製品

SurveyMonkeyは、あらゆる用途・ニーズに対応します。SurveyMonkeyを探索して、その活用方法をご確認ください。

一流のオンラインアンケートでデータに基づいた洞察を得る。

100種類以上のアプリとプラグインを統合して作業を効率化。

オンラインフォームを作成・カスタマイズして情報と代金の収集。

組み込みAIで優れたアンケートを作成し、すばやくインサイトを引き出しましょう。

あらゆる市場調査ニーズに対応する専用ソリューション。

テンプレート

顧客満足度とロイヤルティを測定。

どうすれば顧客が満足し、推奨者になってくれるかを学ぶ。

実用的なインサイトを得てユーザー体験を改善。

見込み客や招待客などから連絡先情報を収集。

次回イベントの返信依頼を簡単に収集・追跡。

参加者のニーズを調べ、次回のイベントを改善する。

エンゲージメントや業績を高めるためのインサイトを発見。

会議の出席者からフィードバックを得て、進め方を改善。

同僚からのフィードバックを利用して従業員パフォーマンスを改善。

コースの充実化と指導法の改善を図る。

教材やプレゼンテーションに関する学生の評価を調べる。

新製品のアイデアに対する顧客の考えを調べる。

活用方法・事例

アンケート・アンケートデータ活用のベストプラクティス

アンケートやビジネスのコツを満載したSurveyMonkeyブログ。

SurveyMonkeyのチュートリアル&使い方ガイド。

SurveyMonkeyで急成長する一流ブランド。

お問い合わせログイン
お問い合わせログイン

ウェビナー登録フォーム

対象者に手軽に送信して、ウェビナーや仕事上のイベントへの申し込みを効率化しましょう。

SurveyMonkeyは、G2.comの1万8000件を超えるレビュー5つ星中、4.5つ星の評価を受けています。

ウェビナーを主催するなら、誰が受講するか、ウェビナーの詳細を受講者に伝える方法、そして受講者が今最も関心がある学習内容を把握することが大切です。SurveyMonkeyのウェビナー登録フォームテンプレートを使えば、基本的な情報の収集などがあっという間に行えます。情報が集まれば、受講者について理解を深めることができるので、ウェビナーの戦略や宣伝計画を改善して、主催者とパネリストが今後のセッションの方向性を微調整する余裕が生まれます。 

ウェビナー登録フォームでは、ウェビナー受講者から情報を集めて一箇所に保管するため、膨大なデータからあちこち必死に探すような手間もなく、スピーディーに確認できます。さらに、テンプレートをカスタマイズすれば、受講者にウェビナーの「分科会」を希望するか、あるいは自社製品になじみがあるかどうかなど、各ウェビナーに固有の質問を追加することも可能です。

テンプレートを活用して登録リストを手軽に整理し、受講者について把握することで、さらに受講者のモチベーションを高め、効果的なウェビナーを開催することができます。さっそくSurveyMonkeyに登録またはサインインして、ウェビナー登録テンプレートからフォームを作成してみましょう。

すぐにアンケートを始められるように豊富に取り揃えたパワフルな機能の中で、初心者ユーザーに人気の機能はこちら。

すぐに使えるテーマ、アクセシビリティ対応のカラーパレット、カスタムフォント、ブランディングなど。

メール、Webサイト、SMS、ソーシャルメディア、QRコード、オフラインなどでアンケート回答を収集。

自動の結果サマリー、フィルター、カスタムダッシュボード、クロスタブレポート、テキスト分析など。

利用者の声、各種ウェビナー、業界別のフィードバック収集ガイドをご覧ください。

優れたアンケートを作成するためのヒントや最新の製品ニュース、当社オリジナルの調査結果についてお読みください。

各機能の使い方のチュートリアル、支払いの詳細、カスタマーサポートへの窓口をご用意しています。

ブランド マーケティング マネージャー

ブランド マーケティング マネージャー向けのこのツールキットは、ターゲット層の理解、ブランドの成長、ROIの測定をサポートします。

SurveyMonkeyのSalesforce統合でCXスコアの改善を加速する

Salesforceが持つパワフルな顧客データと、SurveyMonkeyのフィードバック機能を組み合わせてCXを改善する方法。

2024年の製品マーケティングトレンド

製品マーケティングのトレンドに関する新たなインサイトと、マーケティングチームがパーソナリゼーションと顧客中心の取り組みをどのように重視しているか

マーケティングトレンド: 2024年にマーケターが優先すべき3つの戦略

AIから消費者プライバシーまで、最新のマーケティングトレンドを探ります。データドリブンマーケティング、マルチチャネルマーケティングなどについて洞察を得ましょう。