製品

SurveyMonkeyは、あらゆる用途・ニーズに対応します。SurveyMonkeyを探索して、その活用方法をご確認ください。

一流のオンラインアンケートでデータに基づいた洞察を得る。

100種類以上のアプリとプラグインを統合して作業を効率化。

オンラインフォームを作成・カスタマイズして情報と代金の収集。

組み込みAIで優れたアンケートを作成し、すばやくインサイトを引き出しましょう。

あらゆる市場調査ニーズに対応する専用ソリューション。

テンプレート

顧客満足度とロイヤルティを測定。

どうすれば顧客が満足し、推奨者になってくれるかを学ぶ。

実用的なインサイトを得てユーザー体験を改善。

見込み客や招待客などから連絡先情報を収集。

次回イベントの返信依頼を簡単に収集・追跡。

参加者のニーズを調べ、次回のイベントを改善する。

エンゲージメントや業績を高めるためのインサイトを発見。

会議の出席者からフィードバックを得て、進め方を改善。

同僚からのフィードバックを利用して従業員パフォーマンスを改善。

コースの充実化と指導法の改善を図る。

教材やプレゼンテーションに関する学生の評価を調べる。

新製品のアイデアに対する顧客の考えを調べる。

活用方法・事例

アンケート・アンケートデータ活用のベストプラクティス

アンケートやビジネスのコツを満載したSurveyMonkeyブログ。

SurveyMonkeyのチュートリアル&使い方ガイド。

SurveyMonkeyで急成長する一流ブランド。

お問い合わせログイン
お問い合わせログイン

製品ライフサイクルの5つの段階

製品を市場に出す前に、SurveyMonkeyコンセプトテストでテストしましょう。

マーケティングプランには、製品ライクサイクルの各段階を重視した戦略を含める必要があります。しかし戦略を立てるためには製品ライフサイクルの各段階をよく理解して、製品がどの段階にあるかを特定する方法と各段階で必要な情報を市場調査を通じて手に入れる方法を知っておく必要があります。そこで役に立つのがSurveyMonkeyです。

製品ライフサイクルは製品が進んでいく行程を開発、導入、成長、成熟、衰退の5つの段階で表します。ドイツ生まれの経済学者であるセオドア・レビットが1965年にハーバード・ビジネス・レビューで発表したこのモデルは、今でも広く使われています。

基本的に、製品ライフサイクルは製品コンセプトを開発し始める時点に始まって市場から撤退する時点で終わります。製品ライフサイクルは各ステージにおける意思決定と戦略開発に利用されます。

マーケティング担当者は製品ライフサイクルによって、マーケティングメッセージをステージごとにカスタマイズして、マーケットリサーチ、マーケティング調査とも呼ばれる市場調査を取り組みの指針とします。市場調査のやり方について、経営陣は製品ライフサイクルに基づいて、価格設定や新しい市場への参入、パッケージデザインなどに関する戦略的判断を下します。

in-article-cta

SurveyMonkeyの製品コンセプト分析なら、1時間もしないうちに信頼の置ける回答者からアイデアが得られます。

ライフサイクル管理には多数のメリットがあります。製品がどの段階にあるかで、マーケティング戦略から収益性まであらゆるものが違ってきます。

製品ライフサイクル管理では次のようなことができます。

  • ライフサイクルの段階に合った判断を下す
  • 製品発売時のROIを高める
  • 会社の収益性を高める
  • マーケティングメッセージに微調整を加えてターゲット層とのつながりを維持する
  • 製品の魅力、評判、顧客ロイヤリティを維持して改善する

製品ライフサイクルを適切に管理しないと次のような結果になります。

  • 製品の潜在能力を引き出せない
  • 貯蔵寿命が短くなる
  • 過剰在庫
  • 利益の損失
  • 普通より早く衰退段階に入ってしまう

市場調査は製品ライフサイクルのどの段階でも重要な役割を果たします。SurveyMonkeyが作成した市場調査の究極ガイドによって、市場調査が製品ライフサイクル管理をどのように左右するかを理解しましょう。

各段階にとどまる時間は製品ごとに異なるため、参考となるタイムラインは設定できません。また、各段階に独自のコスト、リスク、機会があるため、製品の段階に合わせて戦略を立てる必要があります。

製品ライフサイクルにおける最初の段階は開発です。この段階から市場調査のジャーニーが始まります。製品を市場に出す前に、コンセプトを磨いて製品をテストし、発売戦略を立てます。実際の潜在顧客を対象としたコンセプトテストはこの段階の重要な要素です。コンセプトテストによって、ターゲット市場の消費者たちが製品コンセプトにどのように反応するかを調べて、そのフィードバックに合わせてまだ作り始めてもいない製品に変更を加えられます。

この最初の段階では、新製品の売上げがないまま膨大なコストが生じます。自費でまかなう場合もあれば、投資家を募る場合もあるでしょう。いずれにしろ、リスクが高いため外部資金は限られます。製品の大まかなデッサンからプロトタイプまで、市場開発にはあらゆるものが含まれます。潜在的な投資家や顧客に見せられるものがあれば十分です。市場の潜在能力を早期に見極めて、資金の調達に早く着手できるようにしましょう。