最高のブランド管理ツール

ブランド戦略が目標達成の助けになっているかどうかを査定する方法

スクリーンショット 2014 年 2 月 24 日、午前 5:18:46 に撮影

ブランドとは何でしょう? それは、ロゴや製品、キャッチフレーズなどではありません。 ブランドとは、消費者の中に存在するのです。 消費者はあなたの会社について何を知って (知っていると思って) いますか? 消費者はあなたの会社についてどう思っていますか? 消費者はあなたの会社を高く評価していますか、それとも低く評価していますか? あなたの会社はどのように見られているか、消費者は友人にあなたの会社を勧めるかどうか。そのすべてがブランドなのです。

だからこそ、ブランド管理が必要になります。ブランド管理は、ブランドイメージを維持、改善、擁護し、最終的には消費者に選ばれ続けるためのプロセスです。 つまり、適切なタイミングで (正しい方法、正しい場所で) 適切な消費者をターゲットとすること、そして広告やインセンティブ、信用などにおいて常に評価され続けることをブランド戦略の目標とします。

そして、賢いブランドマネージャーやマーケターは、消費者がブランドをどのように見ているかを追跡するために、ブランド調査アンケートを実施し、ブランド戦略が機能しているかを評価します。

ブランド洞察レポートのダウンロード

SurveyMonkey Audience がブランド調査を簡単にいたします。 サンプルレポートをダウンロードして、当社が明らかにした Netflix 社のブランド洞察をご覧ください。

レポートをダウンロード 

ブランド調査でブランド戦略を評価

ブランド管理を構成する 5 つの主な領域は、ブランド調査アンケートで測定することができます。

ブランド認知度 ブランド認知度アンケートで、ブランド想起の質問とブランド認知の質問を行い、ブランドになじみがあるかを調べましょう。 ブランド認知度アンケートに人口統計学的な質問を含めれば、ブランドがどんな人に認知されているか (認知されていないか) がわかり、ターゲット市場と顧客ベースを特定することができます。

ブランドエクイティ マーケターは、ブランドエクイティアンケートを行って、人々がどれだけあなたのブランドを認知しているか、あなたのブランドは彼らに関係があるか、あなたのブランドは競合他社とどのように違うか、消費者はブランドについてどんなことを知っているかといった指標を割り出し、ブランドの資産価値や力を測定します。 ブランドエクイティアンケートを使えば、競合他社と比較したときの自分の立ち位置が確認できます。

ブランド属性 ブランド属性調査アンケートでは、消費者があなたのブランド (と競合ブランド) に結び付けている特徴が把握できます。 この情報をブランド戦略に取り込むことで、消費者の期待に応じた広告展開が可能になります。また、ブランドに対する消費者の見方に満足していない場合は、それを変える努力をすることができます。

ブランドロイヤリティ ブランドロイヤリティアンケートを行うと、消費者がブランドを信頼しているか、信頼性が高く自分に適したブランドだと考えているか、ブランドを高く評価しているかどうかを調べることができます。 ブランドを信頼し、自分に適していると思っている消費者は、リピーターとなる傾向があります。ですから、ブランドアンケートを利用してターゲット市場を特定し、ブランドイメージの修正を行いましょう。

ブランド追跡 ブランド広告を中心にブランド戦略を立てる場合は、ブランド追跡調査を利用し、広告が消費者に影響を及ぼしているかどうかを調べましょう。 ブランド追跡調査を行うと、新しい広告キャンペーンの展開前に消費者がブランドをどのように見ているか、製品やサービスを購入する可能性がどのくらいあるかといった傾向を知ることができ、便利です。 消費者が広告に接した後で、アンケートを再び実施し、ブランド広告がどのような効果をもたらしたかを確認します。 消費者との関係が時間の経過と共にどう変遷しているかを把握するため、ブランド追跡アンケートを頻繁に活用しましょう。

最も人気のあるブランド調査方法

ブランド調査アンケートを実施する方法は多くありますが、マーケターの間で最も広く利用されている調査方法は次の 4つです。

Brand Asset Valuator: Brand Asset Valuator (BAV) モデルは、差別化、適切性、評価、認知の 4つの指標でブランドを評価します。

Brand Equity Ten: この方法では、ブランドの強さを評価するために 10 の属性を測定します。 属性には、差別化、満足度、知覚価値、市場シェア、ブランド認知度などが含まれます。

Brand Equity Index: この方法では、有効市場シェア、相対価格、ブランド耐久性という 3 要因を掛け合わせてブランドエクイティの指標を算出します。

コンジョイント分析: コンジョイント分析では、製品やサービス、プロバイダーなどの各種属性に対する消費者の好みを測定し、ブランドに対する消費者の評価を把握します。

ブランド戦略では、いつ、どこで、誰に、どのようにマーケティングするかが重要なので、上記のいずれの方法もブランド管理に役立てることができます。 ただ、アンケートを頻繁に、定期的に行い、消費者の声に耳を傾けてください。顧客満足度と会社の成功を左右するのは消費者です。