ターゲット市場分析: 重要性と実施方法

すべての消費者が購入する製品を売ることのできる会社は存在しません。幸い貴社にはその必要はありません。特定のターゲット市場、つまり、製品を最も使って欲しい消費者グループに焦点を絞って、マーケティングと販売活動を展開すればよいのです。

理想的な消費者グループを特定して完全に理解するには、ターゲット市場分析を行なう必要があります。アンケートを使った実施方法をご紹介しますが、その前に、このような分析が欠かせない理由を復習しましょう。

ターゲット市場分析の利点

ターゲット市場分析は、自社製品が実際の市場のどの部分に、どのように合っているのかを見極めます。この情報は以下のために活用できます。

  • 自社事業にとって最も価値の高い/低い市場を見極める
  • 正確な買い手モデルを明らかにする
  • 自社製品にぴったりな市場の隙間を見つける
  • 新製品の現実性を評価する
  • 期待の持てる新市場を探し、調査する
  • より堅固かつ具体的な事業戦略を構築する

現実の世界でこれらの利点を検討してみましょう。パイの店を始めるとします。ターゲット市場分析は、ベーカリーを構える最適な場所や、最適価格の土地、目立つデザインの広告を選んだり、それを適切な消費者の目にとまる場所に掲載したりするのに役立ちます。

ターゲット市場分析アンケートのデザイン

適切な質問を、適切な順序で尋ねるアンケートは、うまくターゲット市場分析ができるかどうかに大きく影響します。

アンケートは、消費者の習慣、態度、ブランド認知度、ブランドロイヤルティについて尋ねる消費者行動質問から始めます。自社製品について具体的に聞いたり、回答者がいつ、どこで、どうやって購入するかを尋ねる一般的な質問でもかまいません。

消費者行動質問の1問目で回答者をアンケートの対象外にする(回答から、明らかに対象外であることがわかる場合)ことができることを念頭に置いておきます。「どのくらい頻繁にスーパーや、ベーカリー、レストランでパイを購入しますか?」という質問に対して、パイは買わないと答えた回答者は、アンケートの残りの質問から対象外にすることができます。

SurveyMonkeyでは、回答者を対象外にする質問を「スクリーニング質問」と呼びます。この質問をアンケートで使う方法を学ぶには、 当社ガイドをご覧ください

消費者行動質問の次は、年齢、性別、場所、家族、所得などの基本的な背景情報を尋ねます。このようなデモグラフィック質問は、買い手モデルを形成するものです。

このようなアンケートデザインのヒントが実際にどのように機能するかを確認したい場合は、ターゲット市場分析の具体的な情報に合わせて編集可能なターゲット市場デモグラフィック アンケート テンプレート をご覧ください。

条件に合った人へアンケートを実施するヒント

いよいよ、できるだけ多くの見込み客にアンケートを出してターゲット市場を特定する時がきました。

次のステップで、ターゲット市場分析に最適な回答者にアクセスします。

  • 潜在的な回答者の数を絞り込む。買い手とそうでない人を見分けることが可能なこともあります。例えば2県先に住んでいる人にパイを売るのはかなり無理があります。ターゲット市場分析を始める前に、場所やその他の、何等かの人口統計カテゴリーで回答者を絞り込む必要があるかもしれません。
  • 必要な標本サイズを計算する。ターゲット市場分析で統計的に有意な結果が必要な場合は、相当数の人数がアンケートに回答する必要があります。具体的に何人が必要かを把握するためには、当社の標本サイズの計算を利用します。
  • 条件に合った対象者にアンケートを届ける。最も有益な結果と、最も正確なターゲット市場は、先入観のない回答者の回答から得られます。先入観のない回答者を獲得するには、SurveyMonkey Audienceサードパーティーののようなアンケートパネルを使用します。当社のツールを使えば、数日のうちに、あなたのターゲットグループ基準に合った個人の回答を収集することができます。

アンケート結果の分析方法

アンケートの結果が出ました。ここからどうすればよいのでしょうか。ターゲット市場を特定して理解するには、フィルターと比較ルールを使用します。

  • アンケートデータを絞り込んで買い手像と競合他社の性格を発見する。「一番美味しいパイを売っているのはどのベーカリーですか?」という質問で絞り込み、あなたの会社を選んだ回答者を選ぶとします。その回答者グループの残りの質問に対する回答を見ると、あなたの人格像、グループの行動様式や最も気に掛けていることなどをより良く理解できます。競合他社を選んだ回答者別に絞り込んで同じ分析を行なうと、競合他社の買い手像がよく分かります。
  • 比較ルールを使うと、様々な買い手像の差異を解明する手がかりがつかめます。パイを食べる回数が週1回以上の人と、月に一回未満の人がどこでパイを購入しているのか比較したいとします。比較したい回答に比較ルール(「週1回以上」と「月1回未満」)を追加します。比較ルールは、パイをよく食べる人とそうでない人が、どこでパイを食べるかという回答を含めて、他の質問にどう答えたかを並べて比較します。

ターゲット市場分析には、綿密にデザインしたアンケート、先入観のない回答者、そしてフィルターや比較ルールを使った慎重な結果分析が必要です。これらの各要素をうまくクリアできれば、ターゲット市場が理解でき、引いては製品の開発、ポジショニング、消費者への販売などでも成功を収めることができるでしょう。

SurveyMonkeyが好奇心に火をつける様子をご覧ください