PatientViewが行うこの独自調査は、製薬会社48社の2019年の企業評価を研究するものです。
 
調査にご協力いただきありがとうございます。

回答終了後、ウェブページの一番下にある「完了」ボタンをクリックするまで回答は登録されないことにご注意ください。
 
会社名に関する注記:
Allergan (アラガン・ジャパン) は、Actavis (アクタビス) とForest Laboratories (フォレスト・ラボラトリーズ) を含みます。
Gilead (ギリアド) は、Kite Pharma (カイトファーマ) を含みます。
GSK は、 GlaxoSmithKline (グラクソ・スミスクライン株式会社) とも呼ばれます。
Janssen (ヤンセンファーマ株式会社) は、Actelion (アクテリオン) を含む Johnson & Johnson (ジョンソン・エンド・ジョンソン) のグループ企業です。
Roche (ロシュ) は、日本では中外製薬株式会社といいます。
Sanofi (サノフィ株式会社) は、Genzyme (ジェンザイム) を含みます。
Takeda (武田薬品工業株式会社) は、Shire (シャイアー・ジャパン株式会社) および Baxalta (バクスアルタ株式会社) を含みます。

Question Title

画像

Question Title

画像

Question Title

* b.) あなたの組織は日本に活動の拠点もしくは、本部を置いていますか?

Question Title

画像

Question Title

* c.) 団体の地理的付託権限をご回答ください。

Question Title

画像

Question Title

* d.) 以下は世界トップの製薬会社48社のリストです
次のうちあなたの団体にとってなじみの深い会社およびあなたの団体が協働または提携したことのある会社をお選びください。

 
ここで言う「なじみの深い」とは:
「当該会社の活動や製品に関して言及できるくらい、当該会社に関しての知識を有している」といった意味合いとなります。

  この会社をよく知っています。 この会社と協働または提携したことがあります。
AbbVie (アッヴィ合同会社)
Acorda Therapeutics (アコーダ・セラピューティクス)
Allergan (アラガン・ジャパン) は Actavis (アクタビス) とForest Laboratories (フォレスト・ラボラトリーズ)を含みます
Almirall (アルミラル社)
Amgen (アムジェンアステラスバイオファーマ(株))
Astellas Pharma (アステラス製薬)
AstraZeneca (アストラゼネカ株式会社)
Bayer (バイエル薬品株式会社)
Bial (ビアル社)
Biogen (バイオジェンジャパン株式会社)
Boehringer Ingelheim (ベーリンガーインゲルハイム製薬株式会社)
Bristol-Myers Squibb (ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社)
Celgene (セルジーン株式会社)
Chiesi Farmaceutici (キーエジ・ファーマシューティチ)
CSL Behring (CSLベーリング)
Daiichi Sankyo (第一三共株式会社)
Eisai (エーザイ株式会社)
Eli Lilly (Lilly) (日本イーライリリー株式会社)
Ferring (フェリング・ファーマ株式会社)
Gedeon Richter (ギデオン・リヒター)
Gilead Sciences (ギリアド・サイエンシズ株式会社)、Kite Pharma (カイトファーマ) を含む
Grifols (グリーフォルス・ジャパン)
Grünenthal (グリューネンタール)
GSK (グラクソ・スミスクライン株式会社)
Ipsen (イプセン)
Janssen (ヤンセンファーマ株式会社) は Actelion (アクテリオンファーマシューティカルズ) を含みます
LEO Pharma (レオファーマ)
Lundbeck (ルンドベック)
Menarini (メナリーニ・アジアパシフィック・ホールディングス)
Merck KGaA / EMD Serono (メルク KGaA / EMD グループ)
MSD K.K. (MSD 製薬会社)
Mundipharma (ムンディファーマ)
Novartis (ノバルティス ファーマ株式会社)
Novo Nordisk (ノボ ノルディスク ファーマ株式会社)
Octapharma (オクタファーマ)
Otsuka (大塚製薬株式会社)
Pierre Fabre Laboratories (株式会社ピエール ファーブル ジャポン)
Pfizer (ファイザー株式会社)
Roche (ロシュ) は、日本では中外製薬株式会社といいます
Sandoz (サンド株式会社)
Sanofi (サノフィ株式会社)、Genzyme (ジェンザイム) を含む
Servier (セルヴィエ)
Takeda (武田薬品工業株式会社)、Shire (シャイアー・ジャパン株式会社) を含む
Teva (テバファーマスーティカル株式会社)
UCB (ユーシービージャパン株式会社)
Vertex Pharmaceuticals (株式会社 ヴァーテックス.ホールディングス)
Vifor Pharma
ViiV Healthcare (ヴィーブヘルスケア株式会社)

Question Title

画像

Question Title

* e.) 製薬会社と協働/提携している場合:
あなたの団体と製薬会社の協働/提携の関係について、主なタイプをお選びください。


Question Title

画像
企業評価に関する質問

 この調査は、2019年における製薬業界および各製薬会社の企業評価に関するものです。

ここでいう「企業評価」とは、
「製薬会社が患者様および患者様団体の期待に応えている度合い」を表すものとします。


Question Title

画像

Question Title

* まず、製薬業界全体の企業評価に関して2つ質問します。



質問 1/12

あなたの団体のメンバー (またはあなたが代表する人たち)は、次の医療部門について2019年の企業評価をどのように評価すると思いますか。

  非常に良い 良い どちらでもない 悪い わからない
バイオテクノロジー企業
ジェネリック医薬品メーカー
医療保険会社 (営利)
医療保険会社 (非営利)
医療機器メーカー
製薬会社 (多国籍)
薬剤給付管理会社 (PBM) (国で該当する場合のみ)
民間医療サービス
小売薬局

Question Title

画像

Question Title

* 質問 2/12
2019年製薬業界全体として、以下の活動は効果的に行われていたと感じますか (患者および患者団体への業界の団結支援に影響を与える活動)。

  非常に良い 良い どちらでもない 悪い わからない
患者中心のアプローチを取っている
患者に質の高い情報を提供している
患者の安全を確保している
革新的である
患者様にとって有益な製品を製造しています
会社の価格決定方針に透明性がある
臨床データを共有することで透明性を確保している
ステークホルダー (医師など) への資金調達の情報を開示し透明性を確保している
誠実に行動している
患者団体と協力体制を築いている
薬の調達のみにとどまらないサービスを患者に提供している
適正な価格設定の方針 (不適切な利益を得ない)
患者様にとって薬をより身近なものにできるようお手伝いをしています
企業の医薬品研究/創薬に、患者/患者団体を参加させる (臨床試験開始前)
企業の医薬品開発 (臨床試験とその後を含む) に、患者/患者団体を参加させる

Question Title

画像
次の9つの質問は、各製薬会社の企業評価に関する質問です。


質問 3~12 で対象となる会社は以下のとおりです。

よくご存じではない会社については無視してください。

Question Title

画像

Question Title

* 質問 3/12
どれかをひとつを選ぶとすれば、
患者中心アプローチにおいて、2019年最も良かった3社はどの会社ですか。


選択は3社に限ります。

Question Title

画像

Question Title

* 質問 4/12
どれかをひとつを選ぶとすれば、
患者への質の高い情報の提供において、2019年最も良かった3社はどの会社ですか。


選択は3社に限ります。

Question Title

画像

Question Title

* 質問 5/12
どれかをひとつを選ぶとすれば、
患者の安全確保において、2019年最も良かった3社はどの会社ですか。


選択は3社に限ります。

Question Title

画像

Question Title

* 質問 6/12
どれかをひとつを選ぶとすれば、
2019年、あなたが馴染みのある患者にとって最も有益であった製品を扱う3社はどの会社ですか。


選択は3社に限ります。

Question Title

画像

Question Title

* 質問 7/12
どれかをひとつを選ぶとすれば、
以下の点において、2019年に最も透明性が高かった3社はどの会社ですか。

(i.) 2019年に会社の価格決定方針に関して最も透明性が高かった会社。

選択は3社に限ります。

Question Title

*
(ii.) 2019年に臨床試験の結果の共有に関して最も透明性が高かった会社。

選択は3社に限ります。

Question Title

*
(iii.) 2019年に外部ステークホルダー (医師、患者団体など) への会社の資金調達に関して最も透明性が高かった会社。

選択は3社に限ります。

Question Title

画像

Question Title

* 質問 8/12
どれかをひとつを選ぶとすれば、
以下の点において、2019年に最も誠実性が高かった3社はどの会社ですか。


選択は3社に限ります。

Question Title

画像

Question Title

* 質問 9/12
どれかをひとつを選ぶとすれば、
2019年にあなたの患者団体 (またはあなたがよく知る患者) と最も良く協力して取り組んだ3社はどの会社ですか。


選択は3社に限ります。

Question Title

画像

Question Title

* 質問 10/12
どれかをひとつを選ぶとすれば、
2019年に「薬を超えて」最も良く患者をサポートした3社はどの会社ですか。
(患者の背景の理解、薬の調達を超えたサービスの提供など)


選択は3社に限ります。

Question Title

画像

Question Title

* 質問 11/12
どれかをひとつを選ぶとすれば、
次の活動において、2019年最も良かった3社はどの会社ですか。

(i.) 企業の医薬品研究/創薬に患者を参加させる
[注:臨床試験開始 前の研究/創薬]


選択は3社に限ります。