マーケットをセグメント化してターゲット市場に到達しましょう

世界最高のエアコンを開発しても、南極で販売するのは難しいでしょう。同じルールが、あらゆる製品やサービスに当てはまります。どれほど良いものであろうと、正しいターゲット市場を見つけないことには、ビジネスとして成立しません。

ここでマーケットのセグメント化が重要になってきます。このマーケティング戦略によって、さまざまな種類の既存顧客および今後獲得したい顧客が特定でき、正しい製品と正確なメッセージでアプローチできるようになるのです。

それでは、市場のセグメント化の定義、ターゲット市場の発見との関わり、顧客をより深く知るために使用できる市場セグメント化アンケートの種類についておさらいしましょう。

市場のセグメント化とターゲット市場の関連性とは

市場セグメント化の定義:  市場のセグメント化とは、幅広い層の人々や ターゲット市場 を、特定の共通要素に基づいて、いくつかの消費者サブグループに分けるプロセスです。

1人の人物が複数の集団に属していることもあります。ある集団と同じ興味やニーズを持ち、別の集団と同じエリアに住んでいたり、他の集団と同じ年齢だったりするかもしれません。これらのサブグループは、すべてブランドや会社が分析を行う 市場セグメント になりえます。

セグメント化戦略は、事業によって大幅に異なります。

たとえばレインコートを販売するとしましょう。男性、女性、子供といった デモグラフィックセグメント は、それぞれ大きく異なる嗜好性を持っている可能性があります。同様に、地理的なセグメントからは、シアトルや マウシンラムといった雨の多い地域に住む人が、アリゾナやアデレードに住む人とはレインコートに対して異なる観点を持つことがわかるかもしれません。

これらの異なるセグメント(およびセグメントの種類)を理解すれば、顧客プロフィールの作成に取り掛かり、 製品開発 から広告展開までが目的に沿っていることを確認することができます。

最も典型的な市場セグメント化の種類を見てみましょう。

例:市場セグメント化の種類

市場セグメント化アンケートは、ターゲット市場のさまざまな人の共通点や相違点の理解に役立ちます。以下に、ターゲット市場の発見に利用できる市場セグメントのいくつかの種類をご紹介します。

デモグラフィックによるセグメント化

既存の顧客や潜在的な顧客に関する最も大切なデータとして、年齢や収入レベル、学歴といった基本デモグラフィック情報が挙げられます。デモグラフィックによるセグメント化は、ターゲット市場を細分化するのに役に立つほか、あらゆるマーケティング活動において最初の一歩となります。(このトピックについての詳細は デモグラフィック アンケート ページで詳しくご覧ください。)

地理条件によるセグメント化

居住地によって、会社に対する反応が大きく変わる場合があります。ターゲット顧客がどこに住んでいるかを知り、地域の価値観に合わせてマーケティング活動を調整しましょう。

心理的属性によるセグメント化

とらえがたいながらも強力な洞察が得られることのある調査です。このタイプの調査にはアンケートが特に有効で、顧客をライフスタイル(姿勢や価値観、習慣、主義主張など)に基づいてグループ化することができます。心理的属性によるセグメント化によって、謎めいて見える購買行動の感情的な要素が明らかになります。

行動形式によるセグメント化

この種類の調査では、顧客が 特定の製品やサービスとどのように関わっているかが明らかになります。たとえば、どの程度の頻度で、どこで購入するのでしょうか?製品を日用必需品として使用している人と嗜好品と捉えてたまにしか使用しない人とで、マーケティングを変えてみましょう。

市場のセグメント化を利用してターゲット市場に到達する方法

マーケティングキャンペーン、製品開発、顧客体験およびサポート活動などを含む企業のさまざまな種類のプロジェクトにおいて、市場のセグメント化が役立つことがあります。この戦略が会社にとって便利なものになる例をいくつかご紹介します。

市場調査:  製品やサービスを検討する可能性のある潜在顧客にアンケートを実施する時は、セグメント化を行うチャンスです。たとえば、新製品のコンセプトについて幅広い層にアンケートを配信するなら、そこにデモグラフィックに関する質問を入れておくと、男女別の訴求ポイントを把握したり、マーケティング活動の対象となるグループを特定したり、市場サイズの拡大に向けて対処すべき課題を認識したりするのに役立ちます。セグメント化は コンセプトテスト、 ブランディング、製品開発においても有益な戦略です。

顧客満足度:  対象が顧客であれ、クライアントであれ、患者であれ、製品やサービスに関して人はそれぞれ違う経験をしていると考えられます。CSATや NPS アンケートにセグメント化に関する質問を追加すれば、より簡単に問題を特定し、 顧客サービスを向上させることができます。

その他の機会:  セグメント化は、上記の場面に限ったことではありません。イベントプランナーなら、参加者の中からスポンサーをセグメント化するでしょうし、教育関係者なら、男子と女子や教師と事務員の間に相違を見出すかもしれません。また人事部門なら、アンケート結果を職位や在職年数、部門でセグメント化することが考えられます。

大切なことは、どのようにセグメント化したいかを考えてからアンケートを作成することです。質問が適切でなければ、結果を分析するときになって、思ったように市場をセグメント化できない可能性があります。

たいていの場合、デモグラフィックデータは顧客について最初に収集したい種類のデータです。詳細に見てみる価値はあります。

ターゲット市場を理解するための基本的なデータを手に入れましょう

良く考えられた デモグラフィックアンケート質問 を使えば、市場セグメント化分析に役立つ重要なデータが手に入ります。ターゲット市場の年齢、性別、収入、学歴(その他のさまざまな要素)がわかると、ターゲット層に対してはるかに感触を得やすくなります。

デモグラフィック アンケート テンプレートを試してみて、セグメント化アンケートに専門家が作成した正確な質問を追加しましょう。

米国デモグラフィックテンプレート

顧客は何歳ぐらいでしょうか?どのような収入と学歴を持っているでしょうか?より詳細な分析を行うスタート地点として、このテンプレートをご利用ください。

典型的な顧客デモグラフィックテンプレート

他の事業者をターゲットとしている場合は、その顧客について質問し、ニーズをより良く理解しましょう。

ターゲット市場デモグラフィック アンケート テンプレート

B2Bクライアントを理解するには、クライアントがターゲット市場をどのように定義しているかを幅広く観察する必要があります。

北極でエアコンを販売しようとするマーケターはいないでしょうが、市場セグメント化の基本コンセプトを見てきたことで、顧客セグメントの定義について自信を持ち、マーケティング活動を適切に調整できるようになったのではないでしょうか。

SurveyMonkeyが好奇心に火をつける様子をご覧ください