説明と同意事項

鍼灸重要症例報告システムは、鍼灸臨床において重篤な疾病が潜んでいた症例を報告するためのもので、これらの症例を施術者ならびに教育機関に提供することにより、鍼灸の安全性を向上させることを目的としています。
なお、重篤な疾患とは、進行性の疾患もしくは治療の遅れが生命予後に影響のある疾患とします。
本報告システムでは、原則、回答者や所属する施術所ならびに対象患者が特定されるいわゆる個人情報は収拾いたしません。仮に、そのような情報が収拾された場合は厳重にこれを守秘いたします。

Question Title

上記の内容に同意し、本報告システムに参加しますか?

T