製品

SurveyMonkeyは、あらゆる用途・ニーズに対応します。SurveyMonkeyを探索して、その活用方法をご確認ください。

一流のオンラインアンケートでデータに基づいた洞察を得る。

100種類以上のアプリとプラグインを統合して作業を効率化。

オンラインフォームを作成・カスタマイズして情報と代金の収集。

組み込みAIで優れたアンケートを作成し、すばやくインサイトを引き出しましょう。

あらゆる市場調査ニーズに対応する専用ソリューション。

テンプレート

顧客満足度とロイヤルティを測定。

どうすれば顧客が満足し、推奨者になってくれるかを学ぶ。

実用的なインサイトを得てユーザー体験を改善。

見込み客や招待客などから連絡先情報を収集。

次回イベントの返信依頼を簡単に収集・追跡。

参加者のニーズを調べ、次回のイベントを改善する。

エンゲージメントや業績を高めるためのインサイトを発見。

会議の出席者からフィードバックを得て、進め方を改善。

同僚からのフィードバックを利用して従業員パフォーマンスを改善。

コースの充実化と指導法の改善を図る。

教材やプレゼンテーションに関する学生の評価を調べる。

新製品のアイデアに対する顧客の考えを調べる。

活用方法・事例

アンケート・アンケートデータ活用のベストプラクティス

アンケートやビジネスのコツを満載したSurveyMonkeyブログ。

SurveyMonkeyのチュートリアル&使い方ガイド。

SurveyMonkeyで急成長する一流ブランド。

カスタマーサービス評価を改善する3つのコツ

Here's how to make your guest service skills even better

カスタマーサービス評価は、スタッフの習熟度、顧客の満足度や忠実度、顧客ニーズに対するスタッフの対応の質を測定するのにしばしば使用されるベンチマークです。

普段活用しているのがカスタマーサービス アンケートネット プロモーター スコア(NPS)のような計測ツールかに関わらず、ベンチマーク測定を行って顧客満足度のスコアを把握することは、カスタマーサービスのスキルを評価して向上させるための手堅い方法です。

カスタマーサービス満足度評価を改善する方法をお探しなら、総合的に考えてみましょう。カスタマーサービスは包括的なアプローチであり、フィロソフィーです。会社のマネージメントレベルから始め、トレーニングプログラムや職場環境全般に適用する必要があります。

カスタマーサービス評価の改善を検討する際には、次のような手順でお試しください。

  1. 顧客の満足度をアンケートで測定します。顧客がどう思っているかを知って初めて、適切な措置を講じることができます。
  2. 関係する同僚とフィードバックを共有して、顧客体験についての前提を共有します。
  3. 顧客が望んでいるタイプのサービスを提供できるよう、スタッフの研修を実施します。
  4. もう一度顧客の満足度を測定してフィードバックに生じた変化を把握し、体験をさらに向上させるための次の手を確認します。

会社のカスタマーサービスに対する考え方を変え、満足度スコアを改善するために重要な、カスタマーサービスのヒントをいくつかご紹介します。

会社が忙しくなると特に起こりやすいのは、顧客の存在が薄くなり、問題ばかりに注目が集まることです。言い換えれば、顧客の顔が見えなくなり、カスタマーサービスの担当者が問題の方に焦点を当てるようになります。そうなると、顧客は残念ながら本来受けるべきサービスを受けられなくなります。待ち行列に放り込まれ、少しずつ前進しながら問題に「解決済み」とか「フォローアップ」などというマークを付けられます。

カスタマーサービスのアプローチを問題中心のものから人物中心に変えるには、顧客一人ひとりについて個別に考えるようチームをトレーニングします。スタッフが目を通すべきチェックリストをご紹介します。

  • 顧客からどんな話があったか。
  • 顧客はこれまで会社とどんな関係にあったか。
  • 顧客が現在抱えている不満の後ろに、過去の問題があるのではないか。
  • 顧客は会社に連絡することで何を解決して欲しいのか。

顧客一人ひとりのことを思い、友人を助けるような気持ちでサービスを提供するようになると、アプローチ全体が変化し、顧客も変化に気付きます。顧客は、自分が問題として捉えられているのではなく、人間として扱われ、会社が手を差し伸べてくれていると感じるでしょう。

常につながっているデジタル時代に、問題をコールセンターだけに持ち込む顧客はほとんどいません。Webサイトを見たり、ソーシャルメディアのページを訪れたり、デジタルデバイスを使って解決方法を探したりするのが普通です。

そのため、カスタマーサービスのアプローチは、顧客との接点すべてで一貫していなければなりません。Webサイトのレイアウト、FAQセクション、オンラインエージェント、ソーシャルメディアのページは、顧客の問題に対応した作りでなければなりません。重要なのは、どの接点でも顧客の体験をシームレスなものにすることで、Webサイトを訪れても、電話を掛けても、会社のツイッターアカウントにつぶやいても、問題が同じアプローチで扱われるようでなければなりません。どこで接するかによって別の会社と話しているような錯覚が起こるようでは困ります。

メールへの返信、ソーシャルメディアを通じた回答、掲示板での質問への返信などを担当するスタッフがいる場合は、その人たちが店頭/個別対応担当者や電話スタッフと同等のクオリティの高いカスタマー サービス トレーニングを受けられるようにしてください。顧客がどの手段で問い合わせて来ても、等しく気持ちの良い体験をしてもらうよう、全チームのスキルを磨くことが大切です。

満足していない顧客は、満足している顧客と同じくらい、カスタマーサービスについて多くを教えてくれます。顧客の不満の声に必ず耳を傾け、苦情を簡単に会社に持ち込める方法を用意しましょう。どんなにカスタマーサービスの技術が優れていても、顧客に見つけてもらえなければ意味がありません。問題が生じたときの窓口をWebサイト上に設けましょう。また、顧客満足度アンケートとフォローアップアンケートを頻繁に利用してください。満足していない顧客でも、会社に連絡し、すばやく問題が解決されたなら、不満は小さくなるはずです。

カスタマーサービス満足度スコアの改善は、継続的なプロセスです。顧客満足度を監督する職務を新たに作るか、現在いる従業員の1人にこの役割を割り当ててください。カスタマージャーニーのあらゆる段階で顧客に聞き、アンケートし、耳を傾け、応えてもらいましょう。

顧客は、会社とのスムーズなやり取りを望んでいるので、改善すべき点を進んで教えてくれるはずです。とにかく聞いてみて、答えに耳を傾けることが大事です。

または

顧客満足度(CS調査)アンケートテンプレート

無料の顧客満足度アンケートテンプレートを利用して、時間を節約し、すばらしいアイデアをゲットしましょう。必要なフィードバックを今すぐゲット。

Net Promoter® Scoreの先をいく: コンテキストが重要な理由

世界各国のNet Promoter® Scoreに現れる文化的な違いと、アンケートにコンテキストを加えてNPSデータを深く理解する方法について。

顧客データでチームを後押しするBox

Boxは、SurveyMonkeyを利用してフィードバックを1ヶ所に集め、カスタマージャーニーの360度ビューを把握しています。

顧客の成功談とお客様の声でブランドを強化する

顧客から直接ストーリーや声を集め、フィードバックをケーススタディやお客様の声、レビューの形にすることで、営業やマーケティングを支援しましょう。