イベントアンケートを使って最高のイベントを企画・主催する

イベントアンケートの効果的な活用法

次回のイベントは最初から最後まで完璧に成功させましょう。ここでは、フィードバックを収集し、データから有益な結論を引き出すためのコツとオンライン イベント アンケートの例をご紹介します。イベントを企画中の方や、フィードバックにリアルタイムで対応している方、企画後にフィードバックを得て改善に役立てたい方も、これらのガイドラインを参考にすれば、成功に欠かせない情報を簡単にアンケートで入手できるようになります。

イベント企画のストレスを解消

招待客にアンケートを送付して正確な人数を把握し、希望に合わせてイベントを調整しましょう。SurveyMonkeyなら、アンケート内で支払いを受け取ることも可能です。

募金集め、会議、パーティー、結婚式などをご計画ですか?カジュアルでもおしゃれでも、ビジネスでもプライベートでも、ものすごく大変な作業であることに変わりはありません。会場を予約したり、献立を考えたり、招待状を送ったり、出欠確認を取ったり。アンケートを通じてイベントの前後で必要な情報を入手すれば、全員に楽しんでもらえるイベントを企画し、さらには毎回レベルアップさせることも可能です。参加者全員に行きわたるようにオードブルを用意するには、正確な参加人数を知る必要があります。簡単な出欠確認アンケートを配信することで、行き届いたイベントを計画するために必要な、住所、氏名、参加人数など、あらゆる情報を取得できます。日取りが決まっていないなら、アンケートで参加者の都合を調べましょう。
テンプレートのプレビュー

業界イベントや会議

チームトレーニングやオフサイトミーティング、週末のパーティーを企画する前に、企業イベントアンケートを配信して、賢い決断に必要なすべてのデータを収集しましょう。「食事制限(食べられない物)はありますか?」、「今回のイベントで取り上げてもらいたい課題はありますか?」のような質問をしてみてください。専門家の承認を受けたテンプレートを使用したり、必要に応じて質問をカスタマイズしたりできます。
テンプレートのプレビュー

資金集めや非営利活動

アンケートを利用して、参加者の出欠を把握したり、ボランティアを募ったり、寄付を集めたりできます。参加者にすばらしいひとときを過ごしてもらうために、少し時間を取って寄付者の関心事を理解しましょう。活動について十分説明することができたか?楽しかったか?寄付する気になったか?このような質問は、イベントのスムーズな進行や募金目標の達成に役立つでしょう。
テンプレートのプレビュー

イベントアンケートの例とテンプレート

イベントの最中にフィードバックをもらって、リアルタイムでイベント内容を微調整し、確実に満足してもらいましょう。

専門家によるSurveyMonkeyのイベント アンケート テンプレートは、あなたの時間を節約し、信頼性の高い実用的なデータが得られるよう作成されています。以下に挙げるオンライン イベント アンケートのテンプレートを確認するか、無料アンケートテンプレートの全一覧をご覧ください。

一般イベント用フィードバック アンケート テンプレート

Eventbriteの専門家と共同で作成したイベント後フィードバックアンケートは、出席者の満足度を測定します。
テンプレートのプレビュー

業界イベント用フィードバック アンケート テンプレート

会議は有益だったか、改善すべき点は何か、次回も参加したいか、出席者に尋ねましょう。
テンプレートのプレビュー

イベント企画アンケートテンプレート

イベント開催前に招待客に送信して、RSVP(返信依頼)を集め、出席者の希望に合わせたイベント内容に調整します。
テンプレートのプレビュー

イベントアンケートを成功させるための5つのヒント

イベント終了後、メニューや講演者について感想を尋ねるアンケートを送信すれば、イベントの改善に役立てることができます。

1. イベント後のアンケートはすぐに配信する

時間が経過するにつれて、記憶は少しずつ薄れていきます。気に入った点、気に入らなかった点、また次回に期待する点は何かを正確に知りたいなら、ゲストの記憶が新しいうちに回答を得るようにしましょう。

もっといいのは、イベント中にフィードバックを得ることです。新しいアプリ、SurveyMonkey Anywhereが、インターネットの有無に関わらず回答の収集をお手伝いします。

2. 具体的にしましょう

イベントに複数のエンターテイメントが盛り込まれていた場合、「エンターテイメントは気に入りましたか?」のような質問は、回答が難しくなります。ある1つのエンターテイメントは参加者の気に入ったけれども、別のエンターテイメントは気に入らなかったかもしれません。具体的なエンターテイナー(または料理やプレゼンター)について質問をした方が、次回のイベントに向けた改善点もわかりやすくなります。

3. 匿名にしましょう

連絡先情報を尋ねる場合を除いて、イベントアンケートの回答が100%匿名であることをゲストに確実に伝えましょう。深い洞察を得るためには、遠慮なく褒めてもらい、遠慮なく批判してもらうことが大切です。

4. インセンティブを賢く選ぶ

フィードバックを得るため、回答者にインセンティブを提供するのもいいアイデアです。ただし、次の点を念頭に置いてください。アンケートの回答者全員にお礼を提供する場合、出席者が回答内容を吟味せずに急いで終える可能性があります。質の高い回答を得るためには、大半の人に喜んでもらえるアイテムやギフトカードを抽選の景品にする方がいいでしょう。当選者に通知できるよう、連絡先を聞くのを忘れないでください。

5. データを文脈の中で検討する

イベントフィードバックのアンケートデータを他のイベントのデータと比較するのも、成否の判断に役立ちます。たとえば、参加者の67%がそのイベントを他の人に勧めると答えた場合、それが良い数字なのか悪い数字なのか、どうしたらわかるでしょうか。SurveyMonkeyの一般イベント用フィードバック アンケート テンプレートをそのまま使用した場合、アンケート結果を参加者の満足度に関する業界のベンチマークと比較し、文脈の中で分析することができます。

SurveyMonkeyが好奇心に火をつける様子をご覧ください