Studyplusブックコード申込フォーム(京都書房)

この申込フォームは、京都書房のブックコード対応教材を採択された法人様向けのフォームです。

【Studyplusブックコードについて】
原則、ブックコードは紙面教材の購入数と同数の発行が可能です。
予備が必要でしたら、献本としてご提供を検討しますので、「2.希望のコード数」に予備数を含めて、数を記載ください。

2022年4月以降、デジタル版の準備ができ次第ブックコードをお送りします。
ブックコードは「bookcode-info@studyplus.jp」よりメールにて送信いたします。
迷惑メールなどに振り分けられないよう、メーラー設定のご確認をお願いします。

また、この申込情報はスタディプラス株式会社、および京都書房が閲覧いたします。

<2022年4月以降に申込の場合>
申し込み頂いてから【最短で約1週間】でブックコードを発行します。
※木曜日〆切 → 翌週の火曜目安に送付(祝祭日で変動の可能性あり)
※受注確認のタイミングによっては、申し込みから納品まで2週間かかる可能性がございます。

【お問い合わせ先】
Studyplusブック運営事務局
bookcode-info@studyplus.jp

「Studyplusブックコード申込フォームについて」とお問い合わせください。

Question Title

* 1. 申込情報を記入してください
※所属学校名は正式名称でお願いいたします。

下記のStudyplusブックコードを申し込みたい教材の欄に、必要なコード数を記入してください
※申し込まない教材欄は空欄のままにしてください
※原則、ブックコードは紙面教材の購入数と同数の発行が可能です。
 予備が必要でしたら、献本としてご提供を検討しますので、予備数を含めて、コード数を記載ください。

Question Title

* 2. 希望のコード数

Question Title

* 3. 下記の「個人情報の取り扱い」についてご確認・同意の上でお申し込みください

個人情報の取り扱いについて

1.事業者の氏名又は名称
 スタディプラス株式会社

2.個人情報の利用目的
 本件で取得した個人情報は、Studyplusブックコードの送付、およびStudyplusの活用サポート、Studyplus for Schoolのご提案のために利用いたします。

3.個人情報の第三者への提供
 本件で取得した個人情報は第三者へ提供いたしません。

4.個人情報取扱いの委託
当社は事業運営上、2項利用目的の範囲に限って個人情報を外部に委託することがあります。
この場合、個人情報保護水準の高い委託先を選定し、個人情報の適正管理・機密保持についての契約を交わし、適切な管理を実施させます。

5.個人情報の開示等の請求
 ご本人様は、当社に対してご自身の個人情報の開示等(利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加・削除、利用の停止または消去、第三者への提供の停止)に関して、下記の当社問合わせ窓口に申し出ることができます。
 その際、当社はお客様ご本人を確認させていただいたうえで、合理的な期間内に対応いたします。

6.個人情報を提供されることの任意性について 
 ご本人様が当社に個人情報を提供されるかどうかは任意によるものです。ただし、必要な項目をいただけない場合、適切な対応ができない場合があります。

7.個人情報保護管理者(若しくはその代理人)の氏名又は職名、所属及び連絡先
 管理者職名:中島 花絵
 所属部署:管理部
 連絡先:privacycenter@studyplus.jp

【個人情報に関するお問合せ窓口】
 スタディプラス株式会社  個人情報問合せ係
 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2丁目5−12 NMF駿河台ビル4階
 メールアドレス:privacycenter@studyplus.jp
 ※ 土・日曜日、祝日、年末年始、ゴールデンウィーク期間は翌営業日以降の対応とさせていただきます。


Question Title

* 4. 下記の「Studyplusブックコードの利用規約」についてご確認・同意の上でお申し込みください

Studyplusブックコードの利用規約について

この規約は当社の学習管理サービスStudyplusにおいて、申込に記載された電子書籍教材をユーザに利用開始させるための規約です。申し込み際して、この規約に同意をお願いします。

1.遵守事項
書籍教材を購入した場合に限り、電子書籍教材を提供します。電子書籍教材のお申込にあたり下記を遵守してください。
 ・出版社から購入した書籍教材と同一の書籍の電子書籍教材を申し込むこと。
 ・書籍教材の購入冊数内で電子書籍教材のコード数を申し込むこと。ただし、コード数に関して出版社と別段の取決めがある場合はこの限りではありません。
 ・事前に出版社に通知している電子書籍教材を利用する対象ユーザと異なるユーザに電子書籍教材のコードを配布し、利用させること。

2.利用について
 Studyplusブックコードは書籍教材を購入した生徒本人が学習のために配布するもので、授業において、先生・講師が教師用教材として利用することはできません。
 

3.利用上の責任
下記の場合は、ユーザはStudyplusで電子書籍教材の利用ができない場合があります。
 ・ユーザが誤ってコードを紛失した場合
 ・コードを連携したユーザのStudyplusアカウントが削除された場合
 ・コードを連携したStudyplusアカウントに再ログインができなくなった場合
 ・出版社の都合により、電子書籍教材の公開を停止または終了した場合

4.当社の免責事項
当社は、申込者およびユーザに対し、電子書籍教材の内容の正確性、有用性、瑕疵や障害がないこと、第三者の権利を侵害しないこと等を保証するものではありません。当社は、事前の予告なく任意の理由で電子書籍教材の閲覧サービス利用を中断・停止・廃止する場合があります。

5.管轄および準拠法
この規約は日本法に準拠し、申込者と当社との間の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

以上

Question Title

* 5. 日中、連絡がつきやすい時間帯や曜日を教えてください

Question Title

* 6. その他、コード申込についてのご意見・ご要望があればこちらに記入してください
※クラス分けなどを希望の際もこちらに記載ください
例:1-1/35人、1-2/30人、1-3/28人 etc...

T