JANPU 看護能力を持った養護教諭の教育について

 子どもたちの現代的な心身の健康課題に対応できる養護教諭の育成が急務であり、教護教諭養成機関には養護教諭の役割に基づいたカリキュラム等の検討が求められています。しかし、これまでに看護系大学で養護教諭養成の在り方について検討されたことはなく、方向性も示されていません。養護教諭一種養成課程を有する大学121大学のうち、看護系大学が75校(平成25年現在)となっており、日本看護系大学協議会において、養護教諭の養成のあり方を早急に検討することが必要であるとの見解から、臨時委員会として「養護教諭養成教育検討委員会」を組織しました。
 本検討委員会では看護系大学で養成する看護能力をもつ養護教諭のコアコンピテンス及び養成カリキュラムを検討することを目的としています。
 平成26年度には、① 養護教諭に求められる看護系能力について言及している資料、文献を収集しました。また、②平成26年度は、現代の子どもの心身の健康課題に対応する養護教諭活動事例を委員が持ち寄り、その中から、養護教諭役割を検討しました。さらに養護教諭の役割の中で、看護能力が基本や基礎となっている養護教諭のコアコンピテンスについて検討を行ないました。
 本検討委員会では、JANPUの養護教諭養成を行っている大学のご意見をお聞きし、卒業時点の到達目標を作成したいと考えました。つきましては、できるだけ多くの大学のご意見をいただきますよう、ご協力をお願いいたします。
 なお、平成27年12月14日にJANPUの養護教諭養成大学のワークショップの開催を予定しております。この結果をご報告すると共に、「看護能力を持った養護教諭の育成」について話し合いたいと考えております。
*本アンケートは11月20日(金)までにご回答いただきますよう、お願いいたします。

検討委員
 委員長:荒木田美香子(国際医療福祉大学)
 委 員:片田範子(兵庫県立大学)、津島ひろ江(関西福祉大学)、
     櫻田淳(埼玉県立大学)、池添志乃(高知県立大学)
検討会では「看護能力を持った養護教諭」に求められるコンピテンシーとして、55項目を設定しました。①これらの項目は妥当だと思いますか。また、②学部卒業時点の到達度として、どのレベルにあることが望ましいと思いますか。③貴学ではこれらのコンピテンシーに関する教育をおこなっていますか、の3点について、会員校のご意見を聞かせていただきたいと存じます。
上のQ1~Q5を学部教育で教えている場合、どの科目で教えていますか(複数回答可能)

Question Title

* 6. ヒューマンケアの基本に関する実践能力

  基礎看護学に関する科目 小児看護学に関する科目 地域・公衆衛生看護学に関する科目 看護学の臨地実習 左以外の学校における看護に関する科目 病理、疾病、治療に関する科目 衛生学及び公衆衛生学 学校保健 健康相談活動の理論及び方法 栄養学(食品学を含む) 解剖学、免疫学、薬理概論 精神保健 その他
1.子どもの権利を擁護する
2.保護者の権利を擁護する
3.子どもの自己実現のプロセスを支援する
4.子どもや保護者が意思決定できるよう適切な情報提供をする
5.子どもや保護者が健康課題に、主体的に取り組めるよう支援する
6.実施した支援について根拠と意義を説明する
7.家庭状況を把握したうえで、保護者との信頼関係を築く
8.教職員・関係機関とコミュニケーションを取りながら、関係職種間で信頼関係を築く

Question Title

* 7. 根拠に基づき看護を計画的に実践する能力

  基礎看護学に関する科目 小児看護学に関する科目 地域・公衆衛生看護学に関する科目 看護学の臨地実習 左以外の学校における看護に関する科目 病理、疾病、治療に関する科目 衛生学及び公衆衛生学 学校保健 健康相談活動の理論及び方法 栄養学(食品学を含む) 解剖学、免疫学、薬理概論 精神保健 その他
9.子どもの疾患や治療に関する知識をアセスメントする
10.保護者の疾患や治療に関する知識をアセスメントする
11.家庭環境および家庭の教育力について、アセスメントする
12.多面的なアセスメントに基づき、総合的な支援方針を立てる
13.子どもの心身の状態を観察して、支援の優先順位を判断する
14.解剖学や生理学の知識を基盤にして保健指導を行う
15.看護理論など看護の基礎的知識を活用したアセスメントに基づいた支援を行う
16.子どもの健康状態に適した健康教育を計画、実施、評価をする
17.保護者や地域の健康状態に適した健康教育を計画、実施、評価をする
18.支援に対する子どもや保護者の反応を把握し、計画を見直す
19.子どもの意欲や達成感を尊重した支援を行い、自己肯定感を高める
20.年齢に応じた心身の発育発達を促す支援を行う
21.発達段階に応じて病気をコントロールできる能力を育成する
22.発達段階に応じて子どものセルフケアを高める支援を行う
23.活用できる社会資源、協働できる機関・人材について、子ども、保護者、教職員に適切な情報提供をする
24.校区の社会・文化的な側面を把握して支援に活かす
25.保護者を通して子どもへの働きかけをする
26.子どもの支援と、保護者の支援を関連させて計画を立案する
27.学校、子ども、保護者が、自らの健康課題に、主体的に参画できるよう機会・場・方法を提供する

Question Title

* 8. 特定の健康課題に対応する実践能力

  基礎看護学に関する科目 小児看護学に冠する科目 地域・公衆衛生看護学に関する科目 看護学の臨地実習 左以外の学校における看護に関する科目 病理、疾病、治療に関する科目 衛生学及び公衆衛生学 学校保健 健康相談活動の理論及び方法 栄養学 解剖学、免疫学、薬理概論 精神保健 教えていない
28.子どもが、健康課題に、主体的に取り組めているかどうかをアセスメントする
29.保護者が、健康課題に、主体的に取り組めているかどうかをアセスメントする
30.健康課題を認識していない子どもを把握する
31.子ども(達)の健康課題を明確にし、適切な保健教育を行う