小規模ビジネスアンケートソフトウェア

市場について学び、顧客のフィードバックを収集し、従業員を動かす要因を理解することで、ビジネスを小規模に保つか、、正しい軌道に乗ってビジネスを拡大させましょう。

小規模ビジネスの経営者は、すべての作業に気が抜けません。実用的なビジネスプランの作成から優れた人材の採用、そしてもちろん顧客にアピールする製品の開発に至るまで。

今いる顧客を満足させていますか?従業員を働かせすぎてはいませんか?製品の機能はターゲット層に合っているでしょうか。全員が同じゴールに向かっていることを確かめて、社内外の業務を合理化しましょう。小規模ビジネス向けアンケートソフトウェアがお手伝いします。

小規模ビジネス アンケート ソフトウェアの使い方

小規模ビジネスの経営で正しい決断を下せているか、その鍵となる人々、顧客と従業員から貴重なフィードバックを集めて検証しましょう。新しい戦略を立てるために、あるいは既存の業務プロセスを改善するために、SurveyMonkeyの小規模ビジネス向けアンケートソフトウェアが力になります。

まだ迷っていますか?SurveyMonkeyの調査によると、自社が「成功している」と述べた小規模ビジネスの83%が顧客満足度を測定しているのに対し、「成功している」と述べなかったビジネスでは65%しか測定していません。小規模ビジネスやスタートアップでの賢い意思決定にアンケートを活用する方法を、もういくつかご紹介しましょう。

顧客ロイヤルティの追跡: 小規模ビジネスには、顧客と繋がる他にはないチャンスがあります。定期的に発信して、満足してもらえているかや、より良いサービスの提供に必要な改善点などを尋ねてみましょう。自社のNet Promoter® Scoreを測定して、同じ業界の顧客ロイヤルティデータとベンチマーク比較することもお勧めします。顧客との距離を相対的に把握すれば、目標を設定し、業務を改善し、競合他社に先んじるために必要な対策を立てることができます。

製品フィードバックの収集: 製品フィードバックアンケートを配信して製品を改良しましょう。顧客が頻繁に使っているのはどの機能ですか?より多くの顧客にアピールするために必要なアップデートは?製品の欠点も知る必要があります。顧客フィードバック用アンケートテンプレートで、成功への一歩を踏み出しましょう。

新製品の発売を目前にしている方は、ターゲットとする顧客や価格設定、製品の機能などに間違いがないか、製品コンセプトテスティング アンケートで確かめてください。

従業員エンゲージメントの測定: ビジネスの規模が小さいほど、一人ひとりの従業員が担う役割は多くなります。小さな会社で働く醍醐味の一つと言えるでしょう。従業員エンゲージメントアンケートで意見を聞いて、社風と従業員満足度の維持に役立てましょう。従業員と会社が同じ目標に向かっているかも確かめられます。さらに、同業他社と従業員エンゲージメントのスコアをベンチマーク比較することで、事業の成長に貢献する優れた人材が働きたいと思うような、魅力的な職場づくりができているかどうかをチェックしましょう。

価格感度の調査: 製品やサービスの価格が、顧客に魅力的な手頃さと、利益を生む高さを兼ね備えているかどうかは重要なポイントです。価格アンケートを配信して丁度よい価格帯を見極めましょう。自社製品の価格が市場に対して適切か、あるいは変え時かを知ることができます。

市場調査の実施: あなたのビジネスアイデアについて家族や友人は画期的だと絶賛しているかもしれませんが、実社会では製品やサービスはどう受け止められているでしょう。小規模ビジネスにとっては、一つ一つの積み重ねが重要です。ターゲット市場の顧客の意見を知り、現実的なビジネスの可能性を把握しましょう。市場調査アンケートなら時間もお金も節約でき、もしかしたらビジネス自体を救えるかもしれません。必要であれば、SurveyMonkey Audienceで見込み客の意見を集めるお手伝いもいたします。

アンケートの回答率を高める3つのヒント

効果的な質問を書き、アンケートを作成して実施する方法について、SurveyMonkeyのガイドをご覧ください。始める前に押さえておくべきポイントをいくつかご紹介します。

オンラインが一番: 回答率を最大限に高めたいなら、アンケートはデジタルに限ります。SurveyMonkeyの調査結果によると、アンケートへの回答方法でオンラインを好む人は91%に上ります。郵送ですか?郵送でのアンケートに回答して返送する方が良いと答えた人はたったの3%でした。さらに素速く回答を得たいなら、回答が一番のピークを迎える木曜と金曜の午前7時~午後1時の間に配信すると良いでしょう。

明確かつ簡潔に: もしアンケートの内容が明確でなければ、質問が誤解されて不正確な回答を得ることになってしまいます。不正確な回答は役に立たないデータを生むだけです。SurveyMonkeyの調査では、不正確な回答をする原因について、実に40%の回答者が質問内容を正確に把握できていないことが明らかになっており、この割合は、早く回答を終わらせようとする場合より断然多くなっています。質問は短く、シンプルで、的を射たものにしてください。

アンケートは複数回行う: アンケートを1回行った結果だけでは、その意味を真に理解するのは難しいかもしれません。たとえば、80%の顧客や従業員が満足していることが分かったとして、その数字に安心して良いのでしょうか、それとも早急に対策が必要なのでしょうか。自社のベンチマークを確立して長期的な進捗状況を測ることで、アンケートの結果を文脈の中で分析できるようになります。そうすれば、6か月後に顧客の90%が満足している結果を見て、方向性が正しいことを確認できます。

SurveyMonkeyが好奇心に火をつける様子をご覧ください