製品

SurveyMonkeyは、あらゆる用途・ニーズに対応します。SurveyMonkeyを探索して、その活用方法をご確認ください。

一流のオンラインアンケートでデータに基づいた洞察を得る。

100種類以上のアプリとプラグインを統合して作業を効率化。

オンラインフォームを作成・カスタマイズして情報と代金の収集。

組み込みAIで優れたアンケートを作成し、すばやくインサイトを引き出しましょう。

あらゆる市場調査ニーズに対応する専用ソリューション。

テンプレート

顧客満足度とロイヤルティを測定。

どうすれば顧客が満足し、推奨者になってくれるかを学ぶ。

実用的なインサイトを得てユーザー体験を改善。

見込み客や招待客などから連絡先情報を収集。

次回イベントの返信依頼を簡単に収集・追跡。

参加者のニーズを調べ、次回のイベントを改善する。

エンゲージメントや業績を高めるためのインサイトを発見。

会議の出席者からフィードバックを得て、進め方を改善。

同僚からのフィードバックを利用して従業員パフォーマンスを改善。

コースの充実化と指導法の改善を図る。

教材やプレゼンテーションに関する学生の評価を調べる。

新製品のアイデアに対する顧客の考えを調べる。

活用方法・事例

アンケート・アンケートデータ活用のベストプラクティス

アンケートやビジネスのコツを満載したSurveyMonkeyブログ。

SurveyMonkeyのチュートリアル&使い方ガイド。

SurveyMonkeyで急成長する一流ブランド。

お問い合わせログイン
お問い合わせログイン

アンケート調査の主な種類と、SurveyMonkeyを調査プロジェクトに活用する方法についてご覧ください。

SurveyMonkeyロゴ

アンケート調査を行うと、ターゲット層に関する重要なインサイトが得られます。このガイドでは、3種類のアンケート(探索型・記述型・因果型)について詳しく解説し、調査の目的に応じて適切なアプローチが選べるようお手伝いします。

アンケートを中心とした調査計画を立てるために、次のような要素について見ていきます。

アンケートは、データを入手するためのプライマリー リサーチ ツールで、総合的な調査戦略に組み込むことができます。アンケート調査は、製品開発からマーケティングキャンペーンまでのあらゆる意思決定を情報に基づいて行うために欠かせない、価値あるプライマリー リサーチ データを入手する手段です。

実施形態にかかわらず、アンケート調査には次のような特性があります。

  • 用途: アンケートは、人間の振る舞いに関する情報を集めるために使用する
  • 体系: アンケート調査は実証済みの手続きに沿って行う
  • 再現可能: 同じ手法を繰り返し適用すると、類似の結果が得られる
  • 種類: アンケートには、オンライン形式かオフライン形式かにかかわらず、探索型・記述型・因果型がある
  • データ: アンケート調査では量的データと質的データの両方が得られる
  • 公正: ランダムな標本抽出によってバイアスを防ぐ
NPS・トランザクショナル・リレーショナル

どのような情報を求めているか、どのアンケート調査手法を採用するかによって、次のようなメリットがあります。

アンケート、特にオンラインアンケートは実施が簡単です。SurveyMonkeyでは、数百種類のカスタマイズ可能なテンプレートにアクセスして独自のアンケート調査を簡単に作成できます。収集した回答はデータダッシュボードにグラフ形式で表示されるので、一目で理解でき、応用することができます。

オンラインでのアンケート調査は、データの収集方法としては最も費用対効果が高い方法だと考えられます。対面でのアンケートや面談だと、研修を受けたスタッフがデータの収集・集計・分析を行う必要があります。

アンケートを実施すると、短時間で大規模な集団からデータを集めることができ、コストを大幅に削減できます。ターゲット市場の消費者のリストが手元にない場合は、SurveyMonkey Audienceなどのグローバル アンケート パネルを利用すれば必要な回答者にアクセスできます。

アンケート調査手法の大きなメリットは、量的データと質的データの両方を収集してターゲット層の全体像を把握することができる点です。複数選択肢・リッカート尺度・ドロップダウン・ランク付けなど、さまざまな質問タイプを活用すれば、量的なインサイトが得られます。また、自由形式の質問では、個々の回答者の視点を具体的に把握できるような事例情報が入手できます。

どの調査の種類にも言えることですが、アンケート調査にもいくつか短所があります。

オンラインアンケートは匿名で受けられるため、回答者が正直に答える必要性を感じない場合があります。

回答者が一部の質問に答えず、結果にバイアスが生じる場合があります。

質問や選択肢があまり具体的でないと、回答者にとって解釈・回答しにくいことがあります。たとえば、「はい/いいえ」形式の質問だと「1度だけ」と答えたい人が困ってしまうでしょう。

調査手法にはいくつかの種類があります。主要な探索型・記述型・因果型の3つについて、詳しく解説しましょう。アンケート調査の設計を始める前にこの3つの種類について理解しておくことが大切です。

探索的な調査は、あらゆるマーケティング戦略やビジネス戦略に欠かせない要素です。統計的に正確なデータの収集が目的ではなく、アイデアや洞察の発見に焦点を絞ります。そのため、探索的な調査は、調査計画の最初に行うのが理想的です。一般に、会社が抱える課題や成長の可能性がある領域、行動方針の見直し、統計調査が必要な領域の特定などに広く活用されます。

オンラインアンケートで探索型調査を行うには、自由回答形式の質問をして質的データを得るのが普通です。探索型の質問は、対象者に対する理解を深めるのに有効な手段です。文章による回答は、統計的には測定できませんが、質的な情報が多く得られるため、新たな計画や取り組むべき課題の発見につながります。

探索的調査には次のような特徴があります。

  • 踏み込んだ質問が含まれている: あるトピックについて質的な理解を深める
  • 新たな詳細を明らかにする: 回答からトピックの詳細がわかるため、未知の問題が明らかになったり、新たな解決策が見つかったりする
  • 測定可能なデータが得られない: 質的なアンケートであるため、データを数値化できない
  • 「なぜ」に答える: 量的調査手法とは異なり、なぜそれが起こったのか、ある行動の背景にどのような動機があるのかを調べる

記述型調査は、その量的な性質と、結論を引き出しやすいという特長から、最もよく実施されるアンケート形式です。探索型調査とは異なり、記述型調査では、事前に計画した、構造化されたアンケートを使って選択回答形式の質問をします。記述型調査は、アンケートの構造や質問が既存の理論や調査分野にしたがって事前に決められているという点で演繹的でもあります。収集したデータは、仮説や推論の検定に使われます。

記述型調査の目標は、特定のテーマに関して特定の母集団が持っている意見・意識・信念を数量化し、分類することです。記述型アンケートでは、たとえば、あらかじめ回答の選択肢を用意した選択式の質問を使用します。深みのある質的なインサイトを得ることはできないものの、質問が標準化されているため、統計的な分析・推察を可能にするデータが得られます。

カテゴリーを決めて回答を分類することで、特定の意見の普及度や、ターゲット層の振る舞いなどを測定できます。また、長期的な比較を通じて意識やトレンドに生じた変化を調べることもできます。

特定の市場を地球儀上でマーク

SurveyMonkey Audienceを利用すれば、あらゆる規模のグループにアンケートを送信できます。

記述的調査には次のような特徴があります。

  • 「なぜ」ではなく「何が」に注目する: 探索型調査とは違い、記述型調査の目的は、ターゲット層の意識・意見・行動を定義する。 
  • 量的: 結果として数値データが得られるため、統計的に分析してパターン・平均・相関などを特定し、量的なインサイトを引き出せる。
  • 決定的: 選択回答形式の量的な質問を使って数値データを入手し、統計的に有意な結論を導き出す。
  • 有意: 結果の有意性を測定し、パターンやトレンドを見極める。

因果型調査も、記述型調査と同様に量的で、あらかじめ計画され、構造化されています。そのため、決定的でもあります。しかし、因果型調査は、観察するにとどまらず、変数間の因果関係を特定します。記述型調査が、現象を観察して数量化するのに対し、因果型調査は、実験を通じて変数を積極的に操作し、因果関係に関する仮説を検定します。因果型アンケートでは、たとえば対照群と実験群を比較して数種類の介入の影響を評価します。因果型調査の目的は、二重です:

  1. 量的データ分析を通じて変数間のつながりを特定する。
  2. 変数を意図的に変更して結果を測定し、変数間に因果関係があるかどうかを調べる。

因果関係調査には次のような特徴があります。

  • 決定的: デザインや事前計画が構造化され、量的な性質を持つため、因果関係について断定することができる。 
  • 科学的: 因果型調査は、因果関係の特定を目標とするため、探索型調査や記述型調査より科学的である。
  • 制御: テストする変数の効果だけを観察するため、その他の変数をすべて固定して交絡変数を制御する。
  • 順序: 因果関係を特定するには、原因が効果より先に起こっていることを証明しなければならない。
従業員オンボーディング
  • 探索型調査の応用には、ケーススタディ・フィールドワーク・フォーカスグループ・インタビューなどがある。
  • 記述型調査の応用には、記述型アンケート・記述的規範的アンケート・記述的分析アンケート・相関関係アンケートなどがある。
  • 因果型調査の応用には、製品テスト、広告の改善、顧客維持の取り組み、コミュニティニーズなどがある。

調査アンケートの形式には、インターネット・電話・対面の3つがあります。各形式の詳細を確認し、自分の調査に適したものを選びましょう。

オンラインアンケートは、今日行われるアンケートで最も一般的な形式です。低コストで作成・実施できるだけでなく、簡単に大規模な回答者集団にアクセスできます。教育機関・企業・医療機関・マーケティング会社などを始めとするさまざまな組織がオンラインアンケートを利用しています。

オンラインアンケートのメリット

  • 正確な結果: オンラインアンケートは、とても簡単に回答できるため、許容誤差が小さい。
  • 人的ミスが生じない: データを分析する際、アンケートプラットフォームが複雑な計算を一手に引き受けてくれる。
  • 回答が匿名: オンラインアンケートは一般に匿名で行われるため、回答者は、他人の目や反応を気にせずに安心して自分の意見を述べることができる。
  • 大規模な集団にアクセスできる: オンラインアンケートでは、全世界の回答者に参加してもらえる。たとえばSurveyMonkey Audienceなら、ターゲット市場から最大5,000件の回答を得ることができます。
  • 柔軟性: オンラインアンケートでは、スキップロジックのテクノロジーを利用して参加者を回答別に誘導することができる。それにより、一人ひとりに合った経路で回答を進めることが可能になります。
  • テンプレートですぐに開始: SurveyMonkeyに多数用意されているカスタマイズ可能な無料のアンケートテンプレートを使うと、ブランド独自のロゴ・画像・フォントなどを加えてすばやくアンケートを完成させられる。

一時は情報収集の方法として高い人気のあった電話アンケートですが、デジタルアンケートの台頭と一般家庭における固定電話の減少によって衰退の一途をたどっています。

電話アンケートは、対面でのアンケートに比べてコストがかからず、大規模な集団にアクセスできる方法です。しかし、実施に相当の時間と人材が必要となります。

電話アンケートの主な欠点は、人的ミス、特に転記ミスによってデータに歪みが生じる可能性が高いことと、インタビュアーと直接言葉を交わすという状況から、回答者が正直に意見を述べにくいことです。

対面インタビューでは、直接の会話と観察を通じて詳細な情報を豊富に得ることができますが、対象者が多いとコストが法外に高くなる傾向があります。この形式のメリットをフルに活用して質の高いデータを得るためには、インタビュアーに十分な研修を与えなければなりません。インタビュアーは、たとえば回答者のボディランゲージを読み取ったり、関連性の高いフォローアップ質問をしたり、必要に応じてさらなる情報を探ったりしなければならないからです。また、対面インタビューには、いくつかのアンケートバイアスが生じるリスクもあります(詳しくはこちらを参照)。

アンケート調査は、意思決定を行うときや戦略を立てるときに必要なインサイトを得るための有効な手段です。たとえば、レストランのオーナーなら、サービスを改善したいときに顧客を対象にアンケートを行うでしょう。選挙キャンペーンを企画するなら、有権者を対象に投票を行い、効果的なメッセージの作成に役立てることができます。また、ソフトウェア会社は、ユーザーからのフィードバックを製品開発の指針とすることができます。最終目標が何かにかかわらず、アンケート調査は主に次の4つの理由で実施します。

  1. アンケートは具体的な数値を提供する: アンケートを実施すると、意思決定を裏付ける具体的な数字が得られます。具体的な数字は、調査結果を関係者に提示して意思決定を促す際に役立ちます。ある製品機能が他の機能より好まれているという事実も、量的データで証明できれば説得力があります。
  2. アンケートは継続的なベンチマークを提供する: 調査結果の中にトレンドを示すデータパターンが特定できれば、それは、顧客が何を求めているかを示すデータよりもさらに重要な意味を持ちます。顧客ロイヤリティの現状を把握したいときは、Net Promoter® Score(NPS)を検討してみましょう。NPSを四半期ごとに実施し、スコアが低下傾向にあることがわかったなら、問題を調査して解決することができます。
  3. アンケートなら大規模な集団にアクセスできる: 調査の有効性を確保し、特定の母集団を一般化するためには、大規模なグループを対象にする必要があります。SurveyMonkeyのようなプラットフォームで作成・実施するオンラインアンケートは、モバイル機器にも対応しているため、大規模なグループに回答してもらうことができます。
  4. アンケートの匿名性が率直なフィードバックを引き出す: オンラインアンケートでは、参加者が匿名で回答できるため、オープンで正直な意見が聞き出せます。匿名性が障壁を取り去ってくれるので、回答者は、反応を気にすることなく本当の考えを率直に記入してくれます。

アンケートを作成する前に、調査の目標とターゲット層を明確に定義しましょう。実施のタイミング、アンケートの長さ・構造、質問の言い回し、回答率を高めるためのインセンティブなどについて検討します。良質で実用的なデータを収集するために役立つアンケート作成のヒントをいくつかご紹介しましょう。 

関連トピック: アンケート101

  • 目標に沿った質問を作成する。有益なインサイトにつながらない不要な質問、無駄な質問は削除する。
  • アンケートを論理的に構成する。簡単で一般的な質問から始めて、より複雑でパーソナルな質問へと移るようにする。
  • シンプルな言葉遣いを心がけ、専門用語や、回答者を混乱させる可能性のある複雑な言い回しは避ける。
  • 回答者が飽きたり疲れたりしないように、アンケートは短めにする。
  • より多くの人に参加してもらえるように、回答へのお礼として割引・ポイント・ギフトカードなどのインセンティブを提供する。
  • 実施前にアンケートをテストし、寄せられたフィードバックを参考にして質問や全体の流れを調整する。

ビジネス分野でも学術分野でも、アンケートの目標を達成するためには、探索型・記述型・因果型の調査を適切に組み合わせることが大切です。調査計画に適切な種類のアンケートを含めれば、成果につなげることができます。丁寧に設計したアンケート調査なら、量的データと質的データを収集して実用的なインサイトを十分に入手し、賢い戦略と意思決定に役立てることができます。 

今すぐ始めましょう。回答者が集まらなくて困っている場合は、SurveyMonkey Audienceを訪問するか、調査のニーズに合ったプランを選択してください。

Net Promoter®、NPS®、NPS Prism®、およびNPS関連のエモーティコンは、Bain & Company, Inc.、Satmetrix Systems, Inc.、およびFred Reichheldの登録商標です。Net Promoter Score℠(ネット プロモーター スコア)およびNet Promoter System℠は、Bain & Company, Inc.、Satmetrix Systems, Inc.、およびFred Reichheldのサービスマークです。

ブランド マーケティング マネージャー

ブランド マーケティング マネージャー向けのこのツールキットは、ターゲット層の理解、ブランドの成長、ROIの測定をサポートします。

マーケティングトレンド: 2024年にマーケターが優先すべき3つの戦略

AIから消費者プライバシーまで、最新のマーケティングトレンドを探ります。データドリブンマーケティング、マルチチャネルマーケティングなどについて洞察を得ましょう。

Net Promoter® Scoreの先をいく: コンテキストが重要な理由

世界各国のNet Promoter® Scoreに現れる文化的な違いと、アンケートにコンテキストを加えてNPSデータを深く理解する方法について。

SurveyMonkeyの消費者製品・サービスソリューションを見る

消費財、旅行業などの消費者製品・サービス産業は、SurveyMonkeyのインサイトを利用して未来を切り拓いています。