製品

SurveyMonkeyは、あらゆる用途・ニーズに対応します。SurveyMonkeyを探索して、その活用方法をご確認ください。

一流のオンラインアンケートでデータに基づいた洞察を得る。

100種類以上のアプリとプラグインを統合して作業を効率化。

オンラインフォームを作成・カスタマイズして情報と代金の収集。

組み込みAIで優れたアンケートを作成し、すばやくインサイトを引き出しましょう。

あらゆる市場調査ニーズに対応する専用ソリューション。

テンプレート

顧客満足度とロイヤルティを測定。

どうすれば顧客が満足し、推奨者になってくれるかを学ぶ。

実用的なインサイトを得てユーザー体験を改善。

見込み客や招待客などから連絡先情報を収集。

次回イベントの返信依頼を簡単に収集・追跡。

参加者のニーズを調べ、次回のイベントを改善する。

エンゲージメントや業績を高めるためのインサイトを発見。

会議の出席者からフィードバックを得て、進め方を改善。

同僚からのフィードバックを利用して従業員パフォーマンスを改善。

コースの充実化と指導法の改善を図る。

教材やプレゼンテーションに関する学生の評価を調べる。

新製品のアイデアに対する顧客の考えを調べる。

活用方法・事例

アンケート・アンケートデータ活用のベストプラクティス

アンケートやビジネスのコツを満載したSurveyMonkeyブログ。

SurveyMonkeyのチュートリアル&使い方ガイド。

SurveyMonkeyで急成長する一流ブランド。

お問い合わせログイン
お問い合わせログイン

ブランド戦略の究極ガイド

必要なインサイトをタイミング良く手に入れて、成功に導くブランド戦略を立てましょう。

認知度の高いブランドを市場に投入するには、きめ細かい戦略が必要です。ブランド認知度には、会社の評判、トーンやメッセージ、ロゴ、さらには社風すら反映される場合があります。あなたの会社の方向性は、製品やサービスと一致していますか?あなたのブランドが発信している内容は、隅々までブランドの価値を体現しているでしょうか?ブランドが市場で認識されていない、方向性が定まっていないと感じているなら、ブランド戦略(ブランドストラテジー)に手直しが必要かもしれません。これはロゴの刷新のような部分的な対策を超えて、データに基づいた綿密なブランド戦略を練る作業です。

たとえば、製品の種類を表す一般名になったブランドを思い浮かべてみてください。Kleenex(クリネックス)はティッシュ、Xerox(ゼロックス)はコピー機の代名詞になりました。さらにGoogleに至っては、インターネットで疑問の回答を探すことを意味する動詞「ググる」となって幅広い人々に使われています。このようなブランド認知度は、企業のブランド戦略なしには成し得ません。この究極ガイドは、成功するブランド戦略の開発をお手伝いします。

ブランド戦略(ブランドストラテジー)には、新規市場の開拓や新製品の発売、ブランドの刷新など、長期的なビジネス目標を達成するために役立つ要素が含まれます。会社の個性の発展など、ブランド戦略は会社の進化を助けます。理論的には、ブランドが時間とともに変化していったとしても、消費者がそのブランドをすぐに識別できるように支えてくれるのです。

考え抜かれた明確なブランド戦略には、組織のあらゆる部分に影響を与える力があります。そして、顧客のニーズと感情に直結し、競争環境の現状を反映します。

よくブランドをロゴや製品、時にはWebサイトだと思っている人がいますが、これは誤解です。ブランドはもっと広い概念で、多くの無形の要素で構成されています。ブランドは自社を競合他社と差別化して(Kleenex、Xerox、Googleのように)その認知度によって大手とそれ以外の会社が区別されるのです。

優れたブランド戦略には次の要素が欠かせません。

  • ブランドの目的 - 会社が表現するものは何か?
  • 顧客への約束 - 価格、質、会社の価値など
  • アイデンティティ/イメージ/パーソナリティの明確な定義 - 他のブランドと区別する特長は何か?

ブランド戦略は精密な科学というより、むしろ芸術的なものと言えます。しかしそれでも、影響力が強く実行可能な、独自のブランド戦略を確実に立てていくには、参考できる手順があります。

ブランド戦略(ブランドストラテジー)を立て始める前に、まずは会社の目的を決めましょう。会社はただ単にお金を稼ぐためにあるのではありません。会社が存在する、経済活動以外の理由は何ですか?製品やサービスを超えて顧客に提供している価値は何でしょう?お金を稼いで利益を生み出すという目標では、競合他社の中で目立つことはできません。利益は当然、あらゆるビジネスの目標の1つですから。これ以外に会社が表現するものを決めることで、群を抜く方法を見つけられます。

次に、ブランド戦略を立てるため、対象とする市場と消費者を深く理解しましょう。オーディエンスとの繋がりを生むために、オーディエンスに合わせてブランドを調整する必要があります。そのためには、オーディエンスが何に価値を置いているかを知ることが不可欠です。市場を理解するための調査にはさまざまな種類があります。少なくとも、市場調査と、セグメント化、ブランドの追跡、市場インテリジェンスなどの機能を活用するメリットについては、ぜひ詳細を確認してみてください。

そして、競合他社についてできる限り多くの情報を知ることが鍵になります。市場のどこに身を置くことができ、どこにチャンスがあるのかを見極められるからです。ブランド戦略を立てるため、競争に有利なインサイトを発見して業界の現状を把握しましょう。

最後に、明確で測定可能な目標を掲げた、ブランディング戦略のフレームワークを作成します(成功の測定方法については本ガイドの後半でご紹介します)。目標は、全体的な事業目標と方向性を明確に一致させる必要があります。そして、上記のすべての情報を、組織の全員が活用できる簡潔なガイドに織り込みましょう。

市場調査は、ブランド戦略(ブランディングストラテジー)に欠かせない最も重要な要素の1つです。市場やオーディエンスを知らずして、それらに効果的に共鳴して繋がれるブランド像を作れるものでしょうか?要するに、ブランドとは単に会社を表すものではありません。会社と顧客の関係性をも表す概念なのです。

そして、顧客を理解するために最善の方法が、顧客に関するデータを収集して分析することです。

市場調査アンケートに含まれる質問の種類を知りたいですか?

ブランド戦略において、市場調査は極めて重要です。競合他社より際立っているのは何かを判断して、その違いが理想としている消費者が価値を置くものであるかどうかを判断できます。

加えて、競合他社が何をしているかを知るために、コンペティティブインテリジェンス(競合分析)の作業を行うことも大切です。これによって業界での立ち位置を把握でき、ブランドを他のすべてと差別化する方法を検討できます。

市場を理解することは、競合他社が何をしているかを認識して新たなトレンドを常に把握することです。そして同時に、自社の独自性を開発してブランド戦略に組み込むことにも繋がります。

効果的なブランド戦略を立てる上で、オーディエンスを知ることは市場を知ることと同様に重要です。オーディエンスの需要、そしてブランド(特に自社ブランド)に期待するものを理解して初めて、それを届ける道が開けます。この際に消費者のセグメント化を行うと、購入者の最も多いセグメントについて属性や行動を把握できます。

市場調査とは、オーディエンスが誰かを正確に理解し、製品を購入して忠誠心を維持するよう感情的に魅了する方法を見つけることに他なりません。ブランド戦略で決して忘れてはならない要素です。

市場調査では、明確なカスタマーペルソナ(顧客の人物像)、つまり理想的な購入者の説明を作る作業も必要です。理想的な購入者とはブランドにぴったりはまる人々で、商品を初回購入した後、ついつい何度もリピートしてしまう人々です。

カスタマーペルソナは、マーケティングで働きかけようとしている人々の特徴を理解してセグメント化する上で役に立ちます。顧客についての深い理解なしに、情緒的影響を与える方法など分かるわけがありませんよね。

用途と意識調査を実施すると、消費者の好みや習慣、購買行動を把握できます。

バイヤーペルソナは、以下のような質問を尋ねて構築していきます。

  • ターゲット層: 婚姻状態、子どもの有無、性別、年齢、学歴、地理的な位置などを含みます。
  • 職歴/肩書き: 職業についてで、中小企業の経営者か、大手企業の従業員か、キャリア開発のどの段階にいて何の業界で働き、成功に必要なスキルは何かなどが含まれます。
  • 生活様式: どこでニュースを見聞きするのか、どこで買い物したり休暇を過ごしたりするのが好きか、どのようなレジャー活動を好むかなどが含まれます。
  • 課題/問題点: 直面している課題や意思決定に影響を与える問題点について尋ねられます。
  • 動機付け: 生活を改善するのに役立つものなど、規模の大小に関わらず、対象者の願望やニーズを指します。

以上の質問はどれも理想的な顧客の人物像を浮かび上がらせるのに役立ちます。もしかしたら、製品やブランドのさまざまな側面に価値を見いだすペルソナが複数見つかるかもしれません。

明確なバイヤーペルソナを構築すると、異なるオーディエンスがどのようにブランドに反応するかを理解できるようになります。製品にとってベストの人々、すなわちファンになって末永くリピートし、推薦者になってくれるような人々にアプローチできているでしょうか?理想のペルソナを見失い、1回買ったらライバルブランドに乗り換えてしまう人々を追いかけてはいませんか?

カスタマーペルソナを定義できたら、早速このカテゴリーに当てはまる人々に話しかけましょう。これまでの調査と前提が正しかったかを検証できます。

このオーディエンスに焦点を絞った市場調査のプロセスは、アンケートのようなオーディエンス調査ツールでも実施できます。そして結果をもとに、既存の顧客と今後アプローチしたい見込み客の両社を分析できます。

アンケートによってバイヤーペルソナが正確かどうかを顧客に確認しましょう。さらにブランド戦略の各側面をテストして、目標を達成したかどうかを確認できます。ここでは、顧客や見込み客から直接フィードバックを得ることが肝心です。仮定ではなく事実に基づいて意思決定を行っていることを押さえましょう。

これらの質問に答えることはブランド戦略全体にとって重要です。なぜなら、アプローチしたい人々に語りかけられるブランドの構築方法を教えてくれるからです。

ブランド戦略の目的はすべての人にアピールすることではありません。そんなことはそもそも不可能です。代わりに、ブランドポジショニングによって、明確かつ説得力のある方法で的を絞った市場を魅了する必要があります。

市場調査を実施して顧客と話したら、いよいよブランドを決定して微調整する段階に入ります。

この1つの方法が、ブランドガイドラインを作成してすべてのチャネル全体で一貫性を確保することです。ブランドガイドラインはブランドを市場と顧客に認知してもらうために役立つだけでなく、社内チームにとっても有益です。クリエイティブチームの制作物がブランドに沿っているかを確認するためだけでなく、このガイドラインを遵守することで、自社を誇りに感じる社風が醸成されます。誰だってブランドが施されたグッズには心を動かされるはず。

ブランドガイドラインには以下を概要に記します。

  • ブランドを定義する色、フォント、画像の種類は何か?
  • 会社が顧客に語りかける方法に限らない、ブランドのトーンはどのようなものか?
  • ブランドメッセージの支柱は何か?
  • ブランドストーリーは何か?
  • 会社の目的とビジョンは何か?
  • 顧客にどのような約束をするのか?

以上は、ブランドガイドラインの作成時に確認できる数ある質問のほんの一部に過ぎません。これらのガイドラインの目的は、ブランドが時間とともに進化するにつれて、過度に厳格で柔軟性のないルールを課すことではありません。

もし、すでに確立されたブランドがある場合には、それを繰り返せます。まずは、ブランドの追跡調査から初めて、時間と共にブランドイメージがどのように変化してきたかを把握しましょう。

重要なのは、ブランド戦略のすべての部分を書き留めて社内全員の認識が一致するようにしておくことです。また、これらのガイドラインは、遵守すべき社内の誰もが(あるいはすべての業者が)簡単に手に取って読めるようにしておく必要があります。そうすることで、すべての関係者がガイドラインを遵守するように整えておきましょう。

ブランド戦略を立てたら、ここからがやっと本番です。早速、実行に移しましょう。スムーズに進めるため、以下の大切な考慮事項を念頭に入れておいてください。

ブランド戦略の成功を左右する主な決定要因の1つが、顧客にリーチするために使用するすべてのチャネル全体でブランドの一貫性を保つことです。もしもWebサイトが実店舗やTwitterアカウントで使用している素材と見た目も話し方も違えば、顧客のブランド認知度は低下してしまいます。

ブランディングにおける一貫性とは、単にロゴとカラーパレットがどこでも同じであることだけを意味するのではありません。ブランドやビジネスに無関係なことに関する議論を避けることも意味します。追加したり論じたりすることはすべて、ブランドメッセージに沿ったものでなくてはなりません。

まとまりと一貫性がブランド再認を強化します。これこそがブランド戦略の目標ですから、すべてをシームレスに取り扱ってください。

一貫性と柔軟性を併せ持つことは一見矛盾しているようで、実現可能です。このめまぐるしく変化する時代にまとまりはあるものの時代遅れになったブランドに固執することは、賢明な選択とは言えません。

ブランド戦略は実行すれば終わりではありません。トレンドを常に把握して市場調査を定期的に実施し、市場でのブランドの重要性を確実に維持する必要があります。

古い戦術が以前ほど効果を発揮していないことに気づいたら、恐れずに変化を起こしましょう。徹底的な市場調査を実施して顧客と対話することで、ブランドがこの先何年も注目の的であり続けられます。