コンセプトテスト

すぐにでも実行したい良いアイデアをお持ちなら、それを世に出す前にコンセプトテストを実施して、時間と費用を節約しましょう。コンセプトテスティングなら、ターゲット市場から直接フィードバックを得て、製品コンセプトや広告キャンペーン、新しいロゴ、あるいはランディングページに磨きをかけられます。ニーズに合わせて、短時間で簡単に実施することも、繰り返し実施して丁寧に仕上げていくことも可能です。

以下に、初心者にも上級者にも役立つコンセプトテストのヒントをご紹介します。もっと極めたいなら、コンセプトテスティングの総合的なガイドも併せてお読みください。

コンセプトテストを実施する理由とその方法

コンセプトテスティングの定義は、あるコンセプトを一般に公開する前にターゲット層から評価を得るプロセスです。製品コンセプトから広告キャンペーンまで、何でも対象とすることができます。

たとえば新しい広告キャンペーンを企画するため、マーケティングチームが終日ブレインストーミングセッションを行ったとします。セッションが終わる頃には机の上に多くのアイデアが並び、実際に成功しそうなアイデアもいくつかあります。そうなると、マーケティングのプロなら、キャンペーンに踏み切る前に解決したい疑問がいくつか出てくるはずです。

  • この広告は競合他社の広告よりも目立つか?
  • この広告は視聴者の注目を集められるか?
  • このブランドを認識できるか?
  • 信用できるブランドか?
  • 購買意欲を高める(クリックしたくなる)ボタンはどれか?
タイプライター

こうした疑問が解決すれば、実施すべきキャンペーンも自ずと明らかになり、それが最終的には製品の評価につながります。

上に挙げたようなコンセプトテスティングのプロジェクトは、実施にかなり時間がかかりますが、最終的には組織の時間とお金を節約することになります。以下にご紹介するコンセプトテスティングの2つの利点を考えてみてください。

顧客またはターゲット市場に対してコンセプトをテストしたい場合は、テストのオプションについて詳細情報をご覧ください

1. 悪いアイデアを採用しなくてすむ。企業の形態や規模を問わず、最初の段階でアイデアをテストしなければ、ミスを犯しやすくなります。以下の具体的な例と調査結果を見れば、悪いアイデアのままプロジェクトを進めると余分なコストがかかってしまうことは明白でしょう。

悪いアイデアに固執すると、取り返しの付かない結果になることが多いのです。

悪いアイデアはビジネスに対するネガティブな評判を広め、組織の成長、時には安定性すら脅かしかねません。たとえば悪い評判の立っている会社では、人材採用の過程で10%余計な費用がかかり、現従業員を維持する費用は20%以上増加します。さらに、悪いアイデアが顧客の体験に影響を与えた場合には、95%の顧客がその体験を他者と共有し、見込み客の商品/サービス購入を思いとどまらせてしまうのです。

2. 社内の同僚にあなたのアイデアを支持してもらう助けになる。これまでに、あなた自身アイデアに絶対の自信があるにも関わらず、チームの同意が得られなかった経験はありませんか?そのアイデアが消費者にも人気だと分かれば、その案で進めるよう説得できます。ターゲット層の消費者に支持される案に、いったい誰がダメだしできるでしょう。

A/Bコンセプトテストとめがね

マーケターと製品マネージャーにとってコンセプトテスティングは不可欠に思えます。しかし、実際はどう思われているのでしょう?これを明らかにするため、彼らにアンケートで直接尋ねてみました。結果がこちらです。

広告のプロの72%が、実際に広告を打つ前にテストを実施することは重要だと回答しました。テストを行うことで、消費者が本当に必要としているもの(そして、まったく必要としていないもの)を的確に理解し、そこから効果的な広告の発想を得ることができるため、成功の可能性が高まる、という答えでした。

製品マネージャーも強く同意し、85%がテストは企画の成功の鍵であると答えました。

このようにコンセプトテストが大切だと考えているにもかかわらず、実際にテストを実施している回答者は全体の半数にも達していません。つまり、自社でテストを実施することは競合他社に先んじる大きなチャンスになり得るということです。

アンケートを作成する力を磨けば、競合他社との差を広げることができます。アンケートの質問作成に役立つ、順番による回答の偏りを減らすための記事をご覧ください。また、アンケートの回答を見る前に、トップ2ボックススコアについても知っておきましょう

コンセプトテストの質問方法

コンセプトテストをどのように実施すれば良いのかって?その質問を待っていました!正しいテストはビジネスのあらゆる面で課題の解決につながります。以下にその例を少しご紹介しましょう。

ロゴテスト

新しいロゴに対する顧客の反応を知りたい場合も、新しいロゴで製品の利点(信頼性や革新性、楽しさなど)が伝わるかどうかを把握したい場合も、オンラインアンケートなら、さまざまなコンセプトやデザインをテストして、ブランドイメージを最もよく伝えてくれるロゴを選択することができます。

コンセプトテスト勝者へのトロフィー

アンケートの質問をブレインストーミングする手がかりとして、アンケートの専門家が承認したロゴテスト用アンケートテンプレートを参照してください。

Webサイトデザイン

Webサイトの作成や構成変更を検討中なら、そのデザインコンセプトを将来の利用者に提示することは非常に良いアプローチです。そうすることで、利用者がそのコンセプトをどう感じるかを把握でき、そしてもちろん、すべての要素を正しく仕上げることにもつながります。

Webサイトでフィードバックの収集を始める前に、Webサイトフィードバック用アンケートテンプレートの質問に目を通してみましょう。

広告、ランディングページ、コンバージョン

Webサイトの見出しや、画像、コンテンツのテストを実施して、メッセージとデザインの最適な組み合わせを模索しているオンラインマーケティング担当者は少なくありません。どのような広告が最も多くの訪問者を獲得できる傾向にあるのか、またその広告はクリック率の向上につながり、すぐに顧客を獲得できるだけの十分な説得力を持っているのかなどを調べてみましょう。このテストなら、顧客転換率を向上させる取り組みを真の成功に導けるはずです。

数だけを追う段階を卒業して、個人の意見に直接耳を傾けてみませんか。顧客の声が、予期しない新たな方向へと導いてくれるか、既に手にしている数値の意味を立証してくれるかもしれません。ブレインストーミングの手がかりが必要であれば、広告/コピーテスト用アンケートテンプレートが適切な質問を設定する役に立ちます。

価格設定とアップグレード

顧客に新しい製品やサービスにアップグレードしてもらうための特典をお探しですか?新しい価格形態を検討中ですか?それなら、移行パステストを実施して、最初の反応を評価し、顧客が求めている特性や利点を特定しましょう。その上で、新製品ラインが売れ筋かどうかを把握するためのアップグレードテストを実施しましょう。

ネーミングテスト

会社名や商品名は、ターゲット市場における成功に大きく影響します。名前から、会社が提供している商品・サービスや、期待できるメリットなどが伝わり、特定の感情を引き起こすこともあるでしょう。会社名や商品名のテストに適切な質問を検討する際は、ネーミングテスト用アンケートテンプレートを参照してください。

価格テスト アンケート テンプレート

ターゲット市場の消費者は、価格にどのぐらい敏感でしょう。あなたのカテゴリーの消費者は、商品の価値に満足しているでしょうか?SurveyMonkeyの価格テスト用アンケートテンプレートで答えが見つかります。

パッケージテスト

あなたの商品のパッケージは、どんなことを伝えているでしょうか。ユニークで、視覚に訴え、高品質なイメージを示せているか、ターゲット層にパッケージテスト用アンケートテンプレートを実施して調査しましょう。

メッセージング

あなたのメッセージはターゲット層の共感を呼んでいますか?商品やサービスが提供する価値を効果的に伝えていますか?信憑性がありますか?ターゲット層に聞いてみましょう。従業員にも聞き、メッセージの内容を理解して日々の仕事に取り入れているかどうかを確認すると良いでしょう。

ターゲット層へのメッセージ

アンケートの適切な回答者探しにお困りですか?SurveyMonkey Audienceを使えばターゲット市場であらゆるコンセプトをテストすることができます。

製品とコンセプト開発

どの機能を製品に採用すべきか、製品の目的にそぐわない機能はどれなのかを見極めましょう。その過程で製品の製造品質の検討や使いやすさの理解なども必要になるかもしれません。製品のコンセプトと利便性のテストを実施して、顧客の期待に沿う製品に仕上げましょう。

アンケートを始める前に、製品固有のフィードバックを尋ねる最良の方法についてお読みください。また、アンケートの専門家が承認した市場調査製品アンケートテンプレートもチェックしましょう。

コンセプトテスティングには、製品のコンセプトや広告から会社・製品の名称まで、さまざまな内容が含まれます。ターゲット層でテストするプロセスを踏むことによって、先に進む道を決める前に、取捨選択すべきものを見極めることができます。このことが後々、長く影響を残すことになるミス(こちらを参照)を避け、ベストなアイデアの実現に力を注ぐ助けとなるのです。

トップテンプレート:

市場調査—製品アンケートテンプレート

顧客からのフィードバックで製品発売の成功を確かなものにしましょう。

ページにアクセス

市場調査—サービス向けアンケートテンプレート

ターゲット市場を決め、ブランド認知度を測定し、顧客基盤を広げましょう。

ページにアクセス

Webサイト フィードバック アンケート テンプレート

ユーザーがサイトを閲覧するときにどのような理由で行動するかを特定しましょう。

ページにアクセス

SurveyMonkeyが好奇心に火をつける様子をご覧ください