次のイベントに向けて聞くべき、イベント後アンケートの質問15

イベントを主催した後のあなたは、首尾よく進んだか、多少はわかった気になっているでしょう。ところが、気まずい雰囲気になってしまったと思っていたカラオケ大会の後、オフィスの廊下である同僚があなたを引き留め、とても楽しかったと話してくれることもあり得ます。

人によって体験は異なるので、どのようなイベントの後でも、できる限り多くの参加者からフィードバックを集めることが重要です。価値あるフィードバックを確実に集めるための、パワフルなイベント後アンケートの質問を5問ご紹介します。公開イベントやトレーニングコース、会議の際にぜひ質問してみてください。

SurveyMonkeyの専門家が承認したテンプレートですばやくイベントフィードバックを集める

10

質問

210,000回以上

送信された回数

3分

所要時間

お気に入りいただけましたか?

アンケートを上記の質問でカスタマイズしてもかまいませんし、そのまますぐに送信することも可能です。このテンプレートを今すぐ使用

公開イベント

資金集めや開店、トレードショーといった公開イベントは、会社が通常のつながり以外の人にリーチするのに役立ちます。何がリピーターを生むのかを調べ、今後のイベントの一般参加者を最大限に増やしましょう。

  1. イベントにはどの程度満足しましたか?イベントの日程、場所、スピーチをした人、業者、ケータリングについて参加者に尋ねましょう。基調演説を行った人など、イベントの最重要な側面については、フォローアップの質問も行います。
  2. イベントのどこが気に入りましたか?この質問は自由回答形式にします。イベント後アンケートは欠点を特定するのに優れていますが、何が上手くいったかを見つけ出すこともできます。
  3. イベントで最もまずかった点は何ですか?このような単刀直入な質問で、参加者に建設的なフィードバックを提供するように促しましょう。自由回答形式にして、参加者が詳しく説明できるようにします。
  4. 今後、弊社のイベントに参加する可能性はどの程度ありますか?すでにイベントに参加してくれた人を説得するほうが、新規参加者を開拓するより、はるかに容易です。何人の参加者が今後のイベントにも参加するつもりか、確認しましょう。
  5. 弊社のイベントをご友人に勧める可能性はどの程度ありますか?65%の人は友人が口コミした製品を購入する傾向にあることを考えると、イベントへの参加といったソフトの販売も、口コミに影響されると言って良いでしょう。

イベント後アンケートの質問を複雑にする必要はありません。最良の結果を得るためには、直接的で簡潔にしましょう。このような単刀直入な質問で、率直かつ建設的なフィードバックを尋ねます。

次回のアンケートで支払いを受領
イベントアンケートでフィードバックと支払いを集めましょう。
詳細情報

会議

プロフェッショナルな人は、知識を共有し、業界スタンダードを設定し、ネットワークを構築するために会議に参加します。イベント後には必ず参加者に次のようなフォローアップの質問をして、すばらしい会議を主催するようにしましょう。

  1. 会議にはどの程度満足しましたか?会議の日程や場所、トピック、懇親会、セッション、スピーカー、ケータリングについて評価してもらいましょう。この質問でイベント全体としての成功度を測ってから、個別の質問に移ります。
  2. 会議は目的を達成したと思いますか?明確な目的のない会議は時間の無駄です。会議が確固たる目標を達成したか、たとえば特定のプロフェッショナルスタンダードに到達したかを参加者に評価してもらいましょう。
  3. 会議の構成はいかがでしかた?どんなにすばらしいスピーカーも、イベントが上手にオーガナイズされていないと、真価を発揮できません。参加者にとって会議のタイムテーブルが直観的に理解しやすいものだったかを確認しましょう。
  4. ディスカッションの時間は十分でしたか?冗長なスピーカーほど、会議の熱気を一気に消し去るものはありません。会議はインストラクションとディスカッションの微妙なバランスが成功のカギを握っているのです。
  5. 今後の会議でカバーして欲しいトピックはありますか?イベント後アンケートの質問で、最後に開催したイベントについて評価してもらうだけではなく、次のイベントに向けた情報も収集しましょう。回答はトピックについて案を出す時に利用したり、潜在的なトピックのテストに使えます。

優れた会議は、開催最終日に終わるものではありません。回答者がのちのちフォローアップできる、有意義なコネクションを提供し、何年も繰り返し引き合いに出すスピーカーの逸話を残すものです。会議の後に参加者にコンタクトし、あなたの会議がそのように優れたものであったか、調べてみましょう。

トレーニングコース

成功しているプロフェッショナル向けトレーニングコースは、参加者に新しく有用なスキルを提供し、キャリアの可能性を広げます。就職・転職市場は変化するので、参加者に以下の5つのフォローアップ質問を毎回繰り返し行い、コースを評価するようにしましょう。

  1. コースにはどの程度満足しましたか?日程、場所、セッションやインストラクターについて参加者に質問しましょう。特定のインストラクターには満足し、他のインストラクターには満足していない可能性があるので、各インストラクターは必ず個別に含めましょう。
  2. コースで紹介された情報はどの程度役に立ちましたか?参加者がトレーニングコースで学んだ情報をすぐに仕事に活かせるのが理想です。この質問で、コースの妥当性を評価しましょう。
  3. コースはスキルの改善に役立ちましたか?スキルの改善を謳った分野ごとに、コースがスキル向上に役立ったかを回答者に評価してもらいましょう。
  4. コース中に質問する機会はありましたか?この質問で、参加者がコース中に躊躇なく発言できたか、発言する機会を与えられたかを測定します。
  5. コースの改善点を教えてください。フィードバックを率直に尋ねましょう。イベント後アンケートを自由回答形式の質問で締めくくり、参加者が最も大事だと思うことをコメントできるようにします。

トレーニングコースは、適切なものであり続けるために進化する必要があります。見通しのない状態で決断を下すことは避け、イベント後アンケートで回収した貴重なデータを活用し、トレーニングコースを継続的な成功に導きましょう。イベント前、開催中、直後に参加者にフィードバックを求めるのも良いアイデアですが、時に最良の洞察を与えてくれるのは、イベント後アンケートです。独自のイベント後アンケートを作成する場合は、上記の質問を導入部にご活用ください。

イベントのフィードバックをお望みですか?