自由形式の質問: データを深める文脈をとらえる

アンケート結果に文脈と色を添えましょう。

アンケートで探しているのはどんなデータですか?

これは重要な質問です。

精密で、定量化でき、予測に役立つ回答ですか?それとも、あまり構造化されてないけれど、深みと「色」のある回答ですか?

大抵は、双方のバランスの取れた回答を必要としていることでしょう。

複数選択肢の質問量的データの収集にぴったりですが、回答者が自分の言葉を使って自由に答えられる方法も、調査者が思いつかなかった情報が得られるという点で魅力的です。

データにまた違った光を当てることで、調査対象の傾向を説明したり、個人に特化させたりするのに役立ちます。

たとえば、回答者についてもっと詳しく知りたい場合は、選択回答形式の質問で簡単に年齢や性別、人種などの回答者情報を得ることができます。同じ情報を、別の方法で集めてみるとどうなるでしょう?

「あなた自身について教えてください。」

きっと、基本的なデモグラフィック情報を尋ねるよりも面白いことが見つかるはずです。これこそが自由形式質問のメリットです。他の方法では決して得られないデータを収集できるのです。

上に挙げた質問例は、標準的なデモグラフィック質問の代わりにはなりませんが、より具体的で人間味のある回答者像を補ってくれることでしょう。

自由形式質問の基本

自由形式の質問とは?

自由形式の質問では回答者自身の言葉で答えてもらい、複数選択式など、選択形式の質問では得られない量の情報を引き出すようにデザインされています。

自由形式の質問を上手く書くには、慎重にバランスを取ることが鍵となります。有益な情報を提供するように回答者を促すと同時に、自分自身の回答を書く自由を保障しなければなりません。

アンケートを実施するからには、回答者個人の意見や経験に興味があることでしょう。情報の多くは、提示された選択肢から最も近い回答を選ぶ、複数選択式やドロップダウン式の質問によって収集できます。

集計したり分析したりできる質的または量的データを収集したい場合には、これらの質問形式が大変便利です。回答者の性別や年齢層別の割合を集計する時などです。

しかし、尋ねたい質問に対する回答の選択肢をすっきりと分類できないこともあります。フィードバックをもらいたい場合や、1つ前の回答の説明を求める場合、あるいはただ自由に何でも書いてもらう場合など。そのような時には、自由形式の質問が必要です。

たとえば、この市場調査テンプレートは、顧客が気に入っている点や求めている改善点を尋ねるいくつかの自由形式質問から始まっています。

  • 当社の新商品で一番気に入った点は何ですか?
  • 当社の商品が最も改善されるには、どの点を変更するべきだと思いますか?

また、この地元イベントアンケートのテンプレートでは、選択形式の質問の後に自由形式の質問を使って追加情報を補っています。

1. この地区で行われる催しにどの程度参加していますか?

  • 非常に頻繁に参加している
  • 頻繁に参加している
  • ある程度参加している
  • たまに参加している
  • まったく参加していない

2. この地区の催しに参加しない場合、その理由は何ですか?

自由形式の質問で得た結果をグラフや統計にまとめることは難しいでしょうが、回答をすべて読み通すことで、回答者について詳しく知ることができます。もし、何人もが同じ内容を挙げていれば、ワードクラウドを使って結果を視覚的に表示することが可能です。

一般的な使い方は、最も基本的な質問を複数選択式で尋ねて分析しやすくし、その次の質問を自由形式にすることで詳細を得たり色を添えたりします。

複数選択式の質問は、通常、「何歳ですか?」「人種は何ですか?」のように意図的に回答の範囲を狭めるのに対し、自由形式の質問は「あなた自身について教えてください」のように、もっと解釈の余地を残します。

自由形式の質問をするメリットは?

回答者は大抵あなたを驚かせます。重要な情報をすべて集めきる完璧なアンケートが書けたと思っても、最後の自由形式の1問がまったく新しい発見に導いてくれる可能性があるのです。

複数選択式の最後に「その他」という回答を入れるように、少なくとも1つ自由形式質問を入れておくことで万全の準備が整います。回答者はあなたが思いもつかないようなことを考えていることでしょう。

自分の言葉で答えられる自由は回答者を積極的にします。率直に表現する機会を提供しましょう。不愉快な体験について文句を言ったり、素敵な体験を褒め称えたりすれば、気持ちがすっきりするはずです。

誰しも自分の意見に価値があると知って嫌な気はしません。そもそもアンケートに回答するのはこれが理由かもしれません。

自由形式質問の限界は?

分析には手がかかります。結果を表やグラフにまとめる予定がある場合は、自由形式に頼るのはやめましょう。

回答を一つ一つ手作業でコード化しなければならず、時間が非常にかかる上にバイアスがかかる可能性があります。代わりに、複数選択式などをアンケートの中心にして、それらを補完する質問形式として自由形式を活用すると良いでしょう。

モバイル端末には適しません。テキスト入力が必要な質問はどれも、スマホやタブレットでの回答が困難です。中でも自由回答形式は、いくつもの文章や段落になる長い回答を求めるのでいっそう大変です。小さな画面で入力するには無理があるのです。

多すぎると回答率が下がります。自由形式の質問にすべて回答するのは、一見大したことではないように思えますが、ちょっと考えてみてください。予想外の質問を読んだり、自分の意見をじっくり考えたり、理路整然とした回答をその場で思いついたりすることは、決して誰でも容易にできることではありません。

自由形式の質問を入れすぎると、回答者は疲れたりイライラしたりして回答に集中して取り組めなくなり、アンケートを途中で諦めてしまうことすらあるでしょう。自由形式は厳選して使うようにしてください。

最後のアドバイス

アンケートで得ようとしているデータのタイプに応じて尋ねる質問のタイプを決定することを常に忘れないでください。

優れたアンケートでは、多種多様なデータを集めるために様々な質問タイプを活用します。ビジネス上のフィードバックを顧客から得る場合でも、地域の住民にアンケートを配る場合でも、選択式と自由式の両方の質問を織り込むのがおススメです。選択式は、分析に必要な事実と数字を得るために、自由式は、足りない詳細情報を補うために。

SurveyMonkeyが好奇心に火をつける様子をご覧ください