世界摂食障害の日(2016年6月2日)

世界摂食障害の日が、今年初めて2016年6月2日に開催されます。摂食障害とは、非常に重篤な精神疾患であり、しかし治療が可能、回復が可能な病気なのだと世界に向かって啓蒙することをこの日の目的としています。摂食障害に関わる世界中の
医療者、世界中で摂食障害に苦しむ方々、そのご家族、お友達が一同に集まり、摂食障害には系統だった治療プログラムが必要なのだということを訴えていきます。
当日は、ネット上での情報発信、つぶやき、情報交換を予定しています。世界各地で催しも開かれる予定です。現在30か国の100以上の団体が、 この活動に参加しています。
日本の実情を明らかにするために、ぜひ以下のアンケートにご協力ください。世界中の実態が明らかになる予定です。今後の日本での摂食障害治療がさらに充実したものになるよう、皆様からの率直なご意見をお待ちしております。
 

* 1. お住まいの都道府県、市町村を教えてください。

* 2. 摂食障害治療に興味を持ったきっかけを教えてください。

* 3. もしも摂食障害に苦しんでいる、苦しんでいたのなら、何歳の時に症状が始まりましたか?

* 4. もしも摂食障害に苦しんでいる、いたのなら、治療を受けたことはありますか?

* 5. もしも治療を受けたとしたら、どのような治療でしたか?

* 6. お子さんやご家族が摂食障害に苦しんでいる方で、治療を受けている方へお尋ねします。あなたが症状に気が付いてから、その方が治療を受けるまで、どのくらいの期間がかかりましたか?

* 7. もしもあなたのご家族が摂食障害に苦しんでいる場合、どのようなサービス、どのような援助、システムが一番必要だと思いますか?

* 8. 日本において、あるいは 今お住まいの地域において、以下のどの3つの問題について改善する必要があると思いますか?3つお選びください。

* 9. 日本において、あるいは お住まいの地域において、摂食障害治療に関して一番の問題、課題は何だと思われますか?それはなぜですか?

* 10. 最後に、これからの日本の摂食障害治療に望むこと、期待することをお書きください。ありがとうございました。

T