ヘルスケア関連アンケートセンター

喜ばれるケアに必要なフィードバックを集めましょう。

有料登録 無料登録

患者満足度

患者満足度

患者さんが経験したこと、そして患者さんの期待を理解しましょう。どうぞ SurveyMonkey の使いやすいアンケートビルダーやテンプレートをお試しください。

従業員・スタッフ

従業員・スタッフ

医療現場で働く人の声に耳を傾けましょう。アンケートを活用して、スケジュール管理や従業員エンゲージメント、患者さんの安全性を向上させましょう。

医療調査

医療調査

ヘルスケアの質を刷新し、改善するためにアンケートをご活用ください。 基礎研究や臨床試験などのデータ収集に活用できます。

アンケートでヘルスケアの現場を改善するには

ヘルスケアへの取り組みで最も大切なことは、患者さんと医療従事者の関係が良好な状態にあることです。しかし、患者さんと医療従事者がいつでも面と向かってコミュニケーションが取れるわけではありません。例えば、当社で 実施した調査によると、 89%の患者さんが担当医療従事者の受けている教育やトレーニングについて知りたいと考えているにもかかわらず、実際にそのような情報を患者さんに提供している医療団体は56%でした。また診療はだいたい予約時間通りに始まっていると回答した割合は、医療従事者では80%にのぼりましたが、患者さんではわずか52%でした。 オンラインアンケートは、患者さんと従業員の両方の意見を吸い上げることで、患者さんとスタッフのコミュニケーションをサポートします。以下のように、多くの病院やクリニック、その他の医療機関がこのニーズを認識しています。
  • 半数以上の機関がアンケートを活用して従業員満足度を測定しています
  • 3分の1の機関がアンケートを活用して患者さんの健康や安全面の習慣をモニタリングしています
  • 40%近くがアンケートを活用して患者さんのセーフティカルチャーの有効性を調べています
SurveyMonkey なら、より多くの情報をより速く収集し、分析することができます。アンケートはご自身で作成することも、専門家作成のテンプレートを活用して作成することも可能です。またアンケートの実施方法は、メール、Web サイト、モバイル機器などさまざまで、待合室のパソコンを使用して実施することも可能です。回答が集まったら、SurveyMonkey の便利なプラットフォームを使ってデータを分析しましょう。本格的なグラフに仕上げたデータをエクスポートすることも可能です。

ヘルスケアアンケートのタイプ

検査結果にも表れず、会話からも浮かび上がらない患者さんの情報を把握するには、アンケートが一番です。患者さんは医療従事者に意見を直接伝えることをためらうかもしれませんが、アンケートならこっそりと意見を伝えることができます。以下に、患者さんへのアプローチを改善するためのアンケート活用例を少しご紹介させていただきます。

患者さんの満足度

患者さんに来院した感想や、ドクター、サポートスタッフ、設備に対する感想を尋ねてみましょう。また来院前に患者さんに簡単なアンケートを送って、患者さんのニーズをあらかじめ把握しておくという方法もあります。

対ドクター、ナース、スタッフ

院内の誰もが積極的に仕事に取り組めば、患者さんへの質の高いケアもより簡単になります。ドクターやナース、スタッフの皆さんが仕事に必要なトレーニングを受け、ツールを利用できるようにしましょう。また院内のプロセスに関する意見を集めたり、責任問題に発展しそうな問題の芽について尋ねてみるのも良いでしょう。以下にアンケートの一般的な用途をご紹介します。 以下のようなアンケートテンプレートも用意されています。

女性の健康問題、男性の健康問題

女性患者、男性患者、それぞれにアンケートを実施して、周辺地域や一定の年代、性別が最も関心を寄せる健康問題を特定してみましょう。また患者さんからの意見を元に、スタッフへのリクエストを把握したり、新しいサービスを考案したり、健康に関する教育活動とコミュニティ活動を組み合わせることで健康な生活を推進したりしてはいかがでしょう。

歯の定期ケア

患者さんはあなたのクリニックをどのようにして知ったのでしょう? 地域の数あるクリニックの中からあなたのクリニックを選んだ理由は何でしょう? 定期的に歯のケアを受けていないとしたら、その理由は何なのでしょう? アンケートを活用すれば、患者さんの治療や好みに関する情報を集められ、さらに患者教育や定期健診のスケジューリング、患者さんの健康状態の追跡やモニタリング、紹介者の受け入れ、対応枠の拡大などに関する戦略を見直すこともできます。

年に一度の眼科検診

検眼士や眼鏡などの販売に携わる皆さんにとって、患者さんと関わる時間といえば年に一度の視力検査しかないかもしれません。しかし患者さんと接するチャンスは他にもあるのです。患者さんのニーズを把握するため、アンケートを実施してみましょう。処方箋の内容は変わっていないでしょうか?コンタクトレンズはまだ快適な状態でしょうか?夜間の運転に困難を感じることはないでしょうか?予約日の前に各患者さんにオンラインでアンケートを配信するか、当日にまずアンケートに記入してもらうようにしましょう。

獣医用アンケート

より良いケアが必要なのは動物も同じです。飼い主がクリニックのことをどう思っているのかを把握することから、スタッフの積極性や集中力を高めることまで、治療環境を改善するにも、市場を理解するにも、アンケートは最適です。

ベンチマークの設定

患者さんの満足度を向上させたい場合も、従業員の積極的な関与でより安全な院内環境を作りたい場合も、ぜひ実績を時系列で確認してみてください。パフォーマンスのベンチマークを設定することで 比較対象が生まれ、特定の取り組みがどれほど医療サービスを向上させているかを把握することができます。例えば、7割のナースが仕事に「満足している」と回答したとしても、それが工夫の成果なのかどうかを推測することは難しいでしょう。しかしその割合が7.5割に上昇したとすれば、工夫の方向性が合っているということになるでしょう。

SurveyMonkey 最高峰の機能をお使いください

より良いヘルスケアに必要な回答を、あなたにも、組織の皆様にも。SurveyMonkeyエンタープライズなら、 当社の最も効果的なツールをご利用いただけます。 詳細はこちら

サンプル: オンラインのヘルスケア関連アンケートテンプレート

(一部のテンプレートは英語のみのご提供となります) 方法論に適ったアンケートを実施したい、なおかつ時間も節約したいとお考えなら、アンケートテンプレートをご利用ください。一方 SurveyMonkey では、ご自身でアンケートを一から作成することも可能です。また、アンケートの専門家が承認した質問が保存された質問バンクから質問を抜粋することも可能です。 以下に、アンケートテンプレートをいくつかご紹介します。
  • 医師のパフォーマンス評価: 帰宅した患者さんにアンケートを実施し、あなたの治療やスタッフの対応、介護を必要とする場合それを頼める手段があるかなどを調査してみてはいかがでしょう。
  • 病院のパフォーマンス評価: 治療内容だけでなく、肉体的、精神的な安らぎやサポートの充実度など、病院でのあらゆる体験について、患者さんにアンケートをとってみましょう。
  • 健康保険の有無: 患者さんの保険の有無、また保険が適用されない場合にどのような選択肢を検討してきたかを把握するためにこのアンケートを実施してみましょう。保険が適用される治療方法やサービスについて正しい選択肢を患者さんに提示するのに役立ちます。
  • 医療費: このアンケートを使って、患者さんの医療費の現状について質問してみましょう。こうした事前知識があると、どのような場合に患者さんが処方薬代や治療費を払えない可能性が高くなるのかといったリスクを把握することができるため、それによって他の選択肢を検討することも可能になります。

今すぐ始めましょう

基本的な機能は常に無料。より充実した機能は、アップグレードでご利用いただけます。

有料登録 無料登録