Type I IFN シグナルを介した腸内細菌による抗腫瘍免疫活性化メカニズム:腸内細菌と免疫代謝の接点
演者:茶本 健司先生(京都大学大学院 医学研究科附属がん免疫総合研究センター 免疫ゲノム医学講座)

視聴をご希望の方は下記のフォームにご回答の上、“送信”ボタンをクリックしてください。(*は必須回答項目です。)
※同業他社の方のご視聴はご遠慮ください。

Question Title

* 1. お客様情報

Question Title

* 2. 現在、イムノアッセイ、バイオマーカー検出・測定を実施していますか?

Question Title

* 3. 現在のイムノアッセイ、バイオマーカーの検出・測定の手法はどちらですか?(複数回答可)

Question Title

* 4. 今後、高感度イムノアッセイを導入する予定はありますか?

Question Title

* 5. 高感度イムノアッセイ技術について、ご要望がございましたらお知らせください。(複数回答可)

Question Title

* 6. 個人情報の取り扱いについて
お客様にご入力いただく情報は、製品やサービスに関しての情報をお客様に提供する以外の目的では利用いたしません。
お預かりした個人情報は、メルク株式会社で厳重に管理されます。
その他個人情報の取り扱いについての詳細は、メルクの個人情報保護方針をご覧ください。
内容をご確認いただき、個人情報を登録することに同意の上、送信してください。

T