トレーニング アンケート テンプレート

トレーニングアンケートで、学習やスキル向上をサポート

新しいテクノロジーが次々と生まれ、グローバル化が進み、あらゆる分野で画期的な研究結果が発表されるなど、世の中は急速に発展しています。そうした中、継続的な教育やトレーニングは優先度の高い緊急の課題とされています。

遅かれ早かれほとんどの人は仕事、家庭、趣味など、自分に必要なスキルをすばやく身に着けるために何らかの学習やトレーニングを行うようになります。あなたの会社がそうしたトレーニングに携わっているなら、受講者の誰もがおそらく同じ目的、つまり実践的なスキルを可能な限り短期間で身に着けたいという目的を持っていることをご存知でしょう。トレーニングといっても、参加者や生徒は終了後すぐにでも実践可能な能力開発を求めているため、従来型の学習コースとは大きく異なります。フィットネスプログラムの参加者にしても、営業トレーニングコースの受講者にしても、ヨガクラスの生徒にしても、進歩が見られなければ途中で参加を止めてしまうでしょう。

アンケートは、トレーニング関係者にとって必要不可欠なツールです。特に、トレーニング効果を評価するためのモデルと組み合わせると効果的です。アンケートで得られたフィードバックを、トレーニングのプログラムやコースラインナップ、インストラクターの評価に活用することも可能ですし、個人やグループの特定のスキル開発を狙う場合や、特定の分野のみに集中したトレーニングを企画する場合にも活用できます。

トレーニング効果を上げるためのアンケート活用法

どういったトレーニングを提供すべきか?トレーニングの効果は?受講者は、求めていたスキルが得られたと感じているか?アンケートを使って調査してみましょう。

トレーニング前後のスキル評価

トレーニング前アンケートおよびトレーニング後アンケートを実施し、受講者の理解度やスキルレベルをトレーニングの前後で確認してみましょう。トレーニング開始時に受講者にアンケートを実施し、終了後にまた同じアンケートを実施することで、受講者の成長をチェックします。

目標に向かって現在進行中の成果

長期トレーニングの場合は、目標到達へのベースラインを作るために、トレーニング前に各自にアンケート調査を実施しましょう。トレーニング期間中も進捗状況を評価するアンケートを実施し、グラフ化します。リアルタイムに近いフィードバックを得られるように、トレーニング現場にモバイル機器を置き、そこにアンケートを配信するという方法もありますし、受講者が利用しているネットワークで進捗状況を把握できるよう、ソーシャルメディアでアンケート実施をするという方法もあります。

コースやプログラムに対する受講者の満足度

トレーニングが魅力的で効果的なものかどうか、確認してみましょう。プログラムは受講者の期待に応えているでしょうか?プログラムで得られると思っていた指導や情報を受講者は実際に得ているでしょうか?プログラムの継続的な改善に、アンケートで得られたフィードバックを取り入れるのもおすすめです。

インストラクターや教員の効果

2人の講師が同じ教材でまったく違う講義をしているとしたら、そのような多様性はより多くの生徒を惹きつける魅力になることでしょう。しかしどの講師も十分な講義を行っているかどうかは確認したいところです。講師の実力について、生徒にアンケートをとってみてください。

キャリアトレーニング&キャリア開発

会社の研修やスキル開発プログラムについて、受講生や従業員はどのような意見を持っているでしょうか?各プログラムは、キャリアやスキル向上目標においてサポートになっているでしょうか?目標を達成するために受講生が必要としている教育プログラムとはどのようなものでしょうか?

トレーニングのニーズと機会

あなたの地域の高齢者は、実践的なテクノロジーコースを利用していますか?初めての出産を控えたカップルは、出産や子育てのクラスに興味がありますか?あなたの宗教団体のメンバーは、より高度なスピリチュアルトレーニングを必要としていますか?地域や職場医療施設フィットネス施設などでアンケートを実施し、住民や従業員、患者、会員にとって有益な講習やトレーニングを計画しましょう。ターゲット層に近い何百万人もの回答者にアクセスできるSurveyMonkey Audienceを利用して、計画中のプランをテストしてみてください。

アンケートの回答率を高める3つのヒント

アンケートの作成実施に関するヒントをご覧ください。回答者に最後まで質問に答えてもらうための方法をご紹介しています。

1. 手短に。

アンケートが簡潔かつ親切なら、回答率が上がる可能性が高くなります。

2. 選択肢に一致しないフィードバックのためのオプションを用意する

選択肢から外れている意見を拾うため、複数の質問タイプから適切なものを選択し、テキストボックスを備えた自由形式の質問を含めましょう。

3. 親しみやすいトーンにまとめる

ビジネス調の文体や堅苦しい言葉、技術性の高い言葉を避け、会話調にまとめましょう。

トレーニングテンプレートのサンプル(一部英語のみ)

トレーニングに関するアンケートといっても、その内容は多岐にわたります。SurveyMonkeyではテンプレートを数多く用意しており、そのままご利用いただくことも、トレーニングの内容に合わせてカスタマイズすることも可能です。地域の住民や、生徒および保護者、従業員などへの調査に使えるテンプレートをご紹介します。

顧客満足度とカスタマーサービス

会社の事業やカスタマーサービスの対応について、顧客はどう感じているでしょうか?アンケートの結果をもとに、カスタマーサービスのどのような点を従業員に再教育すべきか、検討してみましょう。

学習サポートと保護者エンゲージメント

保護者は家庭で子供の学習をどのようにサポートしているのか、教員と保護者の関係はどうなのか、確認してみましょう。フィードバックを活用すれば、好ましい学習習慣を身に着けたり、学校での問題や課題を克服したり、特定の学習目標を達成したりできるよう、保護者が子供を導くトレーニングを立案できます。

大学教員助手の評価

教員助手のコースについて、学生のフィードバックを聞いてみましょう。得られたデータをもとに、大学全体の教員助手向けに一般的なトレーニングを立案したり、特定の学部やグループの教員助手向けに特別トレーニングを企画したりできます。

従業員と管理職のパフォーマンス

従業員や管理職のハード面とソフト面、両方のスキルを改善する機会について考えてみましょう。管理職には従業員のパフォーマンスの主要要素を評価してもらい、従業員には経営陣に対するフィードバックを聞いてみます。得られたデータは、職場トレーニングの立案に利用できます。

部門パフォーマンスとチームパフォーマンス

管理職を対象に各自の部署やチームの能力についてアンケートを取り、スキルレベルやプロ意識の向上、より効果的なコミュニケーションの確立、クライアントや顧客との良好な関係強化に役立つトレーニングがどういうものか、特定してみましょう。

SurveyMonkeyが好奇心に火をつける様子をご覧ください