製品

SurveyMonkeyは、あらゆる用途・ニーズに対応します。SurveyMonkeyを探索して、その活用方法をご確認ください。

一流のオンラインアンケートでデータに基づいた洞察を得る。

100種類以上のアプリとプラグインを統合して作業を効率化。

オンラインフォームを作成・カスタマイズして情報と代金の収集。

組み込みAIで優れたアンケートを作成し、すばやくインサイトを引き出しましょう。

あらゆる市場調査ニーズに対応する専用ソリューション。

テンプレート

顧客満足度とロイヤルティを測定。

どうすれば顧客が満足し、推奨者になってくれるかを学ぶ。

実用的なインサイトを得てユーザー体験を改善。

見込み客や招待客などから連絡先情報を収集。

次回イベントの返信依頼を簡単に収集・追跡。

参加者のニーズを調べ、次回のイベントを改善する。

エンゲージメントや業績を高めるためのインサイトを発見。

会議の出席者からフィードバックを得て、進め方を改善。

同僚からのフィードバックを利用して従業員パフォーマンスを改善。

コースの充実化と指導法の改善を図る。

教材やプレゼンテーションに関する学生の評価を調べる。

新製品のアイデアに対する顧客の考えを調べる。

活用方法・事例

アンケート・アンケートデータ活用のベストプラクティス

アンケートやビジネスのコツを満載したSurveyMonkeyブログ。

SurveyMonkeyのチュートリアル&使い方ガイド。

SurveyMonkeyで急成長する一流ブランド。

お問い合わせログイン
お問い合わせログイン

優秀な人材を惹きつける魅力的な従業員価値提案(EVP)を作成する方法を学びましょう。雇用者としての評判を高めるために役立つ例とヒントをご紹介します。

ヘッドホンをしてノートパソコンに向かい、冗談めかしてジェスチャーをする男性

下がる気配のない離職率に人事担当者の危機感は年々高まっています。その確固たる理由は、従業員を1人入れ替えるためには、その役職の給与の最大150%のコストがかかるからです。

従業員はなぜ会社を辞めるのでしょうか。SurveyMonkeyが最近行った調査によると、離職理由の上位は、報酬・福利厚生(35%)、柔軟に働けない(29%)、ワークライフバランスの悪さ(27%)であることが明らかになっています。

これを読んでいる方の中には、離職率を減らして採用ブランディングを改善するため、会社の従業員価値提案(EVP: Employee Value Proposition)を作成、または維持する任務を負っている方もいるかもしれません。EVPは会社が従業員に提供できる価値を提案し、働きやすい会社であると説得するための理由を定義します。 

ぜひ読み進めて、従業員や候補者のフィードバックを使って説得力のあるEVPを作成する方法をご覧ください。適切なフィードバックを引き出す質問をすれば、競合他社と一線を画すEVPを作成する大切なヒントが見つかります。

従業員価値提案(EVP)は、会社を働きやすい職場にしている特徴や価値です。魅力的なEVPを作るには、会社が提供するすべての福利厚生、報酬、特典を記載する必要があります。加えて、採用ブランディングの重要な部分を占める、職場の文化や精神も示す必要があります。

もちろん、競争力の高い金銭的報酬は従業員価値提案の重要な要素ですが、EVPに影響を与える要素は他にもたくさんあります。

  • 会社の文化と価値観: 会社のEVPは、会社がどのような存在であり、何を代表しているかを定義する必要があります。従業員と候補者に対して会社の透明性を高めるほど、仕事への意欲のある人材を惹きつける可能性が高まります。
  • キャリア開発の機会: 会社がスキルアップからキャリアアップまで、従業員のキャリア成長に投資していることを伝えましょう。
  • 仕事環境: 職場の文化や物理的なスペースなど、会社の職場環境は、会社で過ごす時間のあらゆる従業員体験の土台となります。

以上の要素を明確かつ簡潔に、透明性を保ってEVPに記載します。

説得力のある従業員価値提案を作成すると、求職者の興味を引き、優秀な人材を惹きつけるのに役立ちます。特定のタイプの職場文化を求めている人や、リモートワーク、柔軟な働き方などの選択肢を求めている人もいるでしょう。もちろん、福利厚生や待遇などを重視する人もいます。 

候補者がEVPでチェックする部分を私たちが決めることはできません。だからこそ、会社が提供したい価値に合わせて、可能な限り透明性を高める必要があります。EVPを適切に調整すると、求めている従業員を惹きつけると共に、応募者の体験と採用プロセスを円滑化することができます。

従業員への価値ある提案が重要な理由を3つご紹介します。

  • 採用プロセスの改善: 求人情報にEVPを掲載すると、求職者が知るべき会社の情報をすべて事前に知らせることができます。これにより、選考作業にかかる時間が短縮し、会社のコストが削減されて、求める候補者を惹きつけることができます。
  • エンゲージメントの向上: 従業員が会社のEVPと自身の価値観を直接結びつけることができると、良い仕事をしようという意欲が高まります。さらに会社も、EVPに書き出すことによって、従業員の健康、幸せ、成長への投資の必要性を定期的に想起することができます。
  • 雇用主のブランディングの強化: EVPは、従業員のエンゲージメントを高めるだけでなく、同じ人材を獲得しようと競合している他社との差別化を図ることができます。

従業員への魅力的な価値提案を作成することで生まれるさまざまなメリットを理解したら、多くの会社が独自の価値提案を開発したいと考えます。全体的な従業員体験にEVPがいかに重要であるかを考えると、ここでしっかりと時間を取って作成することをお勧めします。

EVPは、競合他社と同じようであればよいというものではありません。会社の価値観を盛り込み、他社とは一線を画すものを提供する必要があります。

そこで、優れた従業員価値提案を作成するための手順を詳しく見ていきましょう。

EVP作成の最初のステップは、会社の目標や達成しようとしていることを決めることです。

手始めに、逆算してみましょう。理想の応募者や従業員について、その性格や興味、モチベーションなどを定義します。これによって、EVPの中心となる部分の輪郭がわかります。

あるいは、会社の既存の中心的価値観を見直し、それに基づいて構成することもできます。たとえば、透明性が事業の中心的価値観である場合は、想定される給与を求人情報サイトに記載することを検討してください。

EVPには、実際の会社の姿だけでなく、今後なりたい姿も反映させる必要があります。コラボレーターや多様なバックグラウンドの人材を引き付けるなどの目標を達成するために、EVPを効果的に調整しなければなりません。

ほとんどの企業は、何らかの形で従業員価値提案を行っています。福利厚生の一覧を各求人情報の最後に記載するだけの企業もあれば、福利厚生や職場文化に関する詳しいセクションを設けている企業もあるでしょう。

従業員フィードバックを収集して、現在のEVPの有効性を判断するか、新しいEVPを作成しましょう。従業員からのフィードバックは、EVPの中でうまく機能している部分と改善が必要な部分を把握するのに役立ちます。

フィードバックはさまざまな種類のアンケートで集めることができます。

  • 従業員満足度アンケート: 従業員の仕事に対する満足度を調査したり、会社の職場文化について従業員がどう思っているかを確認したりする場合に使用します。
  • 従業員エンゲージメントアンケート: 従業員が会社で最も気に入っていることを把握しましょう。EVPが成功している分野と、従業員に提供する内容を見直す必要がある分野に光を当てることができます。
  • オンボーディングアンケート: オンボーディングアンケートを使うと、会社に対する新規採用者の第一印象を測定できます。会社がEVPで提案していることへの期待を満たしているかどうかを確認できるアンケートです。
  • 360度アンケート: 職場の同僚が改善すべき点について、社内の全員が(敬意を持って)フィードバックを共有するためのものです。従業員のパフォーマンスや期待されることについて、もっと詳しく知ることができます。
  • 退職アンケート: 退職アンケートは、EVPの達成度を理解するために使える、最も影響力のあるフィードバックソースの1つです。退職者は、EVPを洗練させるために必要な、正直で率直なフィードバックを提供してくれるでしょう。

受け取ったフィードバックを分析し、現在のEVPと従業員体験にどのようなギャップが生じているのかを把握します。また、自社の強みやセールスポイント、改善が必要な分野を特定することもできます。

現在のEVPの成果と従業員からのフィードバックをしっかりと理解したら、早速、新しい従業員価値提案の下書きを作りましょう。

魅力的なEVPに必要なのは報酬だけではありません。重要なすべての分野で従業員体験をどのように改善しているかを説明する必要があります。企業文化、個人的成長とキャリア開発の機会、給与、報酬、特典、福利厚生プログラム、職場のダイナミクスなどを考えてみましょう。

EVPは、会社への応募者が抱く可能性がある主な疑問に答える必要があります。 

  • この求人に応募するメリットは?
  • どのような福利厚生があるのか?
  • この会社が他社とは違う、素晴らしい職場である理由は何か?
  • 会社の価値観は?
  • その企業風土に魅力はある?

従業員は人生の多くの時間を会社に費やしていることを忘れないでください。これに報いる最善の方法は、会社で働いている時間をできる限り充実させることです。

従業員価値提案を完成させたら、それを複数のチャネルで宣伝することが大切です。まずは、理想の候補者が普段求人を検索しているチャネルでこの求人情報を共有することから始めましょう。ソーシャルメディアや有料広告、会社のWebサイトなどでも宣伝できます。

外部への宣伝に加えて、社内でEVPを共有することも忘れずに。EVPを新規採用者のウェルカムキット、オンボーディングプログラム、そして従業員エンゲージメントの枠組みに組み込むと、会社の誰もが新しいEVPを確実に知ることができます。

新しい福利厚生を導入する場合は、この朗報を全社にメールで広めるようにしてください。これは、今いる従業員に、受け取ったフィードバックに応える行動を起こしていることを示す素晴らしい機会です。

従業員価値提案の公表は、プロセスの一部に過ぎません。次のステップでは、変更に対する反応を測定し、それに応じて調整していきます。 

パルス調査を使えば、年中すばやく従業員満足度を把握できます。この定期的なフィードバックの流れが確立すると、EVPを洗練させやすくなります。結果のベンチマークにより、EVPの変更によって従業員の意欲や応募者の体験に著しい改善が見られるかどうかを測定することもできます。

EVPが与える影響は、関係者や責任者と忘れずに共有しましょう。SurveyMonkeyの最近の調査によると、人事担当者の約半数(53%)が、自社の経営陣が人事は成功文化にとって不可欠だと考えている、と答えています。慎重に作成したEVPが従業員の維持、採用、エンゲージメントにどのように影響するかを示す絶好のチャンスです。

福利厚生への期待に関するアンケートに参加する女性
  • SurveyMonkeyは25年前に設立されました。ご想像のとおり、私たちは長年にわたって独自の価値観を何度も再考し、アップデートして来ました。この価値観を実際に行動に移している様子を、求人情報ページでご覧いただけます。
  • Zendeskは、従業員とサービスを提供する顧客の両方に対して、人を優先するアプローチを強調しています。
  • Greenhouseは、その中核となる価値観が仕事や運営に直接影響を及ぼしている様子を説明しています。従業員の声が中心に置かれており、これは採用ソフトウェアを販売する会社にとっては理にかなったことです。

お気に入りのブランドのWebサイトを開いて、その求人情報ページや会社概要ページを見てみてください。自分が共感できるEVPも、そうでないEVPも、きっと見つかるはずです。自社の採用ブランディングは、応募者や従業員に何を語りかけていますか。次はあなたの番です。

魅力的な従業員価値提案を作成するために必要なフィードバックを収集しましょう。従業員と応募者に対するアンケートを自動作成して結果を分析し、その洞察を採用ブランディングの構築に役立てられます。チームで共同作業をしたり、今使っているソフトウェアにSurveyMonkeyを統合したりできるので、従業員の採用も維持も、すべて一か所で手軽に管理できます。詳細情報

人事リーダー

人事リーダー向けのこのツールキットは、比類なき従業員体験の構築をサポートします。

オンライン雇用フォームで必要な従業員情報を収集しましょう

優秀な人材を採用し、オンボーディング過程や従業員管理を迅速化するカスタム雇用フォーム。雇用フォームビルダーとテンプレートで今すぐフォーム作成を始めましょう。

オンライン評価フォームで実用的なフィードバックを集める

SurveyMonkeyのオンライン評価フォームでフィードバックを活用してみませんか。フォームビルダーを使って早速始めましょう!

フィードバックループとは?顧客・従業員からのインサイトを活用する方法

フィードバックループは顧客や従業員のフィードバックを行動に移すのに役立ちます。フィードバックループとは何か、またループを閉じる方法について学びましょう。