教育アンケートを使用して教育機関に関する洞察を得ましょう

We’ve partnered with the U.S. Department of Education and the Harvard Graduate School of Education to create education survey templates that are sure to give you high-quality data for making targeted improvements to your school. Many of these templates contain benchmarkable questions so you can compare your results to organizations in your industry or size.

オンライン教育アンケートは、他では得られないような、オープンかつ率直なフィードバックを手に入れるための賢い手段です。生徒や保護者、教育者に意見を共有する機会を提供し、学校を成功へと導くことができます。

学校の教育委員会と管理者は、インストラクターを評価したり、インストラクターのフィードバックを収集したり、生徒にアンケートを送信してニーズを理解することで、教育の成果を高められます。ここでは、教育アンケートや学校アンケートを利用して教育システムがスムーズに機能しているかを確認する方法をいくつかご紹介します。

学生の成功は自宅から始まります。教師や管理者は、教室で起こることしか把握できません。学校アンケートを保護者に送信すれば、保護者が子供たちにどの程度関わっているのか、他の保護者とどのように交流しているのかがわかります。理解を深めれば、子どもの学習目標の達成を保護者にどのようにサポートしてもらうか、アイデアが得られるでしょう。

生徒アンケートと保護者アンケートを送信すれば、子どもたちが健康的で支援体制の整った学校環境に置かれているかを確認できます。保護者が子どもの教室や学習環境についてどう考えているかを確認したり、生徒に学校に対する態度を尋ねてみましょう。アンケートを早めの段階で頻繁に実施することで、生徒は満足して安全に過ごせるようになります。

学校や大学に対するスタッフの満足度を定期的に確認することで、資格を持ったクオリティの高いスタッフの退職を防ぎましょう。学校アンケートは、教員が職場環境において必要なサポートを受けていると感じているか、教職員が部門のリーダーシップに満足しているかを理解するのに役立ちます。

オンライン学習プログラムは、大学生や社会人など、さらなる学びの機会を求めている人の間で人気が高まっています。コースが生徒の学習目的にかなっているかを確認するために、フィードバックを集めましょう。レッスンは簡単にアクセスでき、理解しやすいでしょうか?生徒が必要としている時に教師が対応しているでしょうか?教育投票を送信すれば、答えが見つけられます。

あなたの大学は学生のニーズを満たしているでしょうか?SurveyMonkeyの大学生満足度アンケートは、教育の質や学生サービス、キャンパスの安全度など、考慮すべき点をすべてカバーしているので、あなたの大学が学生からどのように見られているかを正しく把握できます。

学期の終わりごとに学生の満足度をチェックして、履修生徒数を維持しましょう。SurveyMonkeyのコース・インストラクターアンケートのサンプルは専門家が作成したもので、学生がインストラクターやコースの教材についてどのように考えているかをきちんと把握できます。また、何が学生のニーズを満たすか、改善点もわかります。

学生が好むのは実践的なアクティビティでしょうか、詳細なレクチャーでしょうか、それともたくさんの例でしょうか。オンライン教育アンケートで、教育スタイルが学生にとって最善の学習方法に見合っているかを確かめてみましょう。生徒が優れた学習成果を得るため、できることはすべて行っているかを確認してみてください。

教室の外で起こっていることは、教室内で行われていることと同様に、生徒の成功に影響します。学生はどの程度の時間をオンライン活動に費やしているでしょうか?学期中、テレビやゲームに長時間を費やしているでしょうか?定期的に運動をしているでしょうか?これらの質問に対する答えを得れば、学生の健康状態を促進する特別レッスンや教育プログラムを制定できます。

SurveyMonkeyは、アメリカ合衆国教育省およびハーバード大学教育大学院と提携して、教育アンケートのテンプレートを作成しました。教育機関において的を射た改善を行うための高品質なデータを提供します。多くのテンプレートにはベンチマークにできる質問が含まれているので、同業種、同サイズの組織と結果を比べることも可能です。

アンケートで幅広いトピックをカバーするより、1つの目標に焦点を当てる方が効果的です。保護者の関与、インストラクターへの満足度、学生フィードバックを同じアンケートでまとめて聞くのではなく、1つのアンケートでは1つの主題を扱いましょう。そうすれば回答の品質が上がり、アンケートの脱落率が下がります。すばやく簡単に答えられるアンケートは、回答者が最後まで率直に回答することを促すからです。

評価スケールを使用すると、簡素な「はい/いいえ」形式の質問よりも深い洞察が得られ、さまざまな意見の程度がわかります。ただし、形式は統一することが重要です。評価スケールタイプの質問では、すべてのスケールに同じ数の目盛りを設定し、どちら側が高い点でどちら側が低い点かをすべての質問で統一します。スケールが異なると回答者が混乱する可能性があり、回答の信頼性が低下します。

アンケートを正式に送信する前にテストを行い、ターゲット層から100点満点の評価をもらえるかを確認しましょう。フィードバックを聞けば、紛らわしいアンケート質問を見つけ出し、不具合を修正できます。調べたいトピックに重点を置いた、よくまとまったアンケートだと評価してもらえるかを調べてみましょう。

Don’t see what you’re looking for?

We’ve got more than 150 expert-approved templates ready for you to use.