製品

SurveyMonkeyは、あらゆる用途・ニーズに対応します。SurveyMonkeyを探索して、その活用方法をご確認ください。

一流のオンラインアンケートでデータに基づいた洞察を得る。

100種類以上のアプリとプラグインを統合して作業を効率化。

オンラインフォームを作成・カスタマイズして情報と代金の収集。

組み込みAIで優れたアンケートを作成し、すばやくインサイトを引き出しましょう。

あらゆる市場調査ニーズに対応する専用ソリューション。

テンプレート

顧客満足度とロイヤルティを測定。

どうすれば顧客が満足し、推奨者になってくれるかを学ぶ。

実用的なインサイトを得てユーザー体験を改善。

見込み客や招待客などから連絡先情報を収集。

次回イベントの返信依頼を簡単に収集・追跡。

参加者のニーズを調べ、次回のイベントを改善する。

エンゲージメントや業績を高めるためのインサイトを発見。

会議の出席者からフィードバックを得て、進め方を改善。

同僚からのフィードバックを利用して従業員パフォーマンスを改善。

コースの充実化と指導法の改善を図る。

教材やプレゼンテーションに関する学生の評価を調べる。

新製品のアイデアに対する顧客の考えを調べる。

活用方法・事例

アンケート・アンケートデータ活用のベストプラクティス

アンケートやビジネスのコツを満載したSurveyMonkeyブログ。

SurveyMonkeyのチュートリアル&使い方ガイド。

SurveyMonkeyで急成長する一流ブランド。

最高のブランド管理ツール

ブランド戦略が目標達成の助けになっているかどうかを査定する方法

ブランドとは何でしょうか?

それはロゴでも、製品でも、キャッチフレーズでもありません。ブランドを左右するのは、消費者です。消費者は、会社について何を知っている(あるいは知っているつもり)でしょうか?ブランドをどのように受け止めているでしょうか?好意的でしょうか、そうではないでしょうか?消費者があなたの会社をどう見ているか、友人に勧めるかどうかが、あなたのブランドを形作ります。

だからこそ、ブランド管理が必要になります。ブランド管理とは、 ブランドイメージ を維持、改善、擁護し、最終的には消費者に選ばれ続けるためのプロセスです。つまり、適切なタイミングで(正しい方法、正しい場所で)適切な消費者をターゲットとすること、そして広告やインセンティブ、信用などにおいて評価され続けることがブランド戦略の目標となります。

賢いブランドマネジャーやマーケターは、消費者がブランドをどのように見ているかを追跡するために、ブランド調査アンケートを実施し、ブランド戦略が機能しているかを評価します。

ブランド管理を構成する5つの主な領域は、ブランド調査アンケートで測定することができます。

ブランド認知度。ブランド認知度アンケートを使って、ブランドを覚えているか、認識しているかを尋ね、消費者がブランドになじみがあるかを調べてみましょう。 デモグラフィックに関する質問 も含めておくと、ブランドを認識している(していない)層がわかり、ターゲット市場や顧客ベースが把握できます。

ブランド属性調査。ブランド属性調査アンケートを実施すると、消費者が自社ブランド(または競合ブランド)をどのような特徴と関連付けているかが特定できます。これにより、ブランドへの期待に沿ったブランド広告展開が実施でき、ブランド戦略に役立ちます。また、消費者による現在の評価に満足しない場合は、それを変えるための試みもできます。

ブランドロイヤリティ。ブランド ロイヤリティ アンケートで、消費者がブランドを信頼しているか、信頼の置ける、自分にふさわしいブランドだと感じているか、好感を持っているかを調べてみましょう。ブランドを信頼し、自分にとって良いものだと感じている消費者は忠実であり続ける傾向があります。ブランドアンケートを利用してターゲット市場を特定し、ブランドイメージに問題があれば解決しましょう。

ブランドの追跡調査。ブランド広告を中心としたブランド戦略を練るときは、ブランド追跡アンケートを利用して広告が消費者に与える影響を確認しましょう。 ブランド追跡調査が有用 なのは、新規の広告キャンペーンを展開する前に、消費者のブランドに対する感想や製品・サービスを購入する可能性について質問できるからです。広告を展開した後、再度アンケートを実施してブランド広告が肯定的または否定的な結果を引き起こしたかを見てみましょう。ブランド追跡アンケートを何度か使用すれば、消費者との関係を長期にわたってモニターできます。

アンケート作成から適切な回答者の用意まで、SurveyMonkey Audienceならブランド調査が簡単にできます。

ブランド調査アンケートを行う方法はさまざまですが、マーケターの間で最も広く利用されているアンケート方法は次の3つです。

ブランドエクイティ10。この方法では、ブランドの強みを評価するために10点の属性を測定します。属性には差別化、満足度、感性価値、市場シェア、ブランド認知度が含まれます。

ブランドエクイティ指数。有効市場シェア、相対価格、ブランド耐久性の3つの要素を掛け合わせてブランドエクイティを指数化するメソッドです。

コンジョイント分析。消費者がある製品やサービス、提供者のさまざまな属性に対して持つ嗜好を測定し、ブランドの何に価値を見出しているかについて洞察を得る方法です。

ブランド戦略は、ブランドをどのように、どこで、いつ、誰に対して売り込むかということに関係するので、上記のいずれの方法もブランド管理の一助となります。一貫性を保ち、折に触れてアンケートを実施し、消費者の声に耳を傾けましょう。 顧客満足度 と自社の成功は、最終的には消費者の意見にかかっているのです。

ブランドを管理・強化するその他の方法は、 ブランディングおよびブランドアイデンティティに関する資料ページ をご覧ください。さまざまな記事や専門家が承認したブランディング アンケート テンプレートなどをご紹介しています。

ブランド マーケティング マネージャー

ブランド マーケティング マネージャー向けのこのツールキットは、ターゲット層の理解、ブランドの成長、ROIの測定をサポートします。

Net Promoter® Scoreの先をいく: コンテキストが重要な理由

世界各国のNet Promoter® Scoreに現れる文化的な違いと、アンケートにコンテキストを加えてNPSデータを深く理解する方法について。

SurveyMonkeyの消費者製品・サービスソリューションを見る

消費財、旅行業などの消費者製品・サービス産業は、SurveyMonkeyのインサイトを利用して未来を切り拓いています。

小売業向けのSurveyMonkeyソリューションを見てみる

小売企業がSurveyMonkeyを使って市場のトレンドを見極め、喜ばれる製品、愛されるブランドを構築している様子をご覧ください。