が取れないのなら、質問する意味がないため、変更が可能な項目についてのみ質問する
  • 一般的な質問ではなく、具体的で的を射た質問をする
  • 業界用語や流行語を使わない
  • バイアスのかかった質問や誘導的な質問を避け、中立的な質問をする
  • 適切な数の選択肢をバランスの取れた範囲で用意し、中立的な回答(「どちらでもない」)を必ず含める 
  • 感情的な表現は使わず、平坦で中立的な言葉遣いを心がける
  • 一度にする質問は1つだけにして、二重質問を避ける
  • 表現を変えて同じことを二度聞くと、アンケート疲れにつながりやすいため、しないようにする
  • 任意回答の質問を作り、すべての質問への回答を必須にしない
  • 送信前のアンケートを同僚にテスト送信し、フィードバックに基づいて修正する

従業員が会社や職務についてどう思っているかを正確に把握したいなら、的確な質問をしなければなりません。

チームのメンバーの考えを理解するには、次のような質問が効果的です。

  • 自分の仕事は有意義だと感じますか。
  • 自分の仕事にやりがいを感じますか。
  • 通常の1週間で、どのくらい職場でストレスを感じていますか。
  • 仕事に見合った報酬を受けていますか。
  • 仕事に関する自分の意見が同僚にどの程度重視されていると感じますか。
  • 上司から割り当てられた仕事がプロフェッショナルとしての成長に役立つことは、どの程度の頻度でありますか。
  • あなたの職場では、昇進の機会がどれぐらいありますか。
  • 社外で別の仕事を探す可能性はどの程度ありますか。

適切な質問が見つかったら、次は、社内の状態を確実に把握できるよう、できる限り多くの回答を集める準備をします。

従業員の士気を測るアンケートを成功させるためのコツをご紹介します。

  • 従業員に対し、機密保持を保証する。意見の機密が守られることを伝え、従業員を安心させる必要があります。アンケートにできる限り正直に答えてもらうために、アンケートを匿名にして安心感を高めることも検討してください。
  • 明瞭な言葉を使う。従業員が理解できない可能性がある流行語や業界用語は避けましょう。正直に答えてもらえるように、アンケートの文章は会話のような文体で書きます。
  • 言葉をいじらない。どの回のアンケートでも一貫した言い回し・言葉遣いを心がけましょう。そうすることで、常に会社文化の同じ側面を測定することができます。
  • テクノロジーを有効に活用する。オンラインアンケートに用意されている適切なフォローアップツールを利用すれば、高い回答率を維持することができます。SurveyMonkeyの分析ツールは、結果の解釈に役立ちます。

会社の士気について従業員の認識をアンケートで尋ねてみるのはいいアイデアです。結果をチームと共有し、必要があれば会社の方針を変更する必要があります。

しかし、もっと良い活用方法があるのをご存知ですか。アンケートを何回も実施して、各回の結果を比較していくのです。

アンケートをベンチマーク比較する。初めてのアンケートが終わったら、従業員満足度を理解する長い道のりの最初の一歩を踏み出したことになります。2回目以降のアンケートを配信すれば、各アンケートを以前の結果と比較することで、その価値がどんどん上昇します。部署間で結果を比較し、今すぐ対応が必要な部署を正確に把握することもできます。

社外ベンチマーク比較も実施する。もしかすると、従業員の67%が仕事の目標を達成する意欲があると答えたかもしれません。この結果は良いのでしょうか、悪いのでしょうか。残りの33%が意欲的でないことを思うと頭が痛くなるかもしれませんが、このスコアが全米企業の中で99パーセンタイル(上位1%)であることを知れば気が軽くなることでしょう。SurveyMonkeyでは、従業員エンゲージメントアンケート(やその他の多くの)テンプレートでこのようなベンチマークを提供し、競合企業と比べた自社の立ち位置を把握するお手伝いをしています。

  1. アンケートの終了後にまず行うべきことは、参加してくれた従業員にお礼を言うことです。これからアンケートの回答に目を通して行動計画を立てると伝えましょう。結果と行動計画を全社で共有するのがいつ頃になるかを具体的に通知します。これは、上級管理職からのメールとして配信するのが良いでしょう。
  2. 次に、データに集中します。パターンや傾向を探します。自由形式の回答を読んで、自分では気づかなかったであろう洞察を得ます。結論を急がず、徹底した分析を行います。データをいくつかの主要なテーマに分け、問題点を明らかにします。それが、行動計画を作成する際のテーマとなります。テーマが決まった時点でフォローアップ情報が必要な場合は、簡単なパルスサーベイを実施します。
  3. 行動計画を作成する際は、取り組みの主要テーマに焦点を当てます。改善点がいくつも頭に浮かぶかも知れませんが、行動計画では、すぐに効果が現れる数少ない分野に焦点を絞ります。
  4. アンケート結果と行動計画を全社で共有するという約束を果たします。調査結果の透明性を確保し、計画や目標を明確にします。
  5. データに基づいて行動計画を実行します。専用のチームまたはタスクフォースが必要になる場合があります。
  6. 進捗状況を評価して、取り組みが期待どおりの成果を上げているかどうかを確認します。そのためには、年間を通してパルスサーベイを実施し、従業員からフィードバックを収集する必要があります。
  7. 上記のプロセスを毎年繰り返します。その際、元のアンケートを使いますが、加えた変更に合わせて質問を微調整します。新しいアンケート結果から新しいテーマを特定し、行動計画に加えます。
  8. 従業員満足度アンケートで絶対にやってはいけないことが1つあります。それは、「アンケートのやりっぱなし」です。フィードバックを得たら、必ず行動を起こしましょう。

従業員満足度アンケートで見つかる問題の中には、一般的なものがいくつかあります。その一部を、対応する対策例と共にご紹介します。

  • 功績を評価されないという問題。功績を評価してもらえないという問題に対する最善の策は、報酬・評価プログラムです。インクルーシブで明確、かつ公平なプログラムを慎重に作成しましょう。証書・ギフトカード・映画のチケットなどを報酬に利用できます。功績の評価は、皆の前で行いましょう!
  • 給料が安いという問題。調査しましょう。給料が、その地域のその業界で標準的なレベルかどうかを調べます。LinkedInやGlassdoorを使ってみるとよいでしょう。給与水準を調整し、昇給やボーナスの透明性を高めます。
  • 機会がないという問題。求人プロセスを公正なものにします。求人している職務なのに、すでに誰かに採用を確約している、ということがあってはなりません。社内の昇進・採用プロセスを見直し、改善できる分野を見つけましょう。ここでも、どんな取り組みを行っているか、どのような結果が期待されるかについて、透明性を確保することが大切です。
  • コミュニケーション不足という問題。コミュニケーションの問題の所在が、管理職なのか、チーム内なのか、部署間なのかを見極めて対策を講じます。問題の根本原因がわかったら、イントラネットのフォーラムや定例ミーティング、あるいは他の方法を通じて問題に対処します。

従業員エンゲージメントは人事関係者の間で最近トレンドとなっているトピックです。もちろん、従業員満足度の重要性が一夜にして消えた訳ではありません。大まかにいえば、従業員エンゲージメントは満足度以外の基準も含む、より深くて多次元のコンセプトです。

SurveyMonkeyは、従業員と企業のつながりを深いレベルで把握することを目的とした従業員エンゲージメントアンケートを作成しています。

従業員満足度は様々な要因に左右されます。通常、日々の職場での環境、大変な仕事やそれにかける時間の対価として得る手当・報酬といった、具体的な条件が関係します。

従業員が仕事を気に入る理由はたくさんあります。チームメンバーのモチベーションを最大限に高めるため、このような理由を挙げるところから始めてみましょう。

以下のテンプレートのいずれかを使って始めることができます。

従業員の士気に影響する各要素を効果的に測定する方法は、SurveyMonkeyの従業員アンケートで知ることができます。ライブラリーからごく一部を例として挙げてみました。

個性を尊重し、一体感を大切にする職場カルチャーを確立することは、多様で優秀な人材を引き付け、労働力の持続可能性を高めるだけでなく、従業員に「サポートされている」という安心感を与えられるという点で非常に有効な方法です。SurveyMonkeyのインクルージョン&ビロンギング アンケート テンプレートを使えば、機能している部分と改善の余地がある部分を特定できます。

十分な報酬を得ていないと考える従業員は、明日にも他の仕事を探し始めるかもしれません。

従業員が、将来のプランや、長期的な貯蓄目標の達成に対する会社の支援に満足しているかを調べます。