この調査は、会員のワークライフバランスと学術研鑽やキャリア形成、協会士会活動参画に関する現況を把握するための調査です。

日本作業療法士協会では、平成27(2015)年11月理事会で「女性会員の協会活動参画を促進するための提案」を承認し、提案に基づいた取り組みを進めてきました。
提案から6年が経過し、その取り組みの効果について把握すること、また、社会的にも、性的役割や働き方に関する意識や、研修や学会のオンライン化などにより環境も変化しているため、現状と課題について改めて把握することを目的に、会員のワークライフバランスと学術研鑽やキャリア形成、協会士会活動参画に関する現況をお尋ねいたします。

尚、本調査は女性会員の協会活動参画促進事業の一環として行うものですが、性別に関わらず会員全体の状況を把握したく、全会員を対象としています。

ご協力をよろしくお願いいたします。

T