従業員満足度アンケート

従業員の士気を測定して満足度を高める方法

従業員の満足度を測定する理由

きっと誰だって自分の仕事が好きでいたいものです。起きている時間のほとんどを職場で過ごすなら、職場でもハッピーでいる必要があります。

従業員の満足度は、自社で働くことを楽しんでいる従業員の数に基づきます。あなたの会社の従業員はハッピーですか?手当や日々の仕事に満足していますか?憶測はやめて、従業員満足度アンケートで正確に把握しましょう。

測定する内容

従業員アンケートは、会社での従業員の士気や満足度、参加に直結するトピックについて知ろうとするときにその価値を発揮します。

医療保険、福利厚生、報酬、管理職のパフォーマンス、キャリア開発、職場環境。これらすべての分野について、丁寧に作成された従業員満足度アンケートで詳しく調べることができます。

たとえば、アメリカで仕事の満足度を左右する最も重要な要素をご存知でしょうか?SHRM(人事労務管理)協会のアンケート調査によると、「すべての従業員を尊重していること」以上に従業員の満足度を高める要素はありませんでした。

従業員の気持ちを知れば知るほど、満足度は高めやすくなります。

専門家作成の従業員アンケートが揃ったSurveyMonkeyのライブラリーをぜひチェックしてみてください。

従業員満足度アンケートの効果的な質問サンプル

従業員が会社や会社での役割に抱いている感情を正確に把握したいと思うなら、的確な質問をしなければなりません。

チームのメンバーの考えを理解するうえで役立つ質問には、次のような問いがあります。

  • 自分の仕事は有意義だと感じますか?
  • 自分の仕事にやりがいを感じますか?
  • 通常の1週間で、どのくらい職場でストレスを感じていますか?
  • 自分の仕事に対してどの程度十分に報酬を得ていますか?
  • 同僚はあなたの意見をどの程度重視してくれますか?
  • 上司があなたに割り当てる仕事は、どの程度あなたのプロとしての成長を助けていますか?
  • 職場で昇進する機会はどの位ありますか?
  • 当社以外の仕事を探す可能性はどの程度ありますか?

従業員フィードバックを得るコツ

尋ねるべき適切な質問が見つかったら、次は、社内の状態について信頼に足る意見を把握できるよう、できる限り多くの回答を集める準備をしましょう。

従業員の士気を測るアンケートを成功させるためのコツをご紹介します。

  • 従業員の秘密を守る: 自分の考えが他者に知られることはないとチームのメンバーを安心させる必要があります。アンケートにはできる限り正直に答えてもらいたいので、安心感を高めるためにアンケートを匿名にすることも検討してみてください。
  • 明確な言葉を使う: 理解されない可能性のある専門用語や会社用語は避けます。率直なフィードバックを引き出すためには、人間同士の会話のようなアンケートを作りましょう。
  • 言葉をいじり回さない: 毎年、各アンケートごとに言い回しを変えることなく実施します。こうすることで、常に企業文化の同じ側面を測定することができます。
  • テクノロジーを活用する: 適切なフォローアップツールを備えたオンラインアンケートを使えば、確実に高い回答率が得られます。さらに、SurveyMonkeyの分析ツールは得られた結果の解釈に役立ちます。

フィードバックデータの処理

会社の士気について従業員の認識をアンケートで尋ねてみるのはいいアイデアです。結果をチームに還元して、必要があれば会社の方針を変更すると良いでしょう。

しかし、さらに良い活用方法があるのをご存知ですか?そのアンケートを何回も実施して、各回の結果を比較していくのです。

アンケートをベンチマーク比較する: 初めてのアンケートが終わったら、従業員満足度を理解する長い道のりの最初の一歩を踏み出したことになります。2回目以降のアンケートを配信すれば、各アンケートを以前の結果と比較することで、その価値がどんどん上昇します。部署間で結果を比較すれば、今すぐ対応が必要な部署も正確に把握できます。

社外ベンチマーク比較も実施: もしかすると、従業員の67%が仕事の目標を達成する意欲があると答えたかもしれません。ところで、この成績は良いのでしょうか?悪いのでしょうか?残りの33%が意欲的でないことを思うと頭が痛くなるかもしれませんが、このスコアが全米企業の中で99パーセンタイル(上位1%)であることを知れば少しは気が軽くなることでしょう。SurveyMonkeyでは従業員エンゲージメントアンケート(やその他の多くの)テンプレートでこのようなベンチマークを提供し、競合企業と比べた自社の立ち位置を把握するお手伝いをしています。

従業員満足度と従業員エンゲージメントの違い

従業員エンゲージメントは人事関係者の間で最近トレンドとなっているトピックです。もちろん、従業員満足度の重要性が一夜にして消えた訳ではありません。大まかにいえば、従業員エンゲージメントは満足度以外の基準も含む、より深くて多次元のコンセプトです。

SurveyMonkeyは、従業員と企業の繋がりを深いレベルで把握することを目的とした従業員エンゲージメントアンケートを作成しています。

従業員満足度は様々な要因に左右されます。通常、日々の職場での環境、大変な仕事やそれにかける時間の対価として得る手当や報酬といった、具体的な条件が関わっています。

従業員が仕事を気に入る理由はたくさんあります。チームメンバーのモチベーションを最大限に高めるため、このような理由を数えるところから始めてみましょう。

開始には、以下のテンプレートのいずれかをお役立てください。

従業員満足度アンケートテンプレート各種

従業員の士気に影響する各要素を効果的に測定する方法は、SurveyMonkeyの従業員アンケートで知ることができます。ライブラリーからごく一部を例として挙げてみました。

インクルージョンとビロンギング(所属意識)

個性を尊重し、一体感を大切にする職場カルチャーを確立することは、多様で優秀な人材を引き付け、労働力の持続可能性を高めるだけでなく、従業員に「サポートされている」という安心感を与えられるという点で非常に有効な方法です。SurveyMonkeyのインクルージョン&ビロンギングアンケートテンプレートを使えば、機能している部分と改善の余地がある部分を特定できます。

報酬

十分な報酬を得ていないと思っていれば、明日にも他の仕事を探し始めるかもしれません。

手当と経済的な福利厚生

将来のプランや、長期的な経済的目標を実現するための企業の支援体制に満足しているかを把握します。

福利厚生

仕事への満足度を左右する働く場所の柔軟性、退職金制度、有給休暇など。

医療保険

自社の医療保険制度で従業員が満足しているか確認します。

上司の評価

上司は話しやすく、時間をとってくれますか?どの位の頻度で部下にフィードバックをくれるでしょう。上司の力でチームのパフォーマンスを向上させていますか?

キャリア開発

会社のトレーニングや教育への投資、そして自身が今後プロとして成長するチャンスについて、従業員がどう考えているかを確認します。

作業環境

会社の多様性、インクルージョン、職場文化に従業員は関心を持っているでしょうか。尋ねてみましょう。

職場のジェンダー

SurveyMonkeyとLean Inが作成したこのアンケートでは、職場で益々重要性が増している基本的な課題、ジェンダーに関する従業員の態度を測定します。

チームの評価

従業員は、自分と同等の技術とプロ意識を持つ同僚と働いている、と感じているでしょうか。

SurveyMonkeyが好奇心に火をつける様子をご覧ください