アンケート用デモグラフィック質問

デモグラフィックアンケートでターゲット顧客に対する理解を深めましょう

住んでいる場所や職業、年齢、健康状態など、個人的な情報は質問しづらいものですが、デモグラフィックアンケートなら、特定の人口グループに関する役立つ情報を数多く収集できます。デモグラフィックアンケートで顧客やクライアント、対象市場についての理解を深め、ターゲット顧客のニーズをより的確に満たすようにしましょう。製品開発担当者であれ、医療サービス従事者であれ、自動車のセールスマンであれ、人々の声を聞き、回答者の構成について理解を深めることで得られることはたくさんあります。

デモグラフィックアンケートを作成しましょう
専門家チーム承認のテンプレートを活用して素早くアンケートを作成することも、自分で一からアンケートを作成することも可能です。SurveyMonkeyなら、アンケートの作成も、回答の収集も、アンケート結果の分析も簡単に行えます。ただし、一部のアンケートテンプレートは現在英語版のみのご利用となっております。
テンプレートを使用する

デモグラフィックアンケートの活用方法

SurveyMonkeyのデモグラフィックアンケートなら、公的機関から民間企業まですべての分野の利用者が、目的に沿った情報をあらゆるターゲット層から収集できます。またさまざまなニーズを持つ回答者を、収入や性別、場所などを基準として分類することも可能です。以下に、デモグラフィックアンケートが効果を発揮する分野をいくつかご紹介します。

デモグラフィックやサイコグラフィックの観点でデータを収集すれば、それに基づいて製品やサービスを絞ったり、プロモーションや価格を決定したり、ニーズや興味の対象に合わせて顧客をグループ分けしたりできます。たとえば、若い独身男女の場合、さまざまな事に興味を持つ傾向がありますし、独身者は子持ちの既婚者よりも自由に使える収入が多い傾向にあります。もし御社の事業内容が顧客対面型なら、近隣の人々を理解することは特に有益です。御社がインターネットを中心とした事業を営んでいるなら、職業や学歴、言葉の習熟度といった、また別の分類要素での調査が役に立つかもしれません。

特定の人口グループにフォーカスした研究プロジェクトを遂行するなら、デモグラフィックアンケートを使って正しい調査対象で研究されているかどうかを確かめてみましょう。アンケートに必要な特定の人口グループが見つからない場合は、SurveyMonkey Audienceを活用してください。研究に適した回答者にアンケートを届けるサポートをします。また研究の中にデモグラフィックやサイコグラフィックのアンケートを組み込み、研究の比較対象となる「コントロール」やベースラインを作るという方法もあります。研究提案や助成金申請にその根拠となるデモグラフィックデータを添付するのも良いでしょう。

患者は、何らかの共通した健康問題が見られる民族的集団に属しているでしょうか?患者の健康や健やかな暮らしに影響を与えうるのは、どのような社会経済的要因でしょうか? デモグラフィックと健康にフォーカスしたアンケートを実施することで、より広い社会集団や生活環境の観点で、患者を理解できます。センシティブな健康情報を回収したい場合は、アンケートがHIPAAに準拠していることを必ずご確認ください。

性別、所得、人種、生徒との関係など、デモグラフィックアンケートを実施することで、学校の構成を把握しましょう。校区全体の教育に関するニーズを理解し、生徒全員のためになるような学校プログラムと資金配分を目指しましょう。

デモグラフィックアンケートを活用して、コミュニティの充実度を把握しましょう。コミュニティには、救急車や在宅サービスをより必要とする高齢者が多く住む地域があるでしょうか?小学生の子どもがいる若いファミリーが多く住む地域はどこでしょうか?そこには安全な自転車用レーンや公園があるでしょうか?近隣の教会やシナゴーク(礼拝堂)はコミュニティのニーズに叶っているでしょうか。また常識に照らし合わせた人々の倫理意識についても理解しましょう。デモグラフィックアンケートを匿名回答で実施すれば、コミュニティの具体的な実情の理解に役立ちます。

組織の非営利プログラムの恩恵を最も大きく受ける人々について、情報を集めましょう。デモグラフィックに基づいた情報は、自然災害に見舞われた地域の人々への支援や、十分な社会サービスを受けられない人々への支援、難しい病気に苦しむ家族ためのプログラム運営に役立ちます。実際、多くの非営利プログラムが特定の人口グループのニーズに対応して支援を提供しています。組織は支援対象者のニーズをどれほど理解しているでしょうか?ニーズは変化していないでしょうか?支援対象の高齢化はどうでしょうか?移動状況はどうでしょうか?折に触れてデモグラフィックアンケートを実施し、プログラムの内容を支援対象の人々のニーズにしっかりと沿わせるようにしましょう。

デモグラフィックアンケート用テンプレートのサンプル

顧客やクライアント、従業員、市民についての理解を深めるツールとして、アンケートを活用しましょう。テンプレートを使って作成することも、独自に一から作成することも可能です。SurveyMonkeyのテンプレートや質問例はすべてアンケート方法論の専門家チームが作成したものなので、そのまま利用できます。また、ご自身のニーズに合わせてテンプレートをカスタマイズしたり、質問バンクの承認済みの質問を活用して独自のアンケートを作成することも可能です。

以下に、専門家が作成したデモグラフィックアンケートのテンプレートをいくつかご紹介します。

  • 米国デモグラフィック簡易版テンプレート。6問のテンプレートで回答者に性別、年齢、学歴、雇用状態、世帯収入、人種を尋ねます。
  • 米国デモグラフィック完全版テンプレート。簡易版テンプレートの6問に加えて、12項目の質問で居住地、住宅状況、婚姻状況、民族、事業や農場の所有、個人収入について尋ねます。
  • 雇用テンプレート。2項目の簡単な質問で回答者の雇用状態、仕事の種類、従事している産業がわかります。
  • 教育デモグラフィックテンプレート。性別、収入、人種、生徒との関係などを尋ねる16項目のベーシックなデモグラフィックに関する質問で、学校コミュニティの構成が判明します。
  • フィルモグラフィーテンプレート。10問のアンケートでB2B顧客やクライアントについて学びましょう。会社の設立時期、本社所在地、従業員数と所在地、回答者の仕事内容と役職を尋ねます。
  • ターゲット市場デモグラフィックテンプレートおよび典型的な顧客デモグラフィックテンプレート。9問からなるB2Bアンケートテンプレートで事業の顧客が顧客自身のエンドカスタマーをよりよく理解できるようになります。デモグラフィック質問には年齢、性別、学歴、雇用状態、世帯年収、婚姻および家族状況、住宅状況、事業や農場の所有などが含まれます。
  • SurveyMonkeyが提供するデモグラフィックアンケート用テンプレートにはその他にも通勤、家計の予算、一般的なインターネット使用、言語能力、携帯電話の使用、米国軍事サービスなどがあり、ターゲット層に関するより深い洞察を得るサポートをします。

デモグラフィックアンケートの配信方法

オンラインアンケートは幅広い回答者にリーチする、非常に効果的な方法です。デモグラフィックアンケートはWebサイトに投稿したり、メールで送信したり、Facebookやその他のソーシャルメディアチャンネルで回答を依頼したりできます。

SurveyMonkey Audienceのような簡単な手作り用ソリューションを使って、デモグラフィック、地域などでターゲットを絞った正しい人口層から回答を購入することも可能です。

アンケートの回答率を高める4つの簡単なコツ

以下に、成功するアンケートの書き方や、アンケートの作成および実施方法についてのコツをご紹介しますので、参考にしてください!これらのコツを試し、回答者が最後までやり遂げられるようなアンケートを作成しましょう。

  • 回答を匿名にする。収入レベルや雇用状況、人種、民族といったデモグラフィック情報はプライベートなものと捉えられており、多くの人はその提供に対して敏感です。幅広いデモグラフィックパターンや傾向についてアンケートを実施する時は、回答を匿名にすることを考慮しましょう。またそうする場合は、回答者に必ず告知しましょう。
  • アンケートの目的を説明する。短い紹介文でアンケートの目的を説明しましょう。回答者に、情報の用途を知らせてください。例:「お客様ご自身とお客様のご希望についてより学ばせていただきたいと考えています。情報は製品とサービスの最適な組み合わせを作り上げるために使用し、お客様に喜び、ご満足いただけるようにいたします!」
  • アンケートにアクセスしやすくする。できる限りたくさんの人に送信しましょう。SurveyMonkeyの標準アンケートデザインはすべて利用可能(米国第508条)であり、さまざまな方法でオンライン展開できます。
  • 簡潔に済ます。回答者は、短いアンケートのほうが簡単に完了できます。自分のアンケートに回答するのに、どのくらいの時間がかかるかを調べておきましょう。

SurveyMonkeyが好奇心に火をつける様子をご覧ください