オンラインクイズを利用した5つの指導テクニック

近年、テストの評判は芳しくありませんが、調査によれば、従来型の学習環境とオンライン学習環境のどちらでも、 頻繁にクイズを実施すると生徒が確実に情報を覚えやすくなる ということがわかっています。幸いなことに、 クイズの力を利用すれば、生徒との良好な関係が失われずにすみます。オンラインクイズを利用してストレスいっぱいの評価プロセスを楽しい学習経験に変える、5つの革新的な指導テクニックをご紹介しましょう。

1. 指導テクニックの一部として 頻繁 にクイズを使用

週に一度、あるいは毎日でもクイズを行うと、生徒は覚えたことを実行に移すことができます。こうした練習の繰り返しによって、生徒はより高度な試験(共通試験や最終試験など)を受ける準備ができるのです。頻繁なクイズはまた、こうした評価の場のストレスも和らげてくれます。

 授業で教えている教科の理解度をオンラインクイズでテストすることを検討してみましょう。好きなように短くカジュアルにできるクイズで、生徒が授業をよく聞くように仕向けると同時に、リアルタイムで学習レベルを測ることができます。

2. 楽しい教室アクティビティでコラボレーションを促進

クイズを、生徒の能力の測定やランク付けではなく、クラス活動を目的に使用した場合、生徒たちの間にコラボレーション機会が生まれます。さらに、指導テクニックの一部としてコラボ形式のクイズを使用すれば、生徒たちは仲間の成功をサポートするために、より勤勉に学ぶようになります。

もちろん、コラボ形式のクイズでは、グループワークと個人評価とのバランスを取る必要があります。それには、たとえばクイズの前に2人の生徒をランダムに選び、 黒板に「カンニング帳」を作ってもらいます。2人は、協力し、本やノートを見ないで3分以内にカンニング帳を作成しなければなりません。その後、2人は、カンニング帳を参考にしながら独自にクイズを受けます。

3. クイズのすべての質問にフィードバックをプラス

調査によると、詳細な修正フィードバックは、情報を覚えやすくするため、教育者の指導テクニックにとって重要な要素になります。また、教師がすぐに修正フィードバックを提供すると、生徒は後々までそのフィードバックを覚えている可能性が高くなります。幸いなことに、オンラインテストなら迅速にフィードバックを与える(または受ける)ことができます。

オンラインクイズに カスタムフィードバックを追加 して、生徒が次回その質問に当たった際、正しく答えられるようにしましょう。正解と正解の裏付けに役立つコンテキスト情報の両方を含めるのが最も効果的です。クラス全体のパフォーマンスを確認するには、クイズの分析をチェックしましょう。その後、復習授業で弱点をおさらいします。

4. さまざまな種類の質問で楽しいクイズに

授業で頻繁にクイズを行っている場合は、いろいろな種類の質問を使うことが、生徒の関心を失わないためのポイントです。知識をシチュエーションに合わせて効果的に応用することも学べます。クイズに 異なるタイプの質問 を利用して、生徒の意欲を維持しましょう。

  • 生徒に単純な答えを思い出させるには、複数選択肢やチェックボックスを使いましょう。簡単で時間がかからないので、重要度の低いクイズに向いています。
  • 重要な出来事などを整理して並べさせるには、ランク付け形式の質問を使います。科学的手法の手順やアメリカ独立戦争の年表といったトピックの概要に適しています。
  • 短い答えを書き込ませるには、空欄を埋める形式の質問をします。この形式は、ある分野に特化した事実を尋ねるのに適しています。
  • 簡潔な回答をすばやく記入させるには、単一のテキストボックス形式を使います。完了に時間がかからないので、短時間のクイズに向いています。
  • 複雑なテーマについて説明させるときは、自由回答形式の質問を使います。評価が大変ですが、生徒本人の知識を正確に知ることができます。

当然ながら、質問の種類によって難度は異なります。一人ひとりの学習成果がクイズの結果に正確に反映されるようにするには、難易度に合わせて 各質問の配点を変える必要があります 。たとえば、自由回答形式の質問は難しいので、単純な複数選択肢の質問より得点を高くします。

子供が自宅で学習する際に両親にどの程度手伝ってもらっているかを知りたいですか? 学習 サポート テンプレートをチェックしてみてください。

5. オンラインクイズでのカンニングを阻止

オンラインクイズの実施をしり込みしている方もいるかも知れません。なぜなら、メッセージアプリがあれば、生徒たちが簡単に答えを教え合えるからです。しかし実際には、オンラインラインクイズを使うと、カンニングを促進するのではなく阻止することができます。 A/Bテストで質問をランダム化するか、いっそのこと2種類のクイズを作成 して、カンニングする生徒に有利にならないようにしましょう。

学習成果を評価する方法は常に変化します。生徒がどんな評価方法にも対応できるように、共通テストに自信を持ってのぞむ方法や、学習したことを幅広い質問、問題、シチュエーションに適用する方法をオンラインクイズを通じて教えましょう。このような指導テクニックにより、生徒は、学習とは授業に出ることではなく、解決策を見つけることなのだと自覚するようになります。

SurveyMonkeyが好奇心に火をつける様子をご覧ください